• ■2016年5月30日【月】 政治とカネ

    舛添東京都知事の政治資金の問題が、次々と明らかになっています。
    家族と宿泊したホテルの代金が「会議費」、
    ネットオークションで購入した美術品の代金が「資料代」で、
    法的には問題がないのでしょうか?
    政治資金規正法の不備が指摘され続けていますが、
    今のところ、法改正の見込みはありません。
    舛添都知事だけの問題ではありません。
    甘利明前経済再生担当相、島尻安伊子沖縄・北方担当相、
    そして、近畿選出の国会議員も、政治とカネの問題を抱えています。
    今夜は、政治とカネの問題の第一人者、
    神戸学院大学の上脇博之教授に電話出演いただき、
    参院選前に思い出したい「国会議員の政治とカネ」について、
    お話を聞きます。
    上脇教授に質問のある方は、午後6時までにメール・FAXでお寄せください。

  • ■2016年5月23日【月】 アレレ!どうしてこうなるの?

    冤罪を生まないための法律を作ろうとしていたら、
    結果的に出てきたのは、冤罪が増えてしまう危険性のある法案。
    それって、どういうことなんでしょう?
    あるいは、ゲストの小池弁護士は政治家について、
    こう指摘します。
    「心の中では、この法案に反対している国会議員が多い。
    野党は勿論のこと、与党にも存在する。
    答弁の中では反対の立場で言葉を発しているにも関わらず、
    共産党以外は、採決となると結局、賛成票を投じた。
    これは、行政府が、立法府に対して、
    あまりに大きな力を持っているということではないか。」
    国会議員は、当然のことながら、私たちの代表。
    まず、私たちが、法案の内容を理解して、
    自分なりの意見を持てるようになってから、
    事を進めるべきなんじゃないでしょうか?
    この法案の動き、注目しておきましょうね。
    知らないうちにこうなっていた、と思わないように。
    水野クリスタル


■5月23日(月)放送分
「冤罪を防げるのか?〜刑事訴訟法改正案 成立目前」
ゲスト:弁護士 小池振一郎さん


テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。