テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。
2016.07.18


今夜は、ナイター中継終了後、 「弁護士の放課後 ほな行こか〜」の放送後にオンエア。 30分間の短縮バージョンでお送りします。 先週、南スーダンで急速に治安が悪化し、 邦人をどう退避させるかが問題になりました。 自衛隊はC130輸送機3機をアフリカ東部のジブチに派遣し、 国連平和維持活動(PKO)で派遣されている陸上自衛隊が、 邦人の陸上輸送を行うことも検討されました。 その後、JICAの関係者ら邦人47人が民間機で隣国ケニアに退避し、 自衛隊のC130輸送機は大使館員ら日本人4人をジブチに輸送しました。 この事態を、どう見ればいいのでしょうか。 軍事ジャーナリストの前田哲男さんに電話出演いただき、 自衛隊による海外での邦人輸送の是非と可能性、 駆けつけ警護についても考えます。 前田さんに質問のある方は、メール・FAXでお寄せください。


続きを見る
2016.07.18


世界各地で衝撃的な出来事が相次いでいます。 そうした中、南スーダンで何が起きていたのか、 そして自衛隊はどんな動きをしていたのか。 選挙と時期が重なっていたこともあり、 私たちは、その実態をどれだけ知らされているでしょう。 南スーダンの話、これで終わったわけではなく、 安保法制で可能となった「駆け付け警護」が これから具体的に動き出す可能性があります。 南スーダンのPKOでは、中国隊員がすでに死傷していますが、 もし「駆け付け警護」の任務が与えられるなら、 彼らのところに自衛隊が駆け付けて、交戦して救助する。 そんな事態もあり得る、とゲストの前田さんはおっしゃいました。 何が起こっているのか、知らないではすまされないと 今日つくづく思いました。 次回25日(月)はいつものように夜8時から、一時間の放送です。 水野クリスタル


続きを見る







「闘い終わって・・・ これからのニッポン」
毎日新聞 世論調査室長 平田崇浩さん