ヒストリー
MBSラジオの競馬中継の歴史は、新日本放送(NJB)時代の昭和27年(1952年)5月25日に、東京競馬場から梅沢二三男アナウンサーが実況中継した「日本ダービー中継」に遡ることができます。

その後も、桜花賞や日本ダービー、金杯など大きなレースを単発で中継していましたが、昭和38年(1963年)1月から、昭和40年(1965年)3月まで「競馬実況中継」のタイトルでレギュラーの競馬中継を行いました。当時は佐藤勇調教師や、競馬評論家の千草伊三郎さんが解説として出演されており、この間には、シンザンが史上2頭目となるクラシック三冠を達成した昭和39年(1964年)の菊花賞を実況中継するなど好評を博しました。

一時、単発での放送に戻りましたが、昭和45年(1970年)4月4日からは「MBSジャンボサタデー」のなかで毎週土曜日のメインレースの実況を行い、昭和46年(1971年)10月10日からは待望のレギュラー中継を「MBS日曜競馬」のタイトルで再開しました。当時の司会は俳優の津川雅彦さんで、その後もロイ・ジェームスさん、片山明彦さん、桂春蝶さん、森乃福郎さんといった、バラエティーに富んだ司会を起用し、解説には浅見国一調教師や、競馬ブックの内炭重雄さん、井尻恵三さんといった専門家を迎えるなど、より聴きやすく判りやすい番組作りを目指しました。また、草創期の名物コーナー「武田文吾の一人言」では名伯楽のレース回顧や展望が繰り広げられ、リスナーから好評を得ました。

アナウンサーでは高木良三、蜂谷薫といった競馬実況のスペシャリストが番組から登場し、現在のスタッフにその実況スタイルは脈々と受け継がれています。なお、昭和50年(1975年)4月からは土曜日もレギュラーの競馬中継を開始。それにあわせてタイトルを「毎日放送 日曜競馬」、「毎日放送 土曜競馬」と改めました。

その後、日曜日の中継はタイトルを平成2年(1990年)4月に「蜂谷薫のサンデー競馬」に変更、さらに平成8年(1996年)4月から「サンデー競馬中継 みんなの競馬」に改め、平成25年4月から現在の「GOGO競馬サンデー!」に改めています。また、土曜日の中継は昭和63年(1988年)4月から「サタデーコネクション ノッTel土曜日子守です」に内包される形となり、その後平成6年(1994年)10月から、ラジオ関西での「AM KOBEサタデー競馬(その後パーフェクト競馬)」へと移行、平成25年4月に日曜日とブランドを統一し「GOGO競馬サタデー」としました。放送はラジオ関西ですが、現在もMBSのスタッフによる制作を続けています。

ちなみに、草創期にはMBSテレビでの競馬中継も行なっていました。毎日放送が初めて賞を寄贈した、昭和34年(1959年)5月3日の「毎日放送賞 京都大障害(春)」は、解説に武田文吾調教師を迎え、佐々木(高木)良三アナウンサーの実況でテレビ中継を実施しています。その後も昭和38年(1963年)秋ごろまで、単発や短い期間のレギュラー放送を実施していました。MBSの競馬中継は50年以上の歴史と伝統、そしてリスナー、ファンの声で支えられており、実況と展望に重心を置いたスタイルを守りつつ現在に至っています。

MBSラジオ歴代競馬実況アナウンサー
梅沢二三男、杉本隆平、香西正重、高木(佐々木)良三、広瀬允昭、金子勝彦、三宅定雄、蜂谷薫、板倉俊彦、平松邦夫、美藤啓文、金指誠、来栖正之、大八木友之、仙田和吉、河本光正