子守康範 朝からてんコモリ!
きょうイチ!てんコモリ!
バックナンバー

きょうイチ!てんこコモリ!(6:45頃)曜日がわりの特集コーナーです。
月: てんスポ! 週末のスポーツ情報をじっくりとおさらいします。
火: 朝イイ話 子守の目にも涙の、胸にしみるあったかエピソードを紹介。
水: ブック・ウェンズデー! 子守視線でチョイスした本を紹介。
木: オッサンふたりはずかしながら
答えさせていただきます
今さら尋ねにくい疑問や悩みに子守&松井がはずかしながら、なんとな〜くお答えします。
金: 出会い燦々(さんさん) 子守が出会った、会ってみたい、素敵な人たちを紹介。
2015.3.31【火】
朝イイ話

◼︎広島県 大竹市
ラジオネーム:ともこ

私の兄は、高校の教師をしています。昔から、野球一筋。
高校野球の指導者になりたくて、教師の道を選んだほどでした。
初任校は、同じ県内でも、縁もゆかりもない地域。
念願かなって野球部の担当になった兄を、私は陰ながら応援していました。
しかし、馴れない土地で色々と苦労が多いのでしょう。
実家に帰ってきては、愚痴ばかり…。
同じ県内なのに、よそ者扱いされ、保護者や、
地域の人たちからの厳しい意見があり、苦戦しているようでした。

赴任して3年目から監督として野球部の指揮をとるようになり、4年目の夏の県予選。
おそらく兄がこの高校で指揮をとるのは最後になるだろうという年で、
兄からも気合いが入っているのを感じました。
1,2回戦を突破。そしてなんと3回戦も勝ち上がり、その高校としては
数十年ぶりにベスト16まで駒をすすめました。
私も仕事の予定を調整し、その試合を観に行きました。

4回戦の相手は、県内の屈指の強豪校。
平日にも関わらず学校の生徒や保護者だけでなく、
たくさんの地域の人やOBらしき人など大勢の人が、応援に駆けつけていました。
普段の兄の話から「負けたら、やっぱり監督が責められたり、
ヤジとか言われるんだろうか…」と少し不安な気持ちで見ていました。

生徒はがんばりましたが、奇跡は起こらず、試合は負けました。
ところが、みな地元の高校の活躍を喜び、
試合後、「監督、よー頑張った!ここまで来させてくれてありがとう!」などと、
父親と同じ年齢くらいのおじさんたちがスタンドから兄に声を掛け、
笑顔で拍手をしたりしているのを見て、とても嬉しくなりしました。
最初はよそ者扱いされていた兄でしたが、大好きな野球を通し、
その町の人々との絆を深め、信頼関係を作っていた姿を見て少し、誇りに思いました。

▲ページトップへ

2015.3.30【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」。
本日は、太田幸司さんが遅刻をしたため、
急遽「春一番!センバツ甲子園」のコーナーに出演していた
市川いずみさんが代打で登場となりました。

阪神タイガースは開幕後2試合連続でサヨナラ勝ちし、
昨日も逆転勝利と3連勝しています。
子守さんからこの3連戦について問われた市川さんは
「昨日の勝ち星は藤浪投手につきましたが、
前日に力投していた岩田投手にも勝ち星をつけてあげたかった。
松田投手が現在2勝しているので、この調子で頑張ってほしい。
ただ、中継ぎ投手の調子が良くないので、入れ替えも考えられるのでは」
と話していました。

このようにしっかりとした分析をできる市川さんですが、
野球の話で深い部分まで付き合ってくれる人はなかなかいないそうです。
子守さんに「異性と付き合うとすればどんな人がいい?」と聞かれ、
「一緒に甲子園に行って、野球の話をできるような人がいい」と答えました。

遅れて登場した太田幸司さんは
阪神タイガースの3連勝と、オリックスバファローズの3連敗について聞かれ、
「どちらも想定内です。
阪神の今年の戦力からするとこれくらいはいけるでしょう。
オリックスはもともと力のあるチームなので心配ないです」
と話していました。

ちなみに、代打を務めた市川さんは、
MBSラジオ「with Tigers MBSベースボールパーク」に
金・土・日曜日に出演していますので、そちらも是非お聞きください!
【放送時間:金17:46-21:50、土17:59-21:00、日17:59-21:00】

▲ページトップへ

2015.3.27【金】
出会い燦々

今日は、鳥取県東部を走る若桜鉄道の山田和昭社長にお電話でお話をお伺いしました!
若桜鉄道は鳥取県東部の若桜・八頭両町19.2キロを走る第3セクターです。
昨年、若桜鉄道初となる公募で、山田さんが社長に選ばれました。
4月11日に1日限りで蒸気機関車(SL)を45年ぶりに走らせることになりました。
山田さんは「SLは、30年くらい公民館に展示されていたものです。これを2ヵ月で調整し動くようにしました。ただ、現在は金銭的な問題で車検的な検査が行えていません。
4月11日に行う1日限りの社会実験で“SLを走らせたら人が集まる”ということがわかれば、車検を受けて実際に運行することができるようになると思っています」とお話されていました。
4月11日にはお客さんは乗ることが出来ませんが、連結したディーゼル機関車の動力によってSLが若桜駅・八東駅間の9.4キロを時速10キロでゆっくり1往復する様子を見ることが出来ます。
子守さんは「本線の運転を止めて行われる試みですが、そんなことが出来るのが地方鉄道の良いところですね!ぜひ、てんコモリ!リスナーのみなさんにも見に行って頂いきたい!」と興奮ぎみでした。
4月11日は、このSL走行の他にも、若桜町のさくらホールで山田さんも出演するトークイベントや特別講演会が行われます。
さらに、11日と12日の両日は沿線で桜まつりイベントなども行われているので、花見と合わせて見に行ってみてはいかがでしょうか?

山田さん、朝早くからありがとうございました。

▲ページトップへ

2015.3.26【木】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

本日のリスナーのみなさんの、あんな、こんな「趣味」をご紹介します!

■ラジオネーム:みーやん さん

「弓道をしています。
昨年、弓道場に飛びこみで、お願いして初めました。
先生に動機を聴かれ「精神を鍛えたい」と答えましたが、本当は恥ずかしい理由なんです。
お気に入りのカフェのカッコいいバリスタさんが、弓道経験者だと知り、少しでも彼の人となりに近づく為でした。

道場には高校生や、90代の先生、幅広い世代が鍛練しています。
私はどちらかと言うと、体も大きく、力もあり、運動は出来る方です。しかし、弓道はとてつもなく難しいのです。
むしろ腕力は無駄くらいなもんです。力は左右均等、余計な力は要らない、何もしないのが良い。上達しない私に、先生は繰り返し優しく指導して下さいます。
道場は静寂、緊張感に包まれていて、日常生活では体験出来ない雰囲気がたまりません!
動機は不純ですが…家事、子育て、パートの気忙しい中、通う弓道は特別な時間になりました」
 
■ラジオネーム:パッチマン さん

「わたくしの趣味は水墨画です。
習い始めてすぐ描いたのはバイクをモチーフにした作品でした。
水墨画といえば山、滝、民家、景色などのイメージがありますが、わたくしはそこをあえて通り過ぎまして…バイクを作品にしてみました。
先生に、わたしも30年以上教えて来ましたが「このようなもの題材にした人は初めてです」と言われた事を思い出しました。
あれから、いろいろな題材に挑戦しております」

■ラジオネーム:センパイ さん

「趣味はバイクです。
三ない運動真っ盛りの高校1年の16歳から51歳の今日までバイクに乗り続けています。
とくに遠方に出かけるツーリングが楽しいです。49歳で限定解除してから現在は700ccで月一ぐらいアチコチ行ってます。
夜ヨナは地図を眺めては、次何処行こかと思案するのが楽しいです。目標は70までクラッチ付きのスポーツバイクに乗り余生はラクチンなスクーターにでも乗る事をそうぞしてこれまたにやけてます」

来週も、みなさんのいろんな趣味をお待ちしております!

▲ページトップへ

2015.3.25【水】
ブックウェンズデー

タイトル:火花
著者:又吉直樹
  (文藝春秋)

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが、
文芸誌『文學界』に初となる純文学小説『火花』を発表しました。
「純文学を書いた」という事実がクローズアップされたのは異例なことだそうです。
ネット書店や主要書店で売り切れが相次ぎ、『文學界』が増刷されるのは
1933年の創刊以来、初めてのことでした。
そして、書籍化。

ストーリーは、売れないお笑い芸人「僕・徳永」と、
同じく売れない先輩芸人「神谷」の交流を描いた小説です。
中でも子守さんが興味を持ったのは「純文学とは?」についてです。

例えば、漫才師について。

【漫才師である以上、面白い漫才をすることが絶対的な使命であることは
 当然であって、あらゆる日常の行動は全て漫才のためにあんねん。
 だから、お前の行動の全ては既に漫才の一部やねん・・・・】

この様な独特な文体が随所に散りばめられています。
本が大好きな又吉さんが、今回始めて上梓した作品です。

「今回は話題先行でしたが、今後も書き続けた結果の2作目を読んでみたいですね」と
子守さんは話していました。

一度、又吉ワールドにどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか?

▲ページトップへ

2015.3.24【火】
朝イイ話

■奈良県桜井市
ラジオネーム:みつよ


我が家は主人と、先日、中学を卒業したばかりの一人娘と私の3人暮らしです。
しかし、主人と娘、一年前のある出来事をきっかけに、まったく会話がなかったのです。
一年前のバレンタインデー。
うちの娘も学校の友達に渡すため、大量のチョコ作りに励んでいました。
形も凝っていて、私が手伝っても、無事終わったのは深夜0時前。
しかし、その後悲劇が起こりました。仕事から酔って帰って来た何も知らない主人が、
娘の用意したチョコレートの入った袋が置いてあるのに気づかず、
そのままそのチョコが置いてあるソファーにダイブ!
袋に入ったチョコレートはめちゃくちゃになり、娘は大激怒&大号泣。
私は、ソファーに大事なチョコを置いていた娘も悪い。
こんな時間まで飲んでいた主人も悪い、と仲介に入り、
主人も「すまん、本当にすまん」と謝っていましたが、
もちろん娘の怒りはおさまらず、翌日主人が弁償として買ってきた
チョコも受け取りませんでした。
その一件以来、主人が娘に話かけても「うん」か「知らん」とゆうような返事。
私がいくら注意しても娘の態度はなおらず、元々娘に甘かった主人も、
完全に萎縮してしまい、2人の会話はほとんどなくなりました。
それから一年。今年のバレンタインデーは、娘は友達の家で一緒にチョコを作りました。
そしてバレンタインデー当日の朝、「これパパに渡しといて」と言ってリビングに
チョコを置いて出かけて行きました。
こっそり見てみると、中には手作りチョコとともに、「いつも塾の送り迎えありがとう」と
書かれたメッセージカードが。
今年娘は受験生で、夕飯の準備などで出れない私の代わりに、主人が娘の塾への迎えを
毎晩のようにしてくれていました。
その甲斐もあり、この度第一志望の高校に合格。
娘なりに主人への感謝の気持ちと、去年のバレンタインデーの一件を許した
意味のメッセージだったのでしょう。その夜、帰って来た娘に、
「これは自分からお父さんに渡し!」と言って、仕事から帰って来た主人に、
娘からチョコを渡させました。
娘がチョコを渡すと、主人は驚いた様子で、照れくさそうに受け取り、
夕食後に、「うまい、うまい」と、それはそれは大事そうに食べていました。
娘は、無愛想ではありましたが、約一年ぶりの、娘から父への感謝のメッセージでした。
来月から、高校生になる娘。今までよりもさらに難しい年頃になるかと思いますが、
出来るだけお父さんと仲良くしてね、と願う私です。


■奈良県北葛城郡
ラジオネーム:泣き虫ママ


去年は父の病気や怪我が続き、落ち着かない日々を過ごしていました。
いつもは「大丈夫、大丈夫、辛いのは今だけ」と、前向きな私も、
さすがに心が折れそうになりました。
そんな時は実家の仏壇に手を合わせ、お墓へも幾度となく参りました。
休みの日は家族で社寺仏閣へもよく出かけました。10歳の息子、
7歳の娘も何やら熱心にお参りしてはニコニコと楽しそうでした。
「テストで100点取れますように。」「なわとびがうまくなりたいです。」
そんなお願いをしていたようです。
私はただただ長々と悩みや辛い気持ちを伝えていたように思います。
子供たちが穏やかで優しい子に育ってくれていることへの感謝を伝える余裕も
ありませんでした。
そして年末には抱えきれなくなった思いがあふれ、一日中ふさぎ込む日が多くなりました。
そんな私に主人や子供たちが寄り添ってくれ、父の病気も回復し
新年を迎えることができました。
家族で初詣に行き、子供たちはいつも以上に熱心に手を合わせていました。
「何をお願いしたん?」と娘に聞くと
「神さまは元気ですか?私は元気です。
神さまずっと元気でいてください。そしてみんなを元気にして下さい。
お願いします、っていうてん。」と。
娘の素直なこころと、優しさに私はあふれる涙をこらえ、もう一度手を合わせました。
「神さま、ありがとうございます。私はもう大丈夫です。
これからも家族を見守っていて下さい。」と伝えました。 

▲ページトップへ

2015.3.23【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」
本日は亀山つとむさんにお越しいただきました。

プロ野球のオープン戦が終わりました。
子守さんが気にしていたのは阪神タイガースの打率が低いという点です。
中でもゴメス選手の打率が低いと言われていますが、亀山さんは
「自分の課題とする球種を打つ練習をする選手もいますし、
オープン戦での打率はあまり関係ないのではないでしょうか。
例えば自分の得意な球だけを打って、苦手な球を打たないようにしていると、
弱点をわざわざ見せるということにもなってしまいます。
今はあくまでも調整の時期なので、そこまで心配はいらないでしょう。
今年は阪神タイガースとオリックスバファローズが
優勝してくれると信じています」
と期待していました。


そして今後のてんスポですが、
新たなスポーツやチームに興味を持ってもらえるきっかけにするために、
イケメン選手やかわいい選手の紹介をしていく予定です。
あなたのオススメ選手をお教え下さい!
また、スポーツに関して今更聞けないような用語やルールなどにも
お答えしていきたいと考えていますので、こちらも是非お送り下さい!


▲ページトップへ

2015.3.20【金】
出会い燦々

今日は、南極に行っている毎日放送・山中アナウンサーに電話でお話を伺いました!

毎日放送「ちちんぷいぷい」の人気企画「リアル世界くん」で現在南極に行っている山中さん。
衛星電話でお話を伺う予定だったのですが、回線の状況が悪ければ番組中に電話が繋がらない可能性がある中での放送でした。

コーナー当初はなかなか電話が繋がらず、万が一のために収録していたコメントを流している間に、なんとか繋がり、南極でのリアルな状況を話して頂きました!
時差が12時間あるため、放送時、南極は前日の夕方。気温はマイナス12度だったそうです。
山中さんは「昨日はアザラシが泳いでいるのを見ました。日本を離れて2週間ですが、日々、目の前に現れる新しいものに驚き、感動し、圧倒されています!」と興奮ぎみにお話されていました。
子守さんからは「南極消印の手紙が出せると聞いたので、是非手紙を書いてください!」と指令が出されていました。

山中さんの、南極での詳しい様子については今後「ちちんぷいぷい」で放送される予定なのでお楽しみに!

山中さん、無事に日本に帰ってくださいねー!

▲ページトップへ

2015.3.19【木】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

よそではなかなか聞きづらいお悩みや疑問に対しておっさん2人でお答えさせて頂きます!


■ラジオネーム:かたつむりのおばさん
「私は相原さんと松井さんの区別がつきません。お二人の違いはどこですか?声も似てらっしゃるし、開口一番は夕べの酒豪のお話で…。
今日は水曜日なのか木曜日なのかわからなくなるのです」

<回答>
大塚さん「相原さんは“おしとやか”、松井さんは“雑”ですね」
リスナーさんからも、いろいろな見分け方を教えてくださいましたが、子守さんが「コレを答えにしましょう!」と言った見分け方をご紹介します。

ラジオネーム:アンギラス山田
「チョットまともな発言をするのが相原さん
全てにおいてエェ加減なのが松井さん
最もまともなのが斉藤さんです」


来週も、もしかしたら、回答らしい回答が出ないかも知れませんが、
みなさんのささいなお悩み、お待ちしていまーす!

▲ページトップへ

2015.3.18【水】
ブックウェンズデー

タイトル:オジいサン
著者:京極夏彦
(中公文庫)

主人公の益子徳一は、72歳。定年退職をし、一人で生活をしている
「おじいさん」、この本で言うと「オジいサン」です。
日常彼が心の中で思う事や行動などから、オジいサンの奥深さが
分かるとてもユニークな文体が特徴的な作品です。

どういう所が「オジいサン」なのか?
・1か月、1年というのはとても早く感じるのに起床前の1時間、
1分がとてつもなく長く感じる
・地デジ、この読み方が「チデジ」なのか「ジデジ」なのか?
・古くなったカセットテープ。燃えるゴミなのか?燃えないゴミなのか?
・ヨーグルトを買いにスーパーへ。レイアウトが変わっていて分からない。
 場所が分かったけれど、納豆と一緒に売っている。
 どちらが納豆なのか?ヨーグルトなのか?分からない。

などなど、少々「めんどくさい」オジいサンなのですが、
読めば読むほど、オジいサンの哀愁に共感を覚え
一文、一文が面白くなってきます。

少しずつ少しずつ「オジいサン」への道を歩みつつある子守さんは
「こんな事を日々思い生活しているおじいさん、いやいやオジいサンを
優しくしてあげて下さいね!」と自分に言い聞かせるように語っていました。

▲ページトップへ

2015.3.17【火】
朝イイ話

■大津市 さやか

私は、大学生の頃、京都市内の飲食店でアルバイトをしていました。
観光地に近い店だったので、観光シーズンには毎日のように行列が出来ていました。
従業員の人手不足で、シフトも毎日のように入っておりクタクタだった私。
正直働くのが嫌になっていました。

休憩中も、一緒に働いているバイトの後輩に愚痴を言っていると、後輩がこう言いました。
「私たちは、同じことの繰り返しですけど、この京都旅行を楽しみに、
日々の生活を頑張ってきた人たちもいると思うです。
その人たちにとっては、ここの店での食事が一生に一度かもしれないから、
心を込めて接客しないといけない気持ちになるんです」と。

私はそんな真面目な後輩の言葉を聞いて、
「自分はなんて恥ずかしい先輩ないんだろう」と情けなくなりました。
お店に戻り、改めてお客さんの様子を見てみると、
お土産を買った袋を持っているお客様がたくさんいらっしゃいました。
その方々が、私たちの出した料理食べながら写真を撮ったり、
楽しそうに食事をしているのを見ていると、先ほどの後輩のいう通り、
「この一回の食事が、大切な思い出の一つになるのかも知れない」と、
気持ちを入れ替えて接客するようになりました。

私は、従業員として料理を持っていくだけに必死になっていたことに気づかされ、
それからは料理を食べてくれるお客様の立場になって物事を考え、
心を込めて働く大切を学びました。

接客業をする上で、大切な心構えを教えてくれた後輩。
その後輩の言葉が、社会人になった今でも心に残っています。


■赤穂市 おじんくらぶ

毎朝楽しく、通勤の車中にて拝聴させていただいております。
さて、先週の3月10日に長男が中学校を卒業式しました。
卒業にあたり、私は、ある方々に大変感謝しております。

その方々とは、市内の給食センターの職員さんたちです。
といいますのも、私の市内の公立校は、幼稚園から中学校まで完全給食です。
そうです、幼稚園年少から、中学校までの11年間お世話になった給食も
卒業ということです。

親としては、栄養バランスを考えるだけでも無理があるのですが
その栄養バランス・カロリーなど計算してくださいました。
そして、なによりもこどもたちが楽しく食べられるように、
メニューにも工夫があって好き嫌いのない子になったことは、
私たち親ではできなかったことと思います。

中学校になり、成長期になり、今まで以上に食べ盛りの子にも充分な量で作って
頂いて感謝感謝です。

まぁ、うちの子は学年で1,2を争う背の低さでしたけど^^;
赤穂市給食センターの職員ご一同様、長男が11年間本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

追伸、まだ次男もお世話になります。^^;

▲ページトップへ

2015.3.16【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」
本日は亀山つとむさんにお越しいただきました。


阪神タイガースについて亀山さんは、
「これまでのような寒い時期にはベテランは動きたがらないので、
若手にとってチャンスでしたね。
そして、これからはペナントレースが始まりますが、
和田監督にはそれまでにしっかりと打順などを塾考いただいて、
これでいくと決めたらブレずに貫いてほしいですね」と分析していました。

最近は、女性の読者を増やすために独自の試みを行う
スポーツ新聞が増えているそうです。
亀山さんは、
「女性ファンは熱心な人が多いですね。
阪神タイガースの試合中継の際、
阪神の攻撃ではバッターの顔のアップから映しますが、
相手チームの攻撃では
ピッチャーの後ろのアングルから映しているんです。
女性ファンのためにも、
敵・味方に限らずバッターが男前であればアップから映すのは
どうでしょうかと話したところなんですよ」とコメント。
この意見に対してはリスナーさんから
「賛成です」という意見が多数寄せられました。

また、子守さんの
「このてんスポ!においてはどういった話をするのが
リスナーさんに喜んでいただけるのでしょうか」
という問いかけに対し亀山さんは、
「リスナーさんに、どうした話が聞きたいのかということを
言っていただくのが一番でしょう」
と提案していました。

リスナーの皆様、てんスポでどういった話が聞きたいかについて
ご意見をドシドシお送りください!

▲ページトップへ

2015.3.13【金】
出会い燦々

今日は、プラセボ製薬株式会社・代表 水口直樹さんにお越しいただきました!

プラセボ製薬は「プラセプラス」というガラス瓶に入った白い錠剤を取り扱っている会社ですが、この錠剤、薬効はなく、でんぷんや水あめなどで作られた「でんぷん加工食品」なのです。

商品名や会社名の由来になったのが「プラセボ・プラシーボ」という言葉。
「効かないお薬(偽薬)」という意味で、薬理効果のない錠剤を「薬だよ」だと言って患者さんに飲ませると、症状が和らいだり治ったりすることがあり、それを一般的に「フラシーボ効果」と言われています。
水口さんは以前、製薬会社にお勤めでしたが、その時の経験が「プラセプラス」の開発に役立っていたそうで「もともとフラシーボ効果は面白いなぁと思っていたんです。
お年寄りの中には、お薬がお守りのようになっている人がいて、飲みすぎてしまう方がいます。
最近ではとくに、認知症の方が何度も薬を服用してしまうので、そういった方に「プラセプラス」を利用して頂けたらなと思い開発しました」とお話されていました。

今は錠剤をビンで出していらっしゃいますが、今後はカプセルなどでの展開も考えているそうです。

水口さん、朝早くからありがとうございました。

▲ページトップへ

2015.3.12【木】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

よそではなかなか聞きづらいお悩みや疑問に対しておっさん2人でお答えさせて頂きます!
 
■ラジオネーム:赤膚山の老爺様 さん
「散髪屋に行った時の話です。
カットが終わった時、頭の後ろのカット具合を前の大きな鏡に合わせ鏡で後頭部の刈り具合を『これでよろしいでしょうか』と尋ねられます。
刈り具合が長ければ修正できますが、刈り過ぎで短か過ぎると言われたら、散髪屋さんは、どう対処するんでしょうか。
他人ごとながら気にかかります」
  
<回答>
子守さん「うるさそうな人は少し長めの段階で聞いている、と、美容師さんに聞いたことがあります。髪の毛よりも、”人”をみているそうです」
 
 
■ラジオネーム:ムーミンママ さん
「10日に長男の中学校卒業式がありました。入場する生徒達の成長した姿にうっすらと感動の涙が滲んだりして、良いムードでした。
ところがいざ式典を始める挨拶が終わって、会場が静まり返ったとたん
『ゴロゴロ…ギュルギュル…』
私のお腹が鳴り始め、止まってくれなくなりました。
別にお腹がすいてた訳でもなく、下してたわけでもないのに会場が静まると、なぜか私のお腹は騒ぎ出すのです。
息を止めてお腹に力を入れてみたり、逆に息を吐いて脱力してみたり、あらゆる手段を試みたのですが、無理でした…。
そしてとうとう卒業生代表の感動的な答辞の最中に、隣に座ってたママ友が辛抱しきれず笑いだしてしまう始末。
ところが、あれだけ止める事が出来なかったお腹の音は式典が終わるや否や、ピタッと沈黙。
次は高校の入学式が待ってます。
正直、このお腹で出席することに戸惑いを感じてます。
でも長男の晴れ姿を見届けたいので、何とかお二人に対処法を教えていただければと思います」
 
<回答>
今回はリスナーのみなさんにお答え頂きました!
 
医師免許をお持ちの、ラジオネーム:いるかさん
「自分をコントロールしようとすることで余計に焦ってしまうことも、よくある話なので難しいですね…。西洋医学的には、薬でコントロールしますよ」
 
ラジオネーム:明石の江見ちゃん さん
「鳴っているお腹を両手でグイッと押してやると治りますよ!
実際に娘が試して『効いたわぁ〜、学年集会を乗りきれた!』って言ってたので、すでに実験済みです!」
 
 
来週も、もしかしたら、回答らしい回答が出ないかも知れませんが、みなさんのささいなお悩み、お待ちしていまーす!

▲ページトップへ

2015.3.11【水】
ブックウェンズデー

タイトル:満州奇跡の脱出
     170万同胞を救うべく立ち上がった3人の男たち
著:ポール・邦昭・マルヤマ
訳:高作自子

多くの日本人が知らないであろう満州で暮らしていた日本人の悲惨な状況が
書かれたノンフィクションです。

日露戦争後、日本が植民地化した満州は
目覚しい発展を遂げ、やがて日本の思いのままになる国となります。
そして希望の大地として、170万人の日本人が満州へ送り込まれるのです。

終戦直前の1945年8月9日、ソ連は降伏を目前とする日本に突如宣戦布告し、
満州を攻めました。
満州にいる日本人が1日に2500人殺される現状。
しかし、そんな外地の情報は、日本内地には全く伝えられなかったそうです。

同胞を日本に引き揚げさせるべく、死に物狂いで何とか満州から脱出してきた日本人3人。
記者に、満州での惨状を訴えるものの
日本内地がそれ以上の危機に陥っていたため小さい記事にしかされませんでした。

日本各地で世論喚起の演説を行う3人の献身的な活躍と
想像も出来ないほどの危機的状況を
フィクションでもここまでは書けないほど
こと細かく書き記しています。

子守さんは、「戦争中の秘話として、例えば杉原千畝さんらは
よく知られていますが、そうでないのがこの3人です。
せめて私たちの世代は、満州での出来事を語りついでいきたい」と話していました。

▲ページトップへ

2015.3.10【火】
朝イイ話

■姫路市  
ラジオネーム:ほれほれ

中学入学から始まり、6年間作ってきた息子のお弁当作りが
2月25日に終了しました。
息子は、片道50分をかけて自転車で高校まで通っています。
電車とバスを乗り継ぎ行くという方法もあるのですが、
部活動で剣道をしているため、体力を付けるという目的と、
家計にも気を使ったのか、高校入学当初から自転車で高校まで通い続けました。

毎日、通学カバンを前カゴに入れ、体操服や袴などを入れた補助バッグを
その上に積み、剣道の防具袋を後ろに積み、
竹刀袋をサドルの下からハンドルにかけて固定して通学していました。
そんな息子の頑張りに対して、毎日作り続けたお弁当の最終日は
少しお弁当を工夫することにしました。
おかずにはいつもより少し彩の良い物を、
ご飯の上には味付け海苔をハサミで切り
「がんばって行ってくれてありがとう」と
メッセージを書きました。

お昼が近付くにつれ、息子がお弁当を開けた時に
どんな顔をするかなと思いドキドキしましました。
「恥ずかしくないかなあ」、「喜んでくれたかなあ」、
それとも「友達にからかわれて、怒ったりしてないかなあ」
といろいろな想像をしながら息子が帰ってくる時間を楽しみにしていました。
帰宅した息子は、正座をして「6年間、お弁当ありがとうございました」
「お昼にお弁当食べるのがいつも1番の楽しみやったわあ」
と深々と頭を下げお礼を言ってくれたんです。
うれしくて、うれしくて「遠いところがんばったね」
と返事をするのがやっとで後は涙があふれ言葉になりませんでした。
愛情を込め作ってきたお弁当ですが、
「いつもそんなふうに思ってくれてたんや」と思うとともに、
「きちっとお礼の言える子になってくれたんやな」と
18年間の成長の証を知ることができました。
また、仕事を終え帰って来た主人にその話をすると
「君の育て方が良かったんやな、いい子を産んでくれてありがとう」
と言われ「うん」と答え、また涙がこぼれました。


■京都府宮津市 明子

先日、午前中用事で出掛け、それが済んで時計を見ると
バスの来る時刻が過ぎていました。
1度は諦めましたが、この日は雪で、道路にも積もっていたので
「ひょっとして遅れてるかも・・・」とバス停に向かいました。
すると、バスが見えました。
しかしバス停はまだ先!一生懸命走りましたが間に合いません。
「手を振れば気づいてくれるかも、でも恥ずかしい」
バス停に止まったバスに誰も乗車しなかったので、バスは走り出しました。
でも、対向車が来たのでバスはまたストップ。
このバスを逃すと家まで晴れた日でも徒歩40分かかり、
次のバスが車で1時間半もあります。
私は必死で雪道をその間も走り続けました。
すると、バスは対向車が通りすぎても、止まったまま、
そして運転手さんが窓から顔を出して、「乗りますか?」と
声を懸けてくれました。
なんとかバスに乗り込み、息を弾ませながら「すいません」という私に
運転手さんは「大丈夫ですか?」とまた声を懸けてくれました。

終点で降りるとき、いつも運転手さんに「ありがとうございました」
と言うのですが、この日はその後に「本当に助かりました」
とお礼をいいました。
すると、運転手さんは「大丈夫ですよ、足元に気をつけてくださいね」と一言。
前に乗った時の運転手さんは私がお礼を言っても何も言わなかったのに、
ちょっとした言葉で、とても心が暖かくなりました。
バレンタインデーの日の運転手さん。
ありがとうございました。

▲ページトップへ

2015.3. 9【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」
本日は太田幸司さんにお越しいただきました。

テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手が右肘じん帯を損傷しました。
太田さんは、「怪我の要因としてはメジャーのマウンドが硬く、
ステップが小さくなっていたことが挙げられます。
その結果、上体だけで投げるので肘や肩に負担がかかってしまった。
手術をすると復帰に1年ほどかかるでしょう。
しかし、手術をせずに早期に復帰した場合、
後になってさらにひどくなることも考えられます。
つい先日、交際中の山本聖子さんのおめでた報告があっただけに
残念なニュースです」とコメントしました。

さらに日本のペナントレースについて太田さんは、
「読売ジャイアンツは打線の調子が去年の秋と全く一緒なので、
このまま開幕までいくのであれば優勝は厳しいかもしれない。
投打のバランスからいうと阪神タイガースの戦力が1番でしょう。
また、広島東洋カープの黒田投手は
直球勝負ではなく、ツーシームなど変化球を駆使しているのが
いかにもメジャーらしい投げ方ですね。
広島はきっと台風の目になると思われます」
と今季の予想をしていました。

▲ページトップへ

2015.3. 6【金】
出会い燦々

今日は、ドキュメンタリー映画監督の榛葉健さんにお越しいただきました!

榛葉さんは、毎日放送に入社し、もともとドキュメンタリーを制作されていた経験もおありですが、東日本大震災が起ったときには、毎日放送の“ボランティア休暇制度”を利用し、個人の立場で現地へ向かわれ、その後も通い続けたそうです。

当時について「最初は“被災者の方に自分には何ができるのか”わからないまま現地へ向かいました。ある避難所で、大阪から同行したボランティアの合唱を聞いて気仙沼高校の女子高生が涙を流しており、話を深くきいていくうちに彼女を題材としたドキュメンタリーを作成したいと思ったんです」とお話されていました。

なぜ、テレビではなく映画で発信するのか、という点について伺うと
「テレビやネットは視聴者にわかりやすいように情報化します。しかし、このドキュメンタリーでそれをすると、彼女や被災地の人の人生を“見せ物”にしてしまうと思いました。

“手を加えず、ありのままを描く”ということを意識していましたし、それに1番適したものが映画だったんです」

本日3月6日に「うたごころ(2012年版)」神戸上映会が行われます。
<「うたごころ(2012年版)」神戸上映会>
昼の部は1時30分から。(夜の部7時〜)
場所は東灘区民センター「うはらホール」で行います。
料金は当日2300円 お問合せはコープこうべ 078−856−1105
東京でも3月10日で上映会が行われるので、是非みなさまさんご鑑賞ください。
榛葉さん、朝早くからありがとうございました。

▲ページトップへ

2015.3. 5【木】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

よそではなかなか聞きづらいお悩みや疑問に対しておっさん2人でお答えさせて頂きます!


■ラジオネーム:播磨の問題児 さん
「今や国民食ともなってるカレー。
その食べ方として、カレーライス、カレーうどん、カレーラーメン等多々あります。が、すべて熱々で食べますよね。
なのに、カレーパンは中のカレーが冷たくても食べれるのは何故なんでしょうか??」

<回答>
松井さん「冷めても美味しく食べられるように作っているんですよ」
リスナーさんからも「カレーパンの具をスープで伸ばしたら普通のカレーと同じようになるそうよ」というメッセージを頂きました。

■ラジオネーム:空弁食べたい さん
「すみません、オバサンになりたくない46歳からの悩みです。
方向音痴で悩んでいます。東西南北って聞いたり、書いてあるだけでもゾッとします!地図も読めず、回してしまいます。治りますか?改善方法ってありますか??」

<回答>
子守さん「アプリを使ったら簡単に訓練できると思いますよ」
金曜アシスタントの高井さんも相当の方向音痴だそうなので、明日の6時台オープニングで、高井さんに解決方法を答えて頂きます!

曜日を飛び出してのお悩み相談!みなさん、明日の高井さんの回答を聞き逃さないで下さいね♪


来週も、もしかしたら、回答らしい回答が出ないかも知れませんが、
みなさんのささいなお悩み、お待ちしていまーす!

▲ページトップへ

2015.3. 4【水】
ブックウェンズデー

タイトル:ランチのアッコちゃん
著者  :柚木麻子
出版社 :双葉社

派遣社員の三智子。
彼女は、彼氏にフラれて落ち込んでいました。
フラれた時に彼氏から言われた
「YESしか言えない、NOと言えないじゃないか!」という言葉で
食欲も無くなってしまいます。

そこへ雲の上の存在である黒川敦子部長、通称“アッコさん”から
「一週間、ランチを取り替えっこしましょう」と声がかかります。
部長からイチ派遣社員の美智子に声がかかるなんて!びっくりはしていたものの
その提案を美智子は引き受けます。

美智子はいつもお弁当。
部長はいつも外でご飯。
美智子としては、とてもラッキーな取り替えです。

迎えた初日。
部長からもらったのはポチ袋(お金)と地図。指定されたお店で昼ご飯を食べます。
初日月曜日は、カレー屋。店長は、プロではなく趣味で作ったカレーを売っています。
そんなちょっと面白い展開が火曜日からも続きます。
さて、美智子は失恋から立ち直れるのでしょうか?
そして敦子部長の意図とは?

是非、続きは本で読んでもらえたらと思います。

ちなみに5月からドラマ化されてテレビで放送されるそうです。
配役はまだ未定です!

▲ページトップへ

2015.3. 3【火】
朝イイ話

■堺市  ラジオネーム:グッチョンさん 

我が家の31歳の娘が同じ会社の方と1月11日に入籍しました。
学生時代から「結婚式は物凄く恥ずかしいから式は絶対に挙げない」と
言い続けていて、私達が「式を挙げたら?」というと
娘は「自分達の事は色々考えてるから黙って見てて欲しい 。
結婚式より新婚旅行にお金を使いたい」というので、
それ以上は言いませんでした。
ところが、式を挙げなかった事が社長の耳に入り、
会社主催で2人の為に結婚式風のパーティーをしてくださいました。
ケーキカットや社員の皆さんも色々な余興も披露して下さり
大変お世話になったそうです。
娘がそれでも物凄く恥ずかしかったと私に愚痴を言うので
「あんたの為も有るやろうけど、結婚相手の彼がパートのおばさんたちにも
優しくて、何を頼んでもいやな顔もせず、皆から好かれていて
仕事も真面目な彼の為にパーティーをしてくれはった事を忘れず
もっと感謝せなあかんよ!」と言ってやりました。
社員の皆さん!!!二人の為に本当に有り難う御座いました。
心からお礼申し上げます!
後 2人は皆さんに感謝して下さいね !
そして何時までも末永く幸せに添い遂げて下さい!!!
それが恩返しになることを忘れないでよ!


■奈良市 ラジオネーム:ペケポン

いよいよ世間では就職活動が始まりましたが、うちの息子も就活の年なんです。
ただ、高校の途中から始めたバンド活動に精を出し、
全然就活を始めようともしていませんでした。
大学の受験にもきちんと合格をして、熱中できることがあるのはいいことだと
思って口を出さずにいたのですが、就職が関わってくると話が変わってきます。
ミュージシャンで食べていけるほどの技術はないというのは
息子も分かっていたようですが、なかなかやはり諦めるまでに
踏み出せないといった様子でした。
周りのママ友達から「息子が就職説明会の予約をしていた」
といったような話を聞いて焦る日々が続いていました。
こないだの日曜日、家を出て行く息子がギターケースを持っていなかったので
「どこに行くの?」と声をかけてみました。
すると、「ゆうすけ(息子の幼馴染)が就職説明会に行くらしいんやけど、
一人で行くのが不安だからお前も来てくれと言われていってくるわ」
という返事が返ってきました。
ゆうすけ君のお母さんには息子の就職の話を相談したことがあり、
最大限協力すると言ってくれていたんです。
そこのお母さんとゆうすけ君が共に協力してくれたようで、
母子ともに持つべきものは友達だなと痛感しました。
まだ一度説明会に行っただけなのですが、母親の私にとっては大きな前進です。
夢を諦めて違う道を進むという辛い決断をした息子を全力で
サポートできるように頑張ろうと思います。
子守さんも、どうか息子を応援してあげて下さい。

▲ページトップへ

2015.3. 2【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」
本日は藪恵壹さんにお越しいただきました。

藪さんは、2月中は沖縄で阪神タイガースのキャンプ取材に行っていました。
「先発ローテーションですが、5・6番目に岩本投手やドラフト1位の
横山投手などが入ってきて、今年はまた違ったローテーションになるでしょう。
また、西岡選手・上本選手のセカンドのポジション争いについては、
監督がまだ結論を出していません。
打率がいい方がレギュラーのポジションにつくべきなので、
オープン戦の様子を見てからでもいいのでは」とコメント。

そして、オリックスバファローズのキャンプにも顔を出した藪さんですが、
「多くの人がつめかけてすごい賑わいでした。
今年はタレントが揃っているので、いろんな打順の組み方ができるでしょうね」
と期待していました。

▲ページトップへ