• ■2017年6月26日【月】 まだまだ出てくる加計問題

    加計学園問題では、先週、
    「10/21 萩生田副長官ご発言概要」というタイトルの
    新たな文書の存在が確認され、疑惑が深まっています。
    新たな文書には、萩生田氏の発言として、
    「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」
    という文言があり、
    安倍首相の意向がはたらいたことや、
    この件に関する萩生田氏の関与の度合いの大きさもうかがえます。
    萩生田氏は「首相からいかなる指示も受けたことはない」と
    コメントしましたが、
    先週末に会見した前川前文部科学事務次官は
    「何らかの関与があったのではないか」と述べています。
    いったい何が真実なのでしょうか。
    また、前川前事務次官は、
    「和泉首相補佐官がキーパーソン」と話しましたが、
    和泉補佐官はどのような役割を果たしたのでしょうか。
    どんな力がはたらいて加計学園が選ばれたのか、
    関係者の言い分がバラバラで、
    国民にとってはわからないことばかりです。
    この問題を取材し続けている
    毎日新聞社会部の武本光政記者にお話をききます。

  • ■2017年6月26日【月】 国民はすぐに忘れる?

    これだけ大きなネタが次々と出てきているのに
    どうして真相に迫ることができないのか?!
    こんな怒りの声が寄せられました。
    本当にそうですね。
    「総理の口からは言えないから、代わりに言っている」という言葉も
    飛び出していますが、総理から納得できる説明はないままです。
    証人喚問もしない、集中審議もしない。
    このまま放っておけば、国民はそのうち忘れるだろう。
    そんなふうに思われているのかなあ?
    今度はどうでしょうか、みなさん、そのうち忘れますか?
    水野クリスタル



WEBラジオ

■6月19日(月)放送分 

「社会部記者が見る安倍政権」
東京新聞社会部 記者 望月衣塑子さん

番組内容
テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。