子守康範 朝からてんコモリ!
日替わり!おかわり!てんコモリ!
バックナンバー

2017.4.27【木】
今朝のちょい盛りチェック

『 絶対 先生家にあげへんで! 』
          
今日はおっさんふたりへの質問
「家庭訪問に学校の先生が来るが、絶対に家にあげたくない」(富田林市 RN:すっぱむーちょ)の
答えをリスナーさんが送ってきてくれたので、それを紹介しました。
                
■堺市堺区 RN:明日やろうは馬鹿野郎
バルサンを焚いてはどうですが?
「バルサン焚いてますけど入られます?」
「ちょっとバルサン掛かってますけどお茶菓子いかがですか?」など
              
■兵庫県明石市 RN:明石の江見ちゃん 会員番号 762
私は『絶対に一歩たりとも上がらせない!』という主義で、玄関の上がり框に、
すでに座布団を敷いてお迎えしていました。
マンションに住む友人は、玄関にイスを置いてお迎えしていましたよ。
              
■西宮市 RN:ま〜くんママ 会員番号 9085
うちの娘は小学校の先生で今まさに家庭訪問週間なので、娘にこの相談のこと聞いてみました!
先生を家に上げたくなければ、玄関先で失礼しますとはじめに一言伝えれば、
部屋には上がらないと言ってます。無理に部屋に上がることはしないと言ってます。
               
などなどリスナーさんからも回答たくさんいただきました。
果たして、すっぱむーちょ さんは無事に家庭訪問を終えることができるのでしょうか?
              
今日の本題は朝日新聞からの記事です。
子どもたちに無料か低価格で食事を出す「子ども食堂」の広がりで、
食の支援への関心が高まっています。
そんな中、イングランド北西部の町、ブラックプールにあるキンクレイグ小学校では、
始業前に朝食を無料で提供しています。
授業への集中力を高め、マナーや生活習慣を身につけさせようと町が2013年より始めました。
所得制限を設けると、ギリギリの子供を取りこぼしてしまうし、
貧しい家庭の子供というレッテル針を避ける目的もあります。
            
テレビなどのグルメ番組などでスポットがあてられるような側面以外の
食の重要性にもスポットを当てるべきですね。と子守さんは言っていました。

▲ページトップへ

2017.4.26【水】
今朝のちょい盛りチェック

『 歩こう♪ 歩こう♪ 私は元気〜♪ 』

今日は読売新聞家計面からのお話です。
   
路地裏や商店街を地元通のガイドとともに散策し、じっくりと地域の良さを味わう
「町歩き」ツアーがシニアを中心に人気となっています。
クラブツーリズムが4月に行った銀座周辺の路地裏散策ツアーには
50〜80歳代の27人が参加。約3時間かけて銀座発祥の碑などをめぐります。
このほか、神楽坂、丸の内などをめぐるツアーも。
参加者は15年には1万4千人、16年には2万5千人に増えているそうです。
「宿泊旅行は一人では難しい」という方いるそう。
町歩きのように、出会った先で会話する
「つながる」を大切にした旅が求められてるのかもしれません。
バスツアーを行っている子守さん。
町歩きとして、第3ビルの地下を巡る旅をしようかなと提案していました。

▲ページトップへ

2017.4.25【火】
今朝のちょい盛りチェック

『 もっと聴いてネ MBS 』
               
TBSラジオが聴取率調査週間に「ぼんやり審議会」という番組を放送していました。
ラジオ好きな人たちが、減り続けるリスナーにどう対処するかについて話した番組。
その中でNHK放送文化研究所が出したある調査結果が取り上げられていました。
それは、聴きたくない人に1週間ラジオを聴いてもらいどうなるか?という調査です。
現代ではラジオを聴かないことが普通になりつつあります。
そんな中、1週間無理やり聴いてもらうこの調査。
実施人数は996人と約1000人にもなります。
その996人の方々のうち何%が、1週間無理やりラジオを聴かされた後、
今後も聴きたいと答えたでしょう。
斉藤さんは50%、古川さんは35%と答えました。
結果は・・・・・・なんと94%もの方々が聴き続けたいと回答。
さらにその2週間後、抜き打ちテスト的に何%が聴き続けているか調査したところ
75%の方々が聴き続けていました。
さらに4ヶ月後、聴き続けていたのは52%だったそうです。
   
ラジオは聴いてみると、もっともっと聴きたくなるということでしょう。
どうやって聴き始めてもらうか。これが今後の課題ですね。

▲ページトップへ

2017.4.24【月】
今朝のちょい盛りチェック

きょうは亀山さんによる5月5日(祝)阪神タイガース対広島東洋カープのチケットプレゼント企画を行いました。
当選者はおひとりで、さらに「亀山さんの情に訴えかける理由を明記」と朝早くにはハードルの高い応募方法でしたが、100通近くおたよりをいただきました。
その中から見事、亀山さんの心を動かした方は…
「久しぶりにやって来る孫二人とゴールデンウィークの思い出を作りたい」と送ってくださった“ちゃちゃ丸”さんでした。
おめでとうございます!!


朝早くから応募してくださったみなさん、ありがとうございました!

▲ページトップへ

2017.4.21【金】
今朝のちょい盛りチェック

きょうは、国税庁が5月に行うインターネット公売について話しました。
インターネット公売は国(国税局、税務署)が差し押さえた財産を入札など によって売却する制度のことです。
今回は滞納した税金を徴収するために差し押さえたバイク22台が出品されます。それも限定販売やカスタムバイクなど珍しいものも多く、これほどの台数を一斉に公売するのは初めてだそうです。
最低入札価格が180万円で最も高いのは絶版車のカワサキ「Z1100GP」だとか。
バイク好きの方は是非チェックしてみてください!

▲ページトップへ

2017.4.20【木】
今朝のちょい盛りチェック

『 松井さん 本番です 』
CMおわり、子守さんが松井さんに質問したところ、
考えている風に黙っている松井さんでしたが、なんと本番中ではないと思っていたそうです!

今日のちょい盛りチェックは間違い電話についてです。
と言うのも、子守さんは一昨日、鈴木杏樹さん出演の舞台「わらいのまち」を
観劇に行ったのですが、そこで杏樹さんにあいさつするため、
マネージャーに電話したのところ、対応が悪く、しかも杏樹さんにあいさつできなかったとのこと。
そのことで少々ご機嫌ナナメだったのですが、
何と子守さん、マネージャーの電話番号の下1ケタを間違えていたらしく、
全く違う、知らない人電話をしていたことが分かったのです。

リスナーさんも間違え電話をしたことがあるそうです。

■兵庫県赤穂市 RN:び〜ちゃん さん 会員番号13049
僕も下一桁違いの間違い電話をした事があります。
会社からメモをもらった取引先の電話番号が以前聞いた番号と下一桁違ってたんです。
先方の会社の沢山ある携帯の一つだろうと思い約束の朝8時に電話。
出ません。あれ、と思いつつ5分後に電話。出ません。
そんな事を3〜4回繰り返した後に出ました。
いかにも眠そうでけだる〜く色っぽい女性の声で「もしもし〜」
やばいと思いつつ
○○さんですか?と聞くと
「違います〜」
と しゃがれた色っぽい女性の声
平謝りで電話を切りました

とのことです。電話だけでなく、間違えメールをしたリスナーさんも・・・・・

■大阪市城東区 RN:城東区のオバサン 会員番号14505
その昔、メールのやり取りをしながら野球を観ていた時、
大チャンスに城島がゲッツーだったので、ムカついて、即、
「何してんねん!一回死ぬか!💢💢」と、送信した後、ふと見ると、
友人では無くお世話になってるヘルパーさんへ送信してたのです。
大慌てで電話しても相手は出ない。焦りながらご送信の旨を伝えるメールを送っておいたら、
暫くして「愉快です」と、返信が届きやれやれ…
でも、その後そのヘルパーさんとは、違うヘルパーさんになりました。
    
色々ありましたが、人は間違いをするものと開き直る子守さん。
ただ、力を込めて何度も「わらいのまち」の宣伝をしていました。

▲ページトップへ

2017.4.19【水】
今朝のちょい盛りチェック

『 3高4低を考える 』
             
今日は朝日新聞から、独身女性が独身男性に臨むもの3高4低に関する記事のご紹介です。
以前は高身長、高学歴、高収入の「3高」が求められていましたが、
今は、3高は当然として、加えて「4低」も必要なんだとか。
4低とは、
女性に対する『低姿勢』、
家事や育児を女性に任せず手がかからない『低依存』
リストラや心変わりの危険が少ない『低リスク』
贅沢をしない『低燃費』
だそうです。

大塚さん曰く子守さんは「3高はそろっているが、4低は・・・・・・。」とのこと。
記事には真心を持って接することが大事!と書いてありました。
それに対して
大塚「真心は大事ですよ!ただ・・・・・それだけじゃ・・・・。」
萩原「3高4低が一つでも多くあてはまるに越したことはない。」
だそうです。
男性はとにかく低姿勢でいきましょう!と子守さんは言っていました。

▲ページトップへ

2017.4.18【火】
今朝のちょい盛りチェック

『 海北友松! 』
       
今日は火曜日コモんテーターの斉藤さんの代打で、
元水曜コモんテーターの相原さんが来てくれました。
相原さんは部署が変わり、毎日新聞主催のイベントに携わっています。
そこで!今日は相原さんがお持ちだった
京都国立博物館で開催される「海北友松展」のチケットをリスナーさんにプレゼントすることに。
メールとFAXにてたくさんのご応募頂きました。
その数100通以上。
■京都市東山区 RN:バーバラさん
初めての番組参加です。
京都国立博物館は歩いてテクテクコースです。
            
■赤穂市 RN:ふみおさん
娘が京都に住んでいるので、顔見に行きがてら、博物館にも行きたいと思っています。
          
■京丹後市 RN:ごんちゃんさん 会員番号1193
農作業が忙しいですが、ゴールデンウィーク前に少しですが暇な時間ができますので、
嫁と二人で行きたいと思います。
             
■堺市南区 会員番号770
前に主人と動画を見てスッゴイなぁって!

などなど多くのご応募ありがとうございました!
100通以上のご応募の中から、目をつぶって相原さんが選んだのは・・・・・・
尼崎市の方とRN:kon(豚)もおだてりゃ木に登るさんのお二人でした。
           
今回は展覧会のチケットを持ってきてくれた相原さん。
次はどんなチケットを持ってきてくれるんでしょう。
相原さん今日はありがとうございました!

▲ページトップへ

2017.4.17【月】
今朝のちょい盛りチェック

きょうは、作家・島田雅彦さんの「恋について」のコラムを紹介しました。
島田さんはヒトの「モテ」ポイントに歌がうまいことを上げ、詩の才能が必要不可欠であると話しています。
また、島田さんが女子によく訊ねる三択問題というものがあるそうです。
それは男を選ぶポイントとして、「次の三つのうちでもっともあなたにとって重要なのはどれか?」という問題。


1、 容姿 2、カネ 3、徳


容姿と答えるヒトはわりと迷いがないが少数派で、島田さんによると徳と答えるヒトが圧倒的に多いそうです。これは一種の精神分析みたいなもので、相手に無意識に求めているものが分かるのだとか。
ちなみに、古川アナウンサーは“3”を選び、
亀井アナウンサーについて「優しいですよ」と答え、藪さんは“1”と即答していました。

▲ページトップへ

2017.4.14【金】
今朝のちょい盛りチェック

きょうは、盛り上がりを見せるスナックについて話しました。
最近、昭和の遺物のイメージの強いスナックが再び脚光を浴びています。飲んで歌って、常連らしく振る舞わなくては・・・。そんなハードルの高さを感じさせない新趣向のお店も増え、店内には若い姿も。客やママとの会話という根幹の魅力は保ちつつ、楽しみが広がってきているようです。
またスナックの常連という首都大学東京の谷口功一教授は、研究者仲間らを集め「スナック研究会」を立ち上げたそうです。スナックのカウンターにレジュメを広げ斬新なテーマを大まじめに議論するのだとか。
子守さんのスナック愛にも火が着いたのか、コーナーの最後にスナックについて熱く語っていました。

▲ページトップへ