• ■2017年8月14日【月】 民間の空襲被害者

    今日、8月14日の午前11時から、JR京橋駅前で
    慰霊祭が行われた。
    72年前のこの日、大阪城内にあった東洋一の軍需工場「大阪陸軍造兵廠」
    を攻撃する空襲があったが、投下された1トン爆弾のうち4発が
    JR京橋駅に落ち、1発が、乗客が避難していたホームを直撃した。
    これによる犠牲者は500人とも600人とも言われている。
    今日の番組では、慰霊祭に参加した人々の声を紹介しながら、
    全国の空襲による被害者への戦後補償がどのようになっている
    のか、その現状を、新聞うずみ火代表の矢野宏さんに聞く。

  • ■2017年8月14日【月】 やられたらやり返す、その先にあるもの

    環状線の京橋駅をよく利用する方も多いことでしょ¥う。
    72年前、1トン爆弾が京橋駅を襲いました。
    自分がもし、その場にいたならば、どうなっていただろう。
    自分の家族や友人が、たまたま利用していたならば、どうなっていただろう。
    そんな想像を働かせる力が、今こそ必要なのでは?

    今、世界を観れば、
    威嚇の応酬、挑発合戦を繰り広げるリーダー。
    それを制することなく、つき従う姿勢を見せるリーダー。
    やられたらやり返す、という軍事オプションは
    結局、私たち自身に何をもたらすのか、を
    具体的に想像してみようと思います。
    水野クリスタル



WEBラジオ

■8月7日(月)放送分

大阪に投下された「模擬原爆」とは
吉村直樹さん
龍野繁子さん


番組内容
テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。