MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
大阪ガスpresents ラジオドラマ「秋茄子のススメ」
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
大阪ガスpresents
ラジオドラマ「秋茄子のススメ」

和歌山出身の作家、有吉佐和子さんの書いた舞台劇「華岡青洲の妻」で妻と姑を演じる女優2人の友情と確執を描いたラジオドラマです。

【解説】
作家の有吉佐和子さんは和歌山出身で、『地唄』『紀ノ川』『恍惚の人』などの名作で知られています。
今回のラジオドラマでは、有吉さんの代表作のひとつ『華岡青洲の妻』をモチーフにして、その舞台劇に出演する女優2人の友情と確執の物語としてラジオドラマ化しました。

【あらすじ】
若手人気女優の小沢真由子は、有吉佐和子作の舞台劇「華岡青洲の妻」で、青洲の妻加恵役を演じることになった。日本初の麻酔薬の実験台をめぐって加恵と対立する華岡青洲の母親於継役はベテラン舞台女優の高津春代。新旧の人気女優の対決に話題が集まる。そして、舞台稽古が始まるが、春代はテレビ出身の真由子の演技にことごとくケチをつけ、真由子につらく当たる。まるで物語の加恵と於継のように2人の間に火花が散るのだった・・・。

【脚本】
岡部尚子

【出演】
楠見薫・岡部尚子・古谷ちさ・上瀧昇一郎

【制作】
MBSラジオ

【解説音声】
脚本・演出をつとめた岡部尚子さんに作品にかけた気持ち、有吉佐和子さんへの思いについて伺います。
 

【秋茄子のススメ】解説
【秋茄子のススメ】後編
【秋茄子のススメ】前編
秋茄子のススメ_ポッドキャスト
【秋茄子のススメ】前編
2014年3月29日
大阪ガスpresentsラジオドラマ「秋茄子のススメ」前編(約35分)です。