テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。
 夏休み企画その6〜子どもに伝える労働法 
2016.08.29


ここ数年、「ブラック企業」「ブラックバイト」という言葉を、 頻繁に聞くようになりました。 ブラックな働かせ方がなくならないのは、 働く側に「労働法」の知識がなくて、雇用者の違法性に気づかなかったり、 おかしいと気づいても声を上げなかったりすることも、背景にあります。 みなさんは、労働者にどんな権利があるか、学校などで教わったことがありますか? 今夜は、高校や大学に出向いて、寸劇を使って労働法の知識を伝えている、 NPO法人「あったかサポート」の社会保険労務士3人に、 スタジオにおいでいただきます。 飲食店の店長と学生アルバイトの会話、学生と労働相談員の会話の寸劇を、 実際に演じていただき、労働時間・賃金・休憩時間・休日など、 案外知らない労働関連の法律について、解説していただきます。 学生の方で、自分の職場の労働条件や労働環境について、 疑問を持ったことがある方、質問やご意見を、メール・FAXで送ってください。


続きを見る
 あったかサポート
2016.08.29


労働条件通知書をもらうこと、最低賃金の額を知っておくこと、 休憩時間のルール、深夜割り増しなど、 知っておくことがどれほど重要か! でも、恥ずかしながら、 私は、知らないことだらけでした。 高校や大学では、キャリア教育が盛んだと聞きますが、 それは主に、企業に適合していくための力をつけることを 目的にしているように感じます。 勿論、その力も必要ですが、それだけでは 仕事を続るのが難しい状況ですよね。 働く人を守る法律を知り、 自分の権利を知った上で、 仕事先でしなやかに主張していく力も必要です。 出前授業や労働相談を希望する方は 今日のゲスト「NPO法人あったかサポート」の HPをご覧になってはいかがでしょうか。 水野クリスタル


続きを見る







8月22日(月)放送分
「夏休み企画その5〜子どもたちに伝える憲法」
弁護士、ひろしま市民法律事務所所長 楾 大樹さん