子守康範 朝からてんコモリ!
きょうイチ!てんコモリ!
バックナンバー

きょうイチ!てんこコモリ!(6:45頃)曜日がわりの特集コーナーです。
月: てんスポ! 週末のスポーツ情報をじっくりとおさらいします。
火: 朝イイ話 子守の目にも涙の、胸にしみるあったかエピソードを紹介。
水: ブック・ウェンズデー! 子守視線でチョイスした本を紹介。
木: オッサンふたりはずかしながら
答えさせていただきます
今さら尋ねにくい疑問や悩みに子守&松井がはずかしながら、なんとな〜くお答えします。
金: 出会い燦々(さんさん) 子守が出会った、会ってみたい、素敵な人たちを紹介。
2017.6.27【火】
朝イイ話

高知県土佐市 RNおかゆ

6年前の大学生時代、私は夢だったフランスに1年間留学していました。
留学の目的は語学習得で、語学学校に通っていました。
半年経ちフランスでの生活にも慣れ始めた頃でした。
ある日、同じクラスの台湾人の友人とハンバーガーショップに行った時のことです。

私たちが座ったのは、固定された高い椅子の狭いテーブルで、
トレイを一つ置くだけでテーブルはいっぱい。床にカバンを置くわけもいかず、
なんとなく鞄を背もたれにかけていました。
しかし、食べ終わり少し話したあと、ふと見るとカバンが丸ごとなかったのです。
 
これまでスリや盗難には散々気を付けてきたのに、
生活に慣れ始めて気が抜けていたようです。
中には財布や電子辞書の他、これまでずっと語学の勉強に使ってきた大事なノート、
自作の単語帳といった大事なものが入っていました。
警察にも届け出ましたが連絡は来ず、夢だったフランス留学が台無しになるくらい
とても落ち込みました。

ところが、1週間経った頃、知らないフランス人女性からFacebookに
メッセージが送られて来ました。
「あなたの鞄を拾ったかもしれないのですが、鞄の中に入っていたものを
教えてくれますか?」
なんと、彼女は私の勉強のノートの中を見て、フランス語で履歴書の書き方を
練習した部分から、私の名前を見つけ出しFacebookで検索してくれたとのことでした。
連絡から2日後、財布や電子辞書などの金目の物はありませんが、
無事にカバン、そして大事なノート達を受け取ることができました。

今の御時世、インターネットやSNSで様々なトラブルが横行していて、
悪いように見られがちですが、こんないい事もありました。
カバンを拾って、連絡をしてくれた彼女には感謝してもしきれません。

  
兵庫県加古郡 RN てるてる坊主さん 
  
おはようございます。子守さんの朝一番の声で毎朝目覚めております。
きょうも素敵な朝です。楽しい一日が始まりました。
             
私は去年、一年間、乳がんの治療に明け暮れておりましたが、
そのおかげで、この番組に出会うことが出来ました。
 
これまでずっと、ずっと、家事、育児、そして母親の世話をしながら
働いておりましたので、テレビ見たり、ラジオを聞く暇もなく、
日々を過ごしてきました。
 
結婚して45年、3人の子どももそれぞれ家庭を持ち、母も96歳の天寿を全うし、
これから主人と旅行をしたり、趣味を楽しもうと思っていた矢先、乳がんが発覚。
ステージ3と告げられショックを受けました。
 
でも私はノーテンキな性分で、すぐにショックから立ち直り、治療を始めました。
こうして元気でいられるのは、主人。娘や息子たち、6人の孫、
多くの友達、みんなが支えてくれたからです。
もちろん先生のおかげでもあります。
たくさんの方に応援していただきました。本当に感謝しております。
もし、ラジオをお聴きで闘病中の方、希望を持って下さい。
つらい日々もありますが、負けずに頑張ってください。

▲ページトップへ

2017.6.26【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報を阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」。
本日は太田幸司さんにお越しいただきました。

現在4連敗と不調の阪神タイガースです。
首位の広島カープとは、5ゲーム差となってしまいました。
太田さんは、タイガースにはエラーが多いと指摘していました。

阪神が首位になるポイントとしては、
「お得意さんを作ることが大事」と太田さんは、言っていました。
カープが読売ジャイアンツに対して10勝1敗と、
大きく勝ち越しているように、勝てるチームを作ることが優勝の鍵になります。

「ジャイアンツ、ドラゴンズ、ベイスターズの3チームも
チーム状態は悪くないので、まだまだセリーグは面白くなる」
と太田さんも話しています。
この先のリーグ戦もまだまだ楽しみですね!

▲ページトップへ

2017.6.23【金】
出会い燦々

今日は、広島のサックス&エレクトーンの
インストゥルメンタルユニット大瀬戸千嶋(おおせどちしま)の
2人にお越しいただきました。

サックス担当である、大瀬戸 嵩(おおせど・たかし)は
小学校の時に、お父さんと一緒に行ったジャズバーで
サックスの演奏をみたのがきっかけだそう。

子守さんは、サックスに憧れていた時期もあったそうです。

スタジオでは、今年4/12発売の10枚目の
Newアルバム「Change」のタイトル曲である、
「Change」を生演奏していただきました。

7/4(火)には3年ぶり2度目、
マツダスタジアム広島×巨人戦で国歌演奏、
7/8(土)には大阪・北堀江のライブハウス hills(ヒルズ)パン工場、
7/22(土)には、京都四条のライブハウス
都雅都雅にてライブを予定しています。

皆様も、大瀬戸千嶋さんの素敵でかっこいい演奏を
ぜひ堪能してください!

大瀬戸千嶋さん、朝早くからありがとうございました!

▲ページトップへ

2017.6.22【木】
おっさんふたり恥ずかしながら答えさせていただきます

■京都府亀岡市 RN つねきち
今日は、私だけかもしれないですが、男ってダメやなぁ、
と言う話聞いてもらえたくてメールしました。
と言うのは、妻に上手く感謝の気持ちが伝えられないんです。
実は、私の母が先日、余命宣告を受けました。母は延命治療を希望せず、
今はわが家から5分くらいの自宅で療養しています。
そんな母、つまり妻にとっては姑に妻はとってもよくしてくれているんです。
仕事の都合なので、なかなか顔を出せない私や妹たちに代わって、
ほぼ毎日のように様子を見に行ってくれ、食事も食べさせてくれたり、
頼まれごとを嫌な顔ひとつせずにこなしてくれています。

そんな妻に、感謝しているんですが、改まって気持ちを伝えようとすると、
照れてしまってなかなかうまく伝えられません。
もし、このメールを読んでいただけたら、妻にタイムフリーで聞かせて、
気持ちを伝えたいと思いますので、宜しくお願いします。

子守「こういうのは本人が言わないとダメなんです。だから自分で言ってください!」
          
         
■川西市 RN ピグモン
うちの小学3年生の息子なんですが、「傘」がキライです。
少しくらいの雨ならささずにいくため、ずぶ濡れになります。
なかなかなおらないので困っています。
いつかはちゃんとさして欲しいのですが・・・。
なにか方法はありませんか?
         
大塚「いいんじゃないですか??子供らしくて!」
子守「息子さんが好きなキャラクターや好きなものが描いてある
   傘があればさすかもしれませんね。」
       
■大阪市住吉区 RNぺんぺん子
うちの父だけかもしれませんが、自分の食べているものを人に味見させたがるのです。自分が買ってきた干物「これ旨いから食べて!」
買ってきたお惣菜に自分なりにマヨネーズをつけて「案外イケるで!」
自分で作った卵焼き、「うまいことできたわ!」
わざわざ部屋にもってきたりして、ちょっと食べさそうとします。
「お腹いっぱいやからええわ」と断るとすねます。
父の目的は何のでしょうか?
その都度対応するのも面倒くさいです。
        
大塚「よかれと思ってというより、美味しさを共有したいんでしょうね」
松井「会話の糸口にして、話をしたいんじゃないでしょうか。」
子守「私もパンケーキでも作ってあげようかな・・・・。」

▲ページトップへ

2017.6.21【水】
ブック・ウェンズデー!

本日子守さんが紹介した本は・・・・
        
『 あじフライを有楽町で 』
            
著 書:平松洋子
発行所:文春文庫

▲ページトップへ

2017.6.20【火】
朝イイ話

■近江八幡市 RN 大ちゃん
                 
この前の金曜日、出張で広島に行きました。
広島は私が高校まで過ごした場所でもあり、大好きな地元に心躍りました。
移動のタクシーの運転手さんも優しい感じのおっちゃんで、
カープの話、オススメの広島焼きのお店の話、とついつい盛り上がってしまいました。
             
その時、たまたま通った道が、私が大学時代に亡くなった、父親のお墓のある場所でした。
「あっ、ここに、父親が眠っているんです」と私が言ったところ、
タクシーの運転手さんに
「顔見せんでええんですか?」言われました。
          
私は「正月も来ましたし、またお盆に家族で来ますんで、その時でいいですよ」と答えましたが
運転手さんの「18日は父の日じゃけぇ、お父さん喜ぶと思うけどなぁ」という言葉に
「行ったら父親、喜ぶかな…」と思ってしまったのです。
             
数分後、私はタクシーの運転手さんに
「すみません、花屋に寄ってからお墓参りしたいです!」と伝えました。
すると、おっちゃんは「よっしゃ!」と言い、私を父親のお墓に連れて行ってくれました。
          
お墓の前で「いつも見守ってくれてありがとうな」と伝えてきました。
突然の訪問に父親も喜んでくれた気がします。
タクシーのおっちゃんの一言がなければ、
こんな清々しい気持ちになれなかったと思います。
おっちゃん、ありがとうございました。
次はお盆に家族みんなで広島に行こうと思います。
          
          
■堺市 RN マルコの父 

私には毎年、父の日になると思い出す話があります。

私の父は、身長148センチの小さな身体の優しい父でした。
大分県の山間部小さな町で、農家の我が家には、3才間隔で姉、兄、私の三人兄弟。

3月は卒業式の連続、4月は入学式の連続で、母がその全てに出席していましたが、
ところが、私の高校入学式に来たのは父でした。
私は内心、嫌で仕方なかったのを覚えていますが、
父に聞くと、母は用事が出来て代わりに来たと言ってました。
しかし、それから3年間、私の高校のPTA行事、卒業式には全て父が来ました。
私も次第に慣れては来ましたが、内心嫌な気持ちはありました。

そんな父も5年前他界しました。お通夜で父の肩を触っていると、
母がこんなことを話し出しました。「あんたの高校行事全部父ちゃんが行ったの覚えてるね」
私は「覚えてるよ。嫌やったわ」と答えました。

すると母は「父ちゃんが、入学式の2日前位に、『あんたの入学式に行ったら、
あいつ嫌がるやろか。チビ親父やし。そやけど、1人位、親父として入学式に出て見たい』って、あんたには言わんと、父ちゃん入学式に行ったんよ。帰って来てから、
父ちゃんうれしそうやったんよう覚えてるわ。卒業式も帰って来てから、
『あいつかっこよかった』と本当にうれしそうやった」

母は、私の知らなかった当日の事、あれこれ涙しながら、話してくれました。
父の肩を触れながら、私は涙が止まりませんでした。
今は父に感謝しかない私です。

▲ページトップへ

2017.6.19【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報を阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」。
本日は太田幸司さんにお越しいただきました。

昨日、惜しくも楽天イーグルスに敗戦してしまった
阪神タイガースですが、交流戦を10勝8敗で終えて、
太田さんは、「上出来です」とコメントしました。

現在セリーグ首位、広島カープとのゲーム差が3の
タイガースですが、「しばらくはこの両チームで首位争いでしょう。
しかし、ジャイアンツが必ず上がってきます。
交流戦の最後の3連勝はまだまだ底力が残っている証拠です」と
下位チームの怖さも語ってくれました。

「タイガースの勝負どころは8月後半です。
毎年この時期に失速してしまうので、
余力を残して試合」に挑むことが一番です」と
タイガース優勝に向けてのポイントを話しました。

太田さんは、交流戦の優勝賞金の分配について、
「裏方のバッティングピッチャーやスタッフたちに
ボーナスとして渡していることが多いんですよ、
ソフトバンクホークスもそうしていると思います」と
裏事情を話してくれました。

▲ページトップへ

2017.6.16【金】
出会い燦々

今日は、「あまゆーず」さんに
スタジオにお越し頂きました。

「あまゆーず」さんは、尼崎市出身の女性デュオです。

今月で15周年を迎え、100周年を迎えた
尼崎市のPRソング「あまがすき」を制作するなど、
地元尼崎に密着した活動を続けるお二人です。

スタジオでは、ギター&キーボードの生演奏で
松山千春さんの名曲「大空と大地の中で」を
披露していただきました。

優しい2人の歌声とハーモニーは、とてもすばらしく、
途中からは、子守さんも一緒に歌ってしまうほどの
楽しい時間でした。

今月24日には、15周年の記念コンサートを
「あましんアルカイックホール・オクト」で開催予定です。

チケットはsold outするほどの人気のお二人で、
もし、ライブに行かれるかたは
ぜひ「あまゆーず」の歌声で癒され、楽しんでください!

「あまゆーず」さん、朝早くからありがとうございました!

▲ページトップへ

2017.6.15【木】
おっさんふたり恥ずかしながら答えさせてください

■奈良県葛城市 RN:どんべえ
            
うちの嫁についての悩みを聞いてください。去年くらいから夕飯を作るのが面倒なのか、
毎日おなじメニューが続く傾向があります。
カレー4日連続
から揚げ3日連続
豚汁3日連続
コロッケ2日連続
     
近所に業務用のスーパーが出来てから、大量買いできるようになったのも大きいようです。
文句をいうと、「アンタが作ればええ」と言い返されますが、
仕事から帰ってあまり作る気持ちもおきません。
毎日違うメニューを作ってもらう方法はないでしょうか・・・・。
         
松井「自分が作れるようになるのが1番です。」
大塚「ちょい足しできるふりかけとかどうですかね。」
子守「その業務用スーパーで惣菜買うのはどうですか?」
           
       
■大阪府高槻市 RN:ベル         
5歳の息子の口が悪いのです。
「アホやな」とか「ボケ!」とか平気で言います。
それは同居しているおばあちゃん、私にとっては、義理の母の影響だと思います。
義理の母はとても口が悪いんです。
口ぐせは「カスやな・・・」ですから・・・・。
わたしからは、なかなか言えませんが、主人もなかなか言ってくれません。
息子には、変な言葉つかったらアカンと言っていますが、
なおらないし、義理の母に伝わるのもイヤであまり言えません。
早めになんとかしたいんですが・・・・・。
        
大塚「子どもはマネしちゃいますからね。」
子守「それなら、お母さんがものすごく丁寧に話したらいいんじゃないでしょうか?
   和歌を詠むみたいに。」
    
         
■RN:マッキー 会員番号20842
             
あと1ヶ月少しで夏休みが始まり、ラジオ体操も始まります。
私の家は、ラジオ体操の広場に隣接したところで散髪屋を営み、
80才の父が早朝から店をあけており、ラジオ体操終わりのスポーツ少年たちが立ち寄ります。
問題は朝刊です。
当店では、全国紙と某スポーツ紙をとっており、スポーツ少年たちのうち、
野球少年がスポーツ紙を読んでいるのです。
もちろん、野球の紙面のみなら問題はありませんが、
そのスポーツ紙の最後から三ページあたりに、エッチな写真のコーナーがあります。
健全な野球少年が、いつかはエッチなコーナーにたどり着くのではと、冷や冷やしています。
松井さんにお伺いします。
スポーツ紙には、エッチなコーナーが絶対必要なのでしょうか?
野球少年が、エッチなコーナーにたどり着く前に、
小学校を卒業するのを待つしかないのでしょうか?
       
松井「あってもいいじゃないですか!」
子守「ページを抜いたらないいんじゃないですかね・・・・・
ただ抜いたこれをどうするかっていう問題がありますね。」

▲ページトップへ

2017.6.14【水】
ブック・ウェンズデー!

本日子守さんが紹介した本は・・・・
        
『 みみずくは黄昏に飛びたつ 』
            
著 書:川上未映子、村上春樹
発行所:新潮社

▲ページトップへ