第1回 お客様:月亭八光

底抜けに明るい、そして日本酒がだーい好きな、だいきちくんこと、MBS大吉洋平アナが店主のお店、 【立ち呑み だいきち!】が、大阪の茶屋町に満を持してオープン!

そんな第1回にふさわしいお客様が開店早々お越しくださいました!

上方落語界の至宝! 今やテレビで見ない日は本当にない! 老若男女、み~んなから愛されるとっつあん坊や・・・落語家の月亭八光さん!

ご覧ください、この斬新な店内(スタジオの風景)。
ほんまに立ち呑みスタイルなんですよ。

さぁ、まずは乾杯。もちろん【立ち呑み だいきち!】の門出を祝う一杯は日本盛のボトル缶!

八光さんはフルーティーな味わいの純米吟醸を、 そして店主のだいきちくんは本醸造を手に取り、かんぱーい!

今宵の肴はだいきちくんがチョイスした日本酒にピッタリな、しゅうまい、ポテトサラダ、だし巻きたまご、明太子。 それらをつまみつつ、日本酒をあおりつつ、快調に酒トークがスタート!
ここで意外な事実が発覚。なんと八光さん、この度、40歳にして日本酒デビューをされたとか。 日本酒の味を知り、新しい世界が広がった、人生の楽しみが深まったと笑顔がこぼれます。

そんな八光さんといえば“浪花の接待王”との異名を持つほど、交友関係も広い広い。 社長さんには、ごまもすりまくるけど、頭も下げまくるけど、 ただ勘違いして欲しくないのは社長さんだけではなく、とにかく人と話をすることが大好きだという八光さん。
この言葉に店主のだいきちくんも大いにうなずき、そして日本盛のボトル缶をあおるペースも早まります。

と、だいきちくんから悩みというか、なんというか、本音がポロリ それは「後輩と呑みに行くのが苦手」だということ。 先輩と呑みに行くと気持ちよく酔えるものの、後輩と一緒だと気持ちよく酔えないのだとか。 後輩の前だと、後輩から憧れられるアナウンサーでいたいとの思いが強まり、羽目を外せないのだそう。

先輩だと河田アナウンサーとよく呑みに行くというだいきちくんに、 なんで「西さんや上泉さんと行かないんですか?」とツッコミが入り、 だいきちくんがしどろもどろになったところで今宵は閉店…。この続きはまた次週とあいなりました。

お酒を呑むペースも徐々に上がり、ますます本音トークが飛び出す、 【立ち呑みだいきち!】をどうぞ次週以降もご期待ください。
日本盛 日本盛

- プレゼント -
日本盛 生原酒ボトル缶
【青の大吟醸】【白の本醸造】【赤の純米吟醸】
の10本セットを毎月20人の方にプレゼント!

dai@mbs1179.comまで 住所、氏名、電話番号、そして 番組内で店主 だいきちが言った合言葉 を添えてお送りください。 番組の感想も添えていただくとうれしいです。
※なお、未成年の方のご応募はできません
撮影協力 : 大阪北浜 大衆酒場 ひらやま