子守康範 朝からてんコモリ!
コモんテーターメンバー紹介
●太田幸司(おおた こうじ)月曜日
1952年1月23日生まれ。青森県出身。出身校は三沢高校で元プロ野球選手(投手)。
1968年高校2年の夏、エースとして全国高校野球大会に初出場。69年夏、3季連続出場となった甲子園で青森県勢として初めて決勝に進出。決勝戦は松山商業の井上投手と投げ合い、延長18回0対0日没引分けという歴史に残る死闘を演じた。翌日の再試合も完投するが4対2で敗れ準優勝に終わる。70年ドラフト1位で近鉄バッファローズに入団。74年西本新監督のもと、10勝14敗と自身初の2ケタ勝利をあげる。
75年12勝をあげ近鉄の後期優勝に貢献。83年読売ジャイアンツに移籍。84年阪神タイガースに移籍、シーズン終了後現役引退。85年毎日放送解説者、スポーツキャスターに(解説歴18年)。
通算成績(13年)318試合登板、58勝85敗4セーブ、41完投、7完封、604奪三振、投球回1331イニング1/3、防御率4.05、オールスター出場7回。
現在は、野球解説者、スポーツキャスター、日本女子プロ野球機構スーパーバイザーとして活躍中。
MBSベースボールパーク
●亀山つとむ(かめやま つとむ)月曜日
1969年7月2日生まれ。1987年阪神タイガースに入団。90・91年には連続でウエスタンリーグの首位打者を獲得。
92年にはレギュラーとして背番号00をつけた俊足好打の人気選手となり、ゴールデングラブ賞を受賞。 92・94年にはオールスターにも選出された。
現在は『枚方リトルリーグ』の監督に就任。99年夏、アラバマ州「フェニックスシティ」(アメリカ南部代表)を敗りみごと世界一に輝く。日本代表としては23年振りの快挙であった。現在も、『明るく楽しく元気よく』をモットーに、日々練習に取り組んでいる。
また、(社)全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ)、マスターズリーグ「大阪ロマンズ」チーム、「モルツ球団」チームのメンバーとして野球普及の為に活動中。
また、タレントとしてテレビ、ラジオ等でも活躍中である。
亀山つとむのかめ友Sports Man day
●藪恵壹(やぶ けいいち)月曜日
生年月日:1968年9月28日三重県出身
1993年 ドラフト1位 阪神タイガース入団(背番号18) 1994年 新人王獲得(9勝9敗) オールスターゲームにも出場 2003年 阪神タイガース18年ぶりのリーグ優勝に貢献 2004年 1000奪三振記録(史上278人目) 2005年 アメリカ大リーグ オークランド・アスレチックスに入団 2008年 アメリカ大リーグ サンフランシスコ・ジャイアンツ 4月14日 対アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦にて勝ち投手39歳と199日での白星は日本人メジャーリーガーの最年長記録 2010年  7月 東北楽天ゴールデンイーグルス 入団 2010年 12月 現役引退 2011年 阪神タイガース二軍投手コーチに就任 2012年 阪神タイガース一軍投手コーチに就任 2014年 MBSベースボールパーク・GAORA 解説を担当

※阪神タイガース時代 広島カープに強く「鯉キラー」と呼ばれる(通算27勝17敗 プロ初勝利・初完投勝利 も 1994年ルーキーイヤー 9回1失点 )
※低音の「ええ声」で女性を魅了している
※入団直後は俳優 織田裕二に似ていると話題になったことも・・
MBSベースボールパーク
●斉藤貞三郎(毎日新聞  さいとう ていさぶろう)火曜日
1964年2月、東京都八王子市生まれ。今やミシュランガイドで最高ランクの「三ツ星」となった観光地・高尾山を駆け回って成長。1987年、毎日新聞入社とともに関西へ。 支局は高松、京都、神戸、大阪本社では社会部、特別報道部、地方 部などで勤務。阪神支局、学芸部、社会部、大阪・東京両地方部でデスク歴は通算8年半。 さらに岡山支局長を3年務め、2014年4月から学芸 部長。特定の記者クラブに属さない「何でも屋」の時代が長く、ライフワークは20年前から取り組んでいるハンセン病問題。ときどき、療養所で ボランティアガイドなどもしている。現在は編集局次長。

●萩原可奈(スポーツニッポン新聞社報道部 はぎわら かな)水曜日
大阪市生まれ。奈良女子大文学部卒。98年、スポニチ入社。事業部を経て、09年より文化社会部(現・報道部)。日々の芸能・社会ネタ取材のほか、毎週土曜日掲載の映画コラム「シネマ∞」、隔週月曜日掲載の音楽コラム「ききみみ 音楽ハンター」を担当。
休日は婚活より音活に熱中してしまう“歌う芸能記者”。
●松井宏員(毎日新聞 まつい ひろかず)木曜日
1964年3月、和歌山県橋本市生まれ。関西大社会学部卒。86年、毎日新聞社入社。鳥取、姫路支局、経済部、特別報道部、社会部で勤務。運動部デスク、社会部編集委員、社会部大阪支局長を経て、夕刊編集長。社会部ではもっぱら持ち場を持たない遊軍記者として過ごし、大阪のまちや人をテーマに取材。現在、大阪府内版で「わが町にも歴史あり 知られざる大阪」「酩酊八十八カ所 大人の遠足(じゅんれい)」を連載中。 著書「宮里藍ドリーム…ショット」「商は笑なり 大阪・道具屋筋元気の秘密」「酩酊・大阪八十八カ所 立ち飲み三銃士と行く」
●石塚 徹(スポーツニッポン新聞社スポーツ部長 いしずか とおる)
●山田隆道(やまだ たかみち)
●内匠宏幸(たくみ ひろゆき)
●濱弘明(毎日新聞 はま ひろあき)
1965年、ぞろ目の11月11日、兵庫県川西市生まれ。小学校の校舎は蜂の巣形で教室は六角形。78年、大阪教育大学付属池田小学校と同じ敷地にある付属池田中学校に入学、3年後に付属高校入学(もちろん「ヤンタン」リスナー)。84年、東京大学入学、野球部卒(いちおう法学部も)。89年、毎日新聞入社。政治部−前橋支局−社会部宝塚駐在−特別報道部−松山支局−地方部−大津支局次長−運動部を渡り歩く。運動部デスクを経て、編集制作センターデスク。
得意分野、野球、ゴルフ、選挙。
●篠原充彦(ファイナンシャルプランナー しのはら あつひこ)
19歳で吉本総合芸能学院 NSC入学。11期生で同期には、陣内智則氏・たむらけんじ氏・ケンドーコバヤシ氏・中川家らがいる。心斎橋2丁目劇場を中心に7年間、漫才活動した後、同劇場の閉館と同時に芸人生活に区切りをつける。一般企業に就職。会社勤務をして営業を身につける。子供が生まれたことをきっかけに「経済的知識を付けたい」という想いでFP資格に挑戦する。独学でファイナンシャルプランナー上級資格のCFP国際ライセンスを取得、「篠原FP事務所」設立し、「笑い」と「お金」を融合させて、わかりやすく笑いを交えながら講義・セミナーをする人気講師、芸人時代の誇りと名残りで、ハリセンを持って講義しているので「ハリセンFP」と呼ばれている。マネーセミナーの「難しそう」「敷居が高い」などのイメージを払拭させて、コントを取り入れた「お笑いマネー講座」が誕生。 • 家族構成は、嫁、娘、犬4匹に猫1匹 • 普段はハリセンを持って、様々なものにツッコミを入れながら講義をしているが、4歳の愛娘にはツッコまれっぱなしの一児のパパ ・1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格) ・CFP® (Certified Financial Planner、サーティファイド ファイナンシャル プランナー) CFP資格は、FPの先進国である米国のCFPボードにも認定された国際ライセンス。 日本FP協会のFP資格認定会員17万名(2009年3月1日)のうち、CFP認定者はわずか1万6千名。 より広範囲な知識とさらに実践的な能力を求められるFPの上級資格と位置づけられている。
篠原FP事務所・お笑いマネー講座
●森野茂生(毎日新聞 もりの しげお)
1964年、大阪市生まれ。幼少から堺市で育ち、大学入学時に初めて大阪を出て東京へ。89年に毎日新聞新聞入社。神戸支局、広島支局、大阪本社社会部、神戸支局次長などを経て現職。2010年3月末までは阪神大震災や教育、スポーツなどを担当し、地方部、社会部デスクを経て、現職は大津支局長。家族は妻と猫1匹。
●加藤ヒロユキ(テノール歌手)
京都市生まれ、大阪市在住、京都大学経済学部。 3オクターブの声域を誇るテノール歌手。 クラシックのテノールアリア曲からカンツォーネ、ジャズピアノの弾き語りまで 素敵にこなす。身長182cm体重80キロの体躯から発散されるパワーは聴く人の心 をとらえ”音楽のフルコース”を具現できる日本でも数少ないアーティスト。 また独自の感性による曲解説はコンサートを盛り上げる重要な要素となっている。 ワイン、茶道、映画、料理など多彩な趣味を持つ。 2006年第56回日本ジャズメン読者人気 投票の男性ボーカルの8位、前身番組「加藤ヒロユキ週末のソムリエ」で第43回放送批評懇談会ラジオ部門ギャラクシー賞受賞。
●藤本敦士(ふじもと あつし)
生年月日:1977年10月4日 兵庫県明石市出身
2000年 阪神タイガース ドラフト7位 入団(当時 野村克也監督) 2003年 「恐怖の8番打者」として恐れられ3割1厘を記録しリーグ優勝に貢献 ※オールスターゲームにも初出場 2004年 アテネオリンピック 日本代表に選出 銅メダル獲得 2010年 FAでヤクルトスワローズに入団 2013年 9月21日 対阪神戦で通算1000試合出場 2013年 現役引退 2014年 MBSベースボールパーク・GAORA 解説を担当 ちちんぷいぷい 出演
※2002年 フレッシュオールスターでMVP 獲得 2006年 オールスターでMVP 獲得 両オールスターでのMVP獲得は史上4人目
※特技はノック(特にキャッチャーフライ)
●相原洋(毎日新聞編集局編集委員 あいはら ひろし)
1962年、青森県八戸市生まれ。高校卒業後、東京で学生生活を送り、85年、毎日新聞入社。千葉支局、東京本社社会部。95年に大阪本社社会部に異動となり、以後、関西人「修業」歴20年。 この間、奈良支局次長、地方部デスク、富山支局長、学芸部長、論説委員を経て現職。地べたから人間を観察し、湯をめぐり、酒に飲まれることをこよなく愛する。
最近は言葉のふるさとを探る旅に出ている。現在は総合事業局次長。