子守康範 朝からてんコモリ!
てんコモリ!ブログ
バックナンバー

2017.5.23【火】
おいCちゃん

 おだしずえさんに広島カープのカープ坊やと不二家のペコちゃんのコラボ商品カントリーマアムを買って、送ってほしいと放送中に業務連絡をしたところ、なんとか入手して届けてくれました。ありがとう!
 しーちゃんは今、RCC(中国放送)の『おひる〜な』というラジオ番組で活躍中ですよ。広島へ行ったら聴いてあげてくださいね。


子守康範

▲ページトップへ

2017.5.22【月】
フィッシャーマンズコール

 仕事を終えた漁師さんがモーニングコールをしてくれる、「フィッシャーマンズコール」。宮城県石巻市の若手漁師さんたちの団体「フィッシャーマン・ジャパン」が行っています。朝早い漁師さんと、朝が苦手な若者が話をすることで、漁業、水産業に興味を持ってもらおう、ということだそうですよ。フィッシャーマン・ジャパンのホームページから申し込みできますが、応募者が多いので抽選になるそうです。
 毎朝ちゃんと自分で起きて、家族を起こすのが仕事の私、たまには誰かに起こしてほしいなあ。朝から、元気な漁師さんとお話しできたら、一日爽やかに過ごせそうです。子守さんはモーニングコールに興味を示していましたが、番組からのモーニングコール…どんな展開ができるか、考えてみます。どんな時に、どんな風に、子守さんにモーニングコールして欲しいですか?


ふるかわけいこ

▲ページトップへ

2017.5.19【金】
撮っておけば良かった!!

放送が終わってぼーっとビビットを見ていたら、紀子さまがご結婚されたあと、十二単衣の着付けが大人気になったという話題をしていました。
で、驚いたのがその値段。「100万円もするんですよ〜!」と説明する堀尾さんに、スタジオの人たちとともに「え〜!」とリアクションしてしまった私。
その昔、まだあどりぶランドという番組があったときに、アナウンサーで人間ひな祭りという企画をやり、私は十二単姿でおひなさまの役をしたのでした。あー、、、知らなかった。写真、撮ってもらっておけばよかった。
ひ、ひゃくまんって!!今みたいにスマホがある時代なら、間違いなくみんなで撮って盛り上がったことでしょう。
    
高井美紀

▲ページトップへ

2017.5.18【木】
ホロ酔い文筆講座

 松井夕刊編集長のホロ酔い文筆講座は好評のうちに定員(15人)に達しましたので、
売り切れ御免となりました。ありがとうございます!
 あまりに好評なので、松井さんは「これはちゃんとせなあかんな」と申しておりました。あまり期待しないでください。今回が成功すると、ベロベロ文筆講座や二日酔い文筆講座が生まれるかもしれません。お楽しみに。

子守康範

▲ページトップへ

2017.5.17【水】
サ道

 サウナの楽しみ方を「サ道」というのだそうです。会費だけ納めてほとんど体を動かしていないフィットネスジムにサウナがあるので、時折利用するのですが、日経MJによるともっともっと活用する方法があるようです。この記事にフィンランドのことわざが載っていました。
「サウナを出て1時間が女性が最も美しい」
 どうですか?

子守康範

▲ページトップへ

2017.5.16【火】
先送り

 『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』(左右社刊)の広告が毎日新聞に掲載されていて、つい取り上げてしまったところ、地雷を踏んでしまったようです。男側からの意見の多くは、良かれと思って動いたのに怒られるから動かないのだということに集約されますが、女性はまったく納得していません。あああ、、、。答えの出ない、考えれば考えるほど男の立場が弱くなる話を取り上げてしまいました。
 なぜ男はそこに地雷原があり、踏んだら吹き飛ばされることが分かっていて、足を踏み入れてしまうのでしょう?


子守康範

▲ページトップへ

2017.5.15【月】
カラス侵入禁止

 賢すぎて厄介なカラスを撃退する方法が紹介されていました。岩手県大槌町にある東京大学の海洋研究センターに震災後、カラスが巣作りしてパイプの断熱材がボロボロにされていました。そこで「カラス侵入禁止」の貼り紙をつるしたところ、カラスがやってこなくなったというのです。
 さすがに賢いカラスも日本語を読めるわけではありません。珍しい貼り紙に人々が注目し、指差したりすることによって、カラスが警戒して寄り付かなくなったのではないかということです。賢いカラスのことですから、対策を練ってくるかもしれませんね。


子守康範

▲ページトップへ

2017.5.12【金】
チャリウッド2017

さぁ、今年もやりますよ〜。
明日と明後日の2日間、茶屋町周辺あちこちで楽しいイベントがてんこもりです♪
MBS1階のちゃプラステージ、オープニングを飾るのは子守さんの「阪急電鉄てんコモリ!楽しもう講座」。鉄道好きの芸人さん、鈴川絢子さんとともに。11時15分からです。○×クイズもあるようですよ。ぜひご参加くださいませ〜。
私はそのあと、12時45分から「がんになっても笑顔で育つ。チャイケモを知ろう」というステージを担当します。
神戸にあるがんの子供たちのための施設、チャイルドケモハウス。理事長の楠木先生とともにお送りします。

高井美紀

▲ページトップへ

2017.5.11【木】
ほろ酔い文筆講座

 瓢箪から駒のような話ですが、松井夕刊編集長の文章講座をちょこっと呑みながらやろうということになりました。題して「ほろ酔い文筆講座」。アンテリジャンに作った梅田一丁目一番地スタジオで開催します。日程は決まり次第お伝えしますが、なるべく早く、土曜日の午後でスケジュールを押さえようと思います。
 講座が始まる1時間前には乾杯をしたいな。

子守康範

▲ページトップへ

2017.5.10【水】
●んこドリル

 男子小学生に今も大人気、発行部数80万部を誇るコロコロコミックのぶれない「●んこ●んちん原理主義」と、いま大人気の「う●こ漢字ドリル」を取り上げました。朝からすみませんでした。でも、男の子はいつまでたっても「うん●」と口にするのが大好きなんです。一足早く大人になってしまう女子には分かってもらえないでしょうね。漢字ドリルは、親から「勉強しなさい」と言われなくても子供たちが進んで取り組んでいるようなので、「うんこパワー」は侮れませんね。

昨日56歳になった子守康範でした。

▲ページトップへ