• ■2018年2月19日【月】オリンッピック効果は絶大だ

    裁量労働制を議論するためのデータがフェイクだった。
    それでも、そのデータだけに基づいて作成したわけではないから、
    働き方法案はこの国会で成立させたい。
    そんな理屈が、まかり通るとしたら、
    国民も相当舐められたものですね。

    そして、佐川国税庁長官の証人喚問も参考人招致も
    実現は難しい、という山田解説委員長の見立てです。
    なぜなら、昭恵夫人を守る防波堤としての機能を\n佐川氏に果たしてもらいたいから。
    あくまで佐川氏にピントが合っている状態を
    続けることこそが、夫人を守ることにつながるのではないか、と。

    オリンピックの熱気の陰で、国会答弁の「誠実さ」という
    大切なものがどんどん損なわれているように感じます。
    気が付いたら、国会はどこまで力を失っていることやら。
    政権にとってのオリンピック効果は絶大ですね。
    水野クリスタル

    ■2018年2月12日【月】本日はピンチヒッター千葉が担当しました。

    本日はピンチヒッターとして進行を
    千葉が担当しました。

    北朝鮮のオリンピック外交のシナリオは、
    特使の金与正さんが描いたものかもしれない
    というお話はびっくりでした。

    リスナーの皆さんから
    たくさんの質問メールをいただきましたが、
    あまりに多くて紹介しきれず、
    すみませんでした。全部目は通しています。

    これからもたくさんのメールお待ちしています。
    来週はきっと、
    インフルエンザから水野さんが復活してくると思います。

    みなさまもどうぞ健康にお気を付けくださいね。

    ■2018年2月 5日【月】あなたは忘れる?もり・かけ・スパ

    森友学園問題、いつまで続くのか?
    もうそんなのはいいから、他のことをやってよ。
    そんな声も、今夜のスタジオに舞い込みました。
    確かに、この話、長いですよね。
    でも、誰のせいで、こんなことになっているのか?
    誰が誰を守ろうとして、こんなことになっているのか?
    そこは、はっきり意識しておきたいと思います。
    自分に都合が悪いことは、情報を隠す。
    それで時間切れや、国民の忘却を待つ。
    この国では、そんな手法がまかり通る。
    それでいいといういうなら、なんとやりやすい国民なんでしょう。
    私も大事なことをすぐに忘れてしまう、なさけないタイプですが、
    新しい文書やデータが出てきている問題では、
    忘れるどころか、さらに情報隠しへの怒りが増します。
    水野クリスタル

    ■2018年1月29日【月】スタンド・オフ・ミサイルって何?

    長距離巡航ミサイルの予算は、昨年8月の概算要求にはなかったそうです。
    それが、12月の予算編成の段階で突如、追加計上された背景を
    前田さんは「もしかすると、11月のトランプ大統領来日と
    関係しているかもしれない」と語ります。
    確かにトランプさんはあのとき「非常に重要なのは、
    日本が膨大な兵器を追加で買うことだ」と発言しましたよねえ。

    その長距離巡航ミサイルは、専守防衛を逸脱するのではないか、
    という見方もありますが、その点を野党が突くと
    安倍総理は「スタンド・オフ・ミサイル」という言葉を用いて答えます。
    これだとどんなミサイルなのか、意味が見えにくくなりませんか。
    重要な政策について国民受けが悪そうなときに、
    言葉を言い換えるという手法。
    これまでにも幾度も経験してきたように思います。
    言葉のイメージを変えても、本質は変わらないはず。
    これから注目の言葉ともいえます。
    水野クリスタル

    ■2018年1月22日【月】千葉ちゃんが語る明治維新

    安倍総理の施政方針演説。
    美しい言葉が意味するところを読み解いていくと、
    こだわりたくなる箇所がいくつも出てきました。
    「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法です。」
    それは違うだろう!
    矢野さんも山田さんも、そう指摘しました。
    憲法は権力者をしばるためのものです。。
    縛られる立場の人が、縛る縄をゆるめようとすれば
    その先に待っているものは、何なのでしょう。

    キャスターの千葉さんは東北出身者。
    今夜は、明治維新が会津の人々にどんな仕打ちをしたのか、
    熱く語っていましたよねえ。
    もっと聞きたかった、というリスナーの方からの声も
    頂戴しました。
    私も、同感。
    歴史を、東北からはどう見えるのか。
    また千葉ちゃんに語ってもらう機会が欲しいです。
    水野クリスタル

WEBラジオ

■2月19日(月)放送分

政府答弁は誠実なのか
時事通信社 解説委員長 山田惠資さん

番組内容
テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。