ログイン

毎週日曜日 朝10:00~

title


『茶屋町ヤマヒロ会議』は、『金はないけどおもろいことをする』ためにはどうすればいいのか? 山本浩之とMBSスタッフがリスナーを巻き込みつつ、自由闊達な議論をしていく1時間の自由なプログラムです「今週は何すんの?」という言葉を皮切りに「今週の案件は○○です」で会議はスタート!

議事録

2017.10.15

中秋の名月も過ぎ・・・
秋・・・
秋といえば・・・
読書の秋
スポーツの秋
恋愛の秋

そしてそしてなんと言っても「食欲の秋」ですよね!

なんといっても!!
新米!!

白いホカホカのご飯がおいしい季節となりましたね☆
というわけで今回は「お米のことならなんでもおまかせ」
大阪・十三にある「藤井米穀店」

http://okome-fujii.com/shop の社長で「五つ星お米マイスター」の藤井博章さんにおこしいただきました☆

せっかくなんでもう藤井さんにイチから100までびっちり教えてもらおう!
ということで・・・
「どんなお米が新米なのか?」という基本の「基」から聞いてみると・・・

収穫年の12月31日までに精白・包装された精米を「新米」と呼ぶそうでございます!
さらにさらに自宅でも「おいしいお米が炊けるように」とお米のプロである藤井さんにお米のとぎ方、たき方を教えてもらうヤマヒロ会議一同。
各ご家庭によっていろんなとぎ方・炊き方があると思いますが・・・

藤井さんによると「ざるにお米を入れ流水でながしながらとぐ」のがオススメだそう!

なんと!!
楽チンな方法でおいしく炊けるなんて嬉しいですよね♪
そして
飲食店などでは、料理によって複数のお米を混ぜた「ブレンド米」を使用し、よりおいしく料理が食べられるように工夫されていることも藤井さんにおしえていただきました☆
たとえばカレーであれば、カレーの味が際立つように味が薄いお米、チャーハンであればパラパラとできあがるようなお米・・・などなど複数のお米をブレンドすることで、よりおいしくなるよ、と笑顔の藤井さん。

試食させていただいたヤマヒロさんは「カレー食べたなる〜〜〜!」と本気で言うてはりました☆

みなさんも、是非
この秋はおいしいお米を召し上がってくださいませませ♪
皆様からのお便りをお待ちしております。
 -->