子守康範 朝からてんコモリ!
日替わり!おかわり!てんコモリ!
バックナンバー

2017.12.13【水】
今朝のちょい盛りチェック

『 24時間戦えません ビジネス戦士〜♪ビジネス戦士〜♪ 』
               
今日は日経流通新聞の特集記事からです。
                           
8の字のチョコレート菓子などを販売している、
古田製菓の広告塔として働いているフルタマンの写真が出ています。
宇宙から来たらしいということ以外、詳細は不明。お菓子で笑顔を届けるのがミッションだそうです。
「テレビに出ている他のヒーローと志は一緒」と課長は言っているそう。
CMでは腕をぐるんぐるんと超高速で回す「フル体操」をしている。
お菓子メーカーらしいおかしいCMを目指しているのだそうです。
生き残るのは強い企業ではなく変化するものだけが生き残る、とのことです。
               
佐賀市にある山城ガスという会社では、「ヤマシロン」がパソコンの前で仕事をしています。
営業部ヒーロー課というセクションに所属。イベントに行くと名刺交換もしている。
良い子の皆さんには秘密ですが、
戦隊ものですが中の人を外注しているので
イベントがある度に外注さんが必要なのですが、
来年の春ヒーロー役を新入社員が入ってくるのでこれからどんどん予定とのこと。
              
近年ゆるキャラがたくさんいますが、彼らは動きにくいという難点があります。
戦隊ものだと本人が色々と動くこと ができるのです。
                              
子守「この記事とは別なのですが拍手ができるロボットというのがいて、
    拍手で人の気を引き付ける、というのもいます」

▲ページトップへ

2017.12.12【火】
今朝のちょい盛りチェック

『届きました!忘れてました!』

スペシャルウィーク2日目の今日
子守さんがずいぶん前に注文したある物が届きました。
         
今年の4月、香取慎吾さんと中居正広さんが共演したスマステーションで紹介された商品
くにをの「鮭キムチ」です。
1日500個しか作っていないそうで、現在1年待ちの商品なんだとか・・・・・
それを注文したことをすっかり忘れていた子守さん
それもそのはず。
注文したのは今年の4月
半年以上待ちやっと届いたのです。
それを子守さん、斉藤さん、古川さんの3人が
白ご飯とともに食べました。
         
刺激的な辛さではなく、食べえると止まらなくなるタイプの美味しさとのこと。
ただ、1瓶250g入り1080円・・・・・・ガツガツ食べていると
「おかわり!」と言っても次ぎに食べられるのは1年後!
一切れ一切れ味わって食べていました。
         
そんな鮭キムチですが、現在類似品が出回っているそうです!
食べたい方!気をつけてください!

▲ページトップへ

2017.12.11【月】
今朝のちょい盛りチェック

「暗闇合コン」
      
今日は「合コン」についてのお話。
子守さんは「なんか世の中間違ってます〜」と
すこし苦言を呈しながら紹介したのは、
「深夜徘徊合コン」!
       
向かい合って話すことが苦手な人達が、
深夜に同じ方向を向きながら、
顔を合わせずに話すことができると
今人気中だそうです。
       
自然と会話が運び出し、
「暗闇の合コンなら、可愛くなくても話せる」といった
女性側の意見があるそうです。
深夜の街を歩く距離感が楽しいそうです。
「どう思いますか〜」と子守さんは首をひねっていました。
藪さんは、「昼間に会いたい」と正直に話していました。
       
そして暗い空間で、アイマスクをしたまま行う「暗闇合コン」というのも
流行っているそうで、手を繋いだ時の ”しっくり感 “が
ポイントなんだそう。
       
古川さんは「なんか嫌だなぁ〜」と微妙な顔をしていました。
皆さんはどう思いますか?? 

▲ページトップへ

2017.12. 8【金】
今朝のちょい盛りチェック

「トトツート、ツート」
      
今日は、電報についてのお話。
5時台にウナ電の話をしていた子守さんは、
ウナ電について説明しています。
ウナ電とは至急電報の意味で、 UR (urgent)の欧文符号を
和文符号として読むと「ウナ」となることから、
ウナ電とつけられたそうです。
       
リスナーさんからは、電報についてのメールもいただき、
電報の文化が薄れた理由について、
「笑っていいともが終わったことも影響してるんじゃないでしょうか?
人気コーナーの”テレフォンショッキング”の時に電報を送ったり
していたのが終わってしまったから」と独自の分析を
送っていただきました。
       
そして、話題は「タラララララーン」とマジックのテーマ曲によく使われる
「オリーブの首飾り」を子守さんは歌い、マジックの話題へ。
       
神戸にあるマジックレストランは、
スタッフがマジックをして、種を見破れば無料になるそうです。
値段が上がると手品の難しさが上がり、3500円の
1ポンドのステーキともなると、かなり難易度はあがるそうです。
         
最後は、福袋の話題へ。
体験型福袋が人気だそう。
「織田信成さんのスケート教室 2018円」
「銀シャリと一緒にユーチューバー体験 3万5千円」などが人気だそうです。
子守さんは「僕もオンリーワンの福袋を考えたいなぁ」と
頭をひねっていました。
      

▲ページトップへ

2017.12. 7【木】
今朝のちょい盛りチェック

『 優しい日本語 』
                 
今日は朝日新聞 生活面の記事からの紹介です。
               
先日久米宏さんの本をご紹介したり、久米宏さんのニュースの紹介の仕方を紹介しました。
そこでは、分かりやすくするには文章を短くしたらいいと。ニュース原稿や新聞等は、それはあまりできていないというのがあります。
まとめようとしたらどうしても長くなってしまうのだけれど、優しい日本語というのは阪神大震災をきっかけに
外国人で日本語があまり上手でない人たちのために本当に大事なことを伝えるためにはどうしたらいいのかという観点から考えます。
                
要は、「分からないのにそれを伝える術がわからない」。そこにどう向き合うのかということです。
例えば、「病院に行く時は御金と健康保険所診察所、診察手帳か今飲んでる薬を持ってきてください」
特に難しい言葉じゃないような気はしますが 名詞が多くて漢字が多いです。
病院に行く時は以下の物を持ってきてください。・お金 ・健康保険証 ・診察手帳 
のように書いて貼っておく方が最初の文章よりは分かりやすくなります。
                
朝日新聞1面の記事にも載っているのですが
東梅田の駅から第四ビルに上がっていく短いエスカレーターがあるところの目線がいかないような場所にステッカーがたくさん貼ってあります。
色んな注意事項などが書いてあったりするのですが、これは何のために貼っているのでしょうか?
これを貼らないといけないルールがあるのであれば、これを貼れと言われた人はそれの意味をどこまで分かってやっているのでしょうか?
              
特に震災とかいうような時にはもっともっと精査していかないと結局情報が伝わらない
ということで失われる命があったり怪我をする人が非常にもったいないという風に思います。
阪神大震災のときに災害情報から取り残された外国人の数は日本人の2倍、怪我をした人が2.4倍居たそうです。
              
子守「使う言葉を出来るだけ分かりやすく、単語の数を減らすといったことで分かりやすく、子どもに向けての情報発信にも役に立つと思います。」

▲ページトップへ

2017.12. 6【水】
今朝のちょい盛りチェック

『 東〜アマゾン・エフェクト〜、西〜任天堂ゲーム機〜 』
    
今日は日経MJから、2017年ヒット商品のお話です。
     
2017年ヒット商品番付が発表になっています。
それによりますと、
東の大関は来秋の引退を発表した安室奈美恵
西の野大関は、音声操作で音楽再生や買い物が可能になるAIスピーカー
東の関脇は、GINZA SIX
西の関脇は、ゾゾタウン
小結は、シワ取り化粧品、睡眠負債商品
前頭には、AbemeTV、iPhoneX、うんこ漢字ドリル、ハンドスピナー、ウーバーイーツ
などなど、2017年を代表する商品が並びました。
2017年のヒット商品の共通点は、家(ウチ)を満たすことでした。
家の中での生活ををより便利に楽しくするインターネット通販は生鮮食品やファッションと言った取扱商品の深みが増しました。
また、社会構造の変化の流れの中、人それぞれが心のうちに抱える思いや悩みに作用する
賞品・サービスも効き目が大きかったようです。
2017年ももうすぐ終わります。
来年はどんな商品がヒットするのでしょう?

▲ページトップへ

2017.12. 5【火】
今朝のちょい盛りチェック

『 E.T. Go home 』 
         
先週番組を休んだ子守さん。
休んでいるとき、映画『E.T.』を見たそうです。
       
そこで今日はちょい盛りチェックは、ロマンいっぱいの宇宙のお話しです。
1977年に打ち上げられたボイジャーが37年ぶりにエンジンを噴射させることに
成功しました。
ボイジャーは、2012年、人工物として初めて「太陽圏」を離れ、
「星間空間」に入りました。現在は地球から約200億キロ離れた宇宙で観測を続けています。
そんなボイジャーには地球外生命体に発見されたとき、地球のことを知ってもらうため、
55の言語での挨拶や、地球の音が収録されているレコードを搭載しています。

地球の音として、日本は尺八、アメリカはチャックベリー、ペルーはコンドルは飛んでいくなどなど収録されています。
この間にもボイジャーはどんどん地球から離れていっています。
太陽のような恒星に近づくのは4万年後だといわれています。
「もしボイジャーが地球外生命体に発見されたとき、立派な地球にしておくために
後の世代へとバトンを繋いでいかないといけないですね」と子守さんは言っていました。
   
皆さんは4万年後の地球、どうなっていると思いますか?
朝からてんコモリは・・・・・・・・・続いているのでしょうか?


▲ページトップへ

2017.12. 4【月】
今朝のちょい盛りチェック

「I`m a perfect human〜♫」

去年の流行語から始まった、今日のちょい盛り。
子守さんは「完全なる食事」についてのお話をしました。
「COMP(コンプ)」という完全食があるそうです。

完全食とは手軽に1日に必要な栄養をすべて取る事ができる、
夢の様な食事だそう。
この「COMP(コンプ)」は、白い粉のもので
シェイカーでプロテインのようにして飲むのが
正しい摂取方法です。

ポイントは、この粉からできたドリンクしか飲まないということ。
古川さんは「赤ちゃんのミルクみたい・・・」と言っていました。

「COMP(コンプ)」の創業者は、
バランス栄養食品を食べすぎて倒れたことがあるそうで、
完全栄養食を作ることを目指したそうです。

太田さんは、「すごい時代ですね〜。体重落とせるかな?
こ番組で、僕と子守くんと、藪と亀山で挑戦してみましょう!」と
少し期待していました。


▲ページトップへ

2017.12. 1【金】
今朝のちょい盛りチェック

「エンディングに向けて」
インテックス大阪にて、人生エンディング展がひらかれたそう。
      
「棺に入る体験なんか、人気みたいですよ〜」と高井さんは言っていました。
3日間で1万5千人が入場した人生のエンディング展は、
野球場の形が印刷されている棺桶や、野球ボール型の骨壷
ゴルフバージョンの骨壷、サッカーバージョンや釣りバージョンの骨壷
などなど様々な品物揃えているそう。
       
「おくりたたみ」という、棺桶の敷くためのたたみも人気だそう。
裏面に寄せ書きを出来るのが、ポイントです。
      
高井さんは「新しい畳っていうのがいいですね〜」と感激していました。
        
すでに年間6万枚の需要があるそうです。
        
子守さんは、「私の場合は、体に合う大きさのものを探さないと・・・」と
寂しそうに語っていました。

▲ページトップへ

2017.11.30【木】
今朝のちょい盛りチェック

『 くるくるバー 』
     
今日は朝日新聞のザ・コラムからです。
サッカーのワールドカップはテレビの前にかじりついて観ますが、
こちらのワールドカップも刺激に満ちています。
「スタートアップ・ワールドカップ」
書類選考で選ばれた10人の起業家が1千人の聴衆の前で、事業の将来性を売り込みます。
これに登場したフィルム農法
透明なフィルムに野菜が張り付いています。これをつかえば砂漠でも野菜を育てることが可能になります。

堺市のミツギロン工業が開発したのは電線を鳥から守る「くるくるバー」
遠方からは止まり木のように見えるが、
力が掛かると部品が回転するため鳥が止まれないようになっています。

子守さんは堺市の会社がこういう発明をしてくれてうれしいと言っていました。

▲ページトップへ