放送後記

今回は、カレーの話からスタートしました。
ここ数年ようやく、リスナー、ファンの皆さまにだけでなく、世間の皆さまにも、カレー好きが少し認知されて来たのか、雑誌や番組の取材、カレーフェスなどからのお誘いが来るようになりました。
それは、この番組にカレー情報局があるのも大きな要因の1つではないかと思います。
嬉しい限りですね〜。☺
これからも、引き続きカレー情報局もよろしくお願いしますね。

さて、ゲストにはACIDMANの大木伸夫さんからコメントを頂きました。
先日、Billboard東京でロッキンカルテットというライブを一緒に作らせて頂きました。
とても、いろんな挑戦をさせてもらえたし、それを快く楽しんでくれる大木さんの懐の深さと、ブレないボーカル力には尊敬の念で溢れてます。
是非またステージで、そしてこの番組で、一緒できるのを楽しみにしてます。
コメントありがとね。

そして、久しぶりに「私の好きな音」のコーナーがありました。
ストレートに、この曲弾いてっ❗って言ってくれるのは、嬉しいね。
あっ、今回のリクエストは「ビートルズ弾いてっ」って抽象的なパターンでしたね。(笑)
この番組以外で、ビートルズ弾くことなんて今まで1回もなかったから、レアだよね〜。
また、何かちゃんと曲名書いてリクエストしてくれると嬉しいな。
ドシドシ、メールをお待ちしております。

では、また次回。


NAOTO

松本圭司

今回は、ピアニストの松本圭司さんと2人でお送りしました。
圭司くんは、ご存じの方も多いですが、あのスーパーフュージョンバンドT-SQUAREにも在籍し、卒業後、色んなアーティストのライブやレコーディングでピアノを弾いておられ、そして僕のバンドのバンマスもずっとやって下さっているだけでなく、ご自身の作品も多数発表しているスーパーピアニストです。

色んな形で、圭司くんと音楽をやらせて頂く機会も多いのですが、改めてヴァイオリニストとして、圭司くんの作品を弾くのはとても新鮮で。
アーティストとしてではなく、一人のヴァイオリニストとして技術力と> 理解力を試されているような気がして、セッションは気合い入りましたね。
特に、2人きりだったし。
それにしても、圭司くん上手いなぁ。(笑)

カレー情報局も、やっぱりカレー師匠とのトークは盛り上がりますね。
でも、今回ほとんど卵の黄身の話でしたね。
まっいいか、卵の黄身は大阪カレーの象徴やしっ❗(笑)

では、また次回。
お楽しみに〜。
 
 
NAOTO

名渡山遼

今回は、番組冒頭からウクレレプレイヤーの名渡山遼さんが、番組に参加してくれました。

名渡山くんがハワイから戻ってきたばかりだったので、ハワイに行ったことがない僕に、ハワイの爽やかな風をスタジオに運んでくれて、とてもいい雰囲気からスタートさせて頂きました。
めっちゃ、ハワイ行きたくなったぞ〜!
頼む、連れてってくれ〜、期待してるぞ名渡山くん❗(笑)

そして、アルバムを出したばかりということで、そこから1曲セッションさせて頂きました。
名渡山くんのメロディって、やっぱり日本人が持っている郷愁感があってグッときますよね。
そして、それを表現するウクレレの音色は、とても温かみがあり、色んなビブラートをとても大事に、要所要所で使い分けていて、その技術の高さには、いつも感心させられています。
めっちゃ、ウクレレ好きなのがにじみ出てるよね。
そして感性だけでなく、頭いいんだろうなぁ。

これからも、どんどんウクレレを色んな所で広めていって下さいね。
そしてまたすぐ、遊びに来てね。

さて、ついに8/7にイルミナイト万博〜夕涼み〜にて、公開生放送、押尾コータロー&NAOTOの「押しても弾いてもな音」in イルミナイト万博が19:00~20:00に開催されます。
押尾さんと僕との初のコラボ番組。
トークだけでなく、演奏もガンガン二人でやりますよ❗
お楽しみに。
そして、同じ日の17:30からは、今回ゲストに来てくれた名渡山遼くんとピアニスト松本圭司くんによる公開収録「松本圭司・名渡山遼のピアノとウクレレとみなサマー」もありますよ。
是非、こちらにも遊びに来て下さいね。

では、また次回。


NAOTO

放送後記

今回は、ホントに一人っきりの放送になりました。
まっ昔から、Radioが大好きな僕としては普通のことだったはずでしたが、
この3年間、鈴木アナウンサー、三浦くん、そして多数のゲストの皆さんが
僕をしっかり支えてくれてたと実感。改めて、とても新鮮な気持ちで放送に臨みました。
他愛もない話を話すのは緊張しないのですが、やっぱり決まった原稿を読む
というのは、本当に難しいですね。
アナウンサーさんや司会者さんの偉大さを、痛切に感じています。
頑張ってちゃんと出来るようになるから、応援してね。

さて、今回の「NAOTOのどんな音」はサックスプレイヤーのキャンディー・ダルファーさんをご紹介させて頂きました。
エロカッコイイっていうのを、容姿、音の全てで初めて感じたアーティスト。
あと、細かい成長や進歩はもちろんあるのですが、一番初めのイメージ、手法をブレずに未だに続けている強さを、僕も見習っています。
きっと色んな人に、いろんな事を言われたんだろうけど、強い意志が曲、アドリブ、音色に出まくっているキャンディー・ダルファー。
僕も、「NAOTOってやっぱり○○だよね。」って沢山の人に言ってもらえるバイオリニストになるよう頑張っていこうっと。

さて、今回の一人っきりの放送いかがでしたか?
喋っているのは僕一人ですが、変わらぬスタッフの皆さん、そして何より聞いてくれているリスナーの皆さんと一緒に、楽しい番組を作っていくのでどしどしメールなどを送ってくれたり、SNSでハッシュタグ #NAOTOな音 #カレー情報局 などで番組に参加して下さいね❗

では、来週もお楽しみに。


NAOTO

ISEKI・三浦拓也(DEPAPEPE)

今回も、DEPAPEPEの三浦くん、そしてISEKIさんも遊びに来てくれました。
ISEKIさんのおかげで、賑やかで楽しい空気でお届け出来たかと。
あの番組時々レギュラーの座を、虎視眈々と狙ってきてる感じ面白いな〜。
ISEKIさんだけでなく、みんなそう言ってくれるのって、この番組を楽しんでくれてるからですよね。
ホントありがたいことです。

今回のセッションは、シャ乱Qさんのカバーでシングルベッドをお届けしました。
シングルベッドを、ボサノバアレンジにするって斬新よね〜。
それも、初めにリズムを刻むのがバイオリンからって。
たぶん、世界中でこの3人だけじゃないかな。
僕も、最近リズム刻んだりするのをよくやりますが、ボサノバパターンはやったことがなかったから、いい経験になりました。
また一つ技を覚えたかも。(笑)

カレー情報局に、たくさんの情報ありがとうございます。
今回は、情報だけでなく三浦くんの持ちギャグ「パニックスパイス〜」も織り交ぜての情報。
本当にうれしいな〜。☺
是非、ハッシュタグ #カレー情報局 #パニックスパイス で一緒に盛り上げていきましょう❗
それにしても、ISEKIさんの「パニックスパイス〜」爽やかだったなぁ。

では、来週もお楽しみに。


NAOTO

ISEKI

先週で鈴木アナウンサーがご卒業され、今週から一人かぁと心配していましたが今週は、DEPAPEPEの三浦くんが来てくれたおかげで、比較的安心してリスタートが切れたような気がします。
ホントに、ありがたいことです。
リスナーの皆さんも、これまで以上に番組に参加してきてね。
よろしくお願いします。

そして、ゲストにはシンガーソングライターのISEKIさんが遊びに来てくれました。
ISEKIさんの放つオーラは、ほんと明るくて爽やかで、スタジオ内が一気に夏らしくなりました。
セッションでも、1年半以上ご無沙汰とは思えないくらいのグルーブがお届け出来たのではと思います。
実は、リハーサルだと思ってやったのがあまりにすんなり行ったので、「録れてるなら、今のOKでいいよね〜」って、3人共が即時に言ったんですよ。☺

そして、スペシャルウィークのプレゼントに対しての、みなさんからのたくさんの熱いメール、本当にありがとうございました。
そうなんです、あのカレー皿は本当にいいお皿なんです。
わかる人には、わかるんです。(笑)
是非、みなさん手にとって感じて下さいね。

さて、なんと来週もISEKIさんが遊びに来てくれますよ。
お楽しみに〜。


NAOTO

放送後記

今週は、重大発表がありました。
この番組をずっと一緒に作ってくれていた、アシスタントの鈴木健太アナウンサーが今回の放送をもって、卒業されることになりました。
10年アナウンサーとして活躍されましたが、人事異動で企画などの部署に移られるそうです。
初めは、月1回の放送だったため、なかなか打ち解け難い部分もありましたが、週1回になった事や、いろいろなイベントライブ、そして何より、ラーメンとカレー、が二人の距離を一気に近づけてくれました。
僕があんまり知らなかった関西ラーメン情報を、ホントにわかりやすく細かく教えてくれたし、僕の趣味であるカレーに興味を持ってくれ、僕がなかなか行けないところを、先に行って情報を収集してくれ、番組で紹介してくれるようになりました。
スタジオで、マイクをオフってるときにも色んな話をするのが僕にとっても健ちゃんにとっても、とても大事な時間でした。
これから、東京勤務になるそうで、一緒にカレーを食べに行く機会は増えると思うし、その時は必ずインスタやtwitterに載せるので、乞うご期待下さい。
そして、忙しい中コメントをくれたDEPAPEPEの三浦くんありがとうございます。

来週は、きっと寂しい気持ちになるかもしれないけど、僕もより頑張りますが
メールやお便り、みんなの力で穴を埋めてね。

僕のヴァイオリンでの「想」の演奏を聞いて涙してくれた、健ちゃんの姿は忘れられません。
本当に、鈴木アナウンサー、3年間ありがとうございました。

そして、来週もお楽しみに。


NAOTO

佐々木李子

今週も、カレーの話から始まりましたね。
最近、アレンジや作曲が続いていたので、カレーを食べる機会が僕的には少し減ってきてたんですよ。
まっ、普通の人からすればめちゃめちゃ食べてるとは思いますが。(笑)

ゲストには、怪獣倶楽部のオープニング曲を歌っている佐々木李子さんが遊びに来てくれました。
この番組初の10代のゲストです。
何より最近の19歳って、こんなにしっかりしてるんだなぁってホント感心しちゃいました。
あんなに、初めたあった人とすぐお話ちゃんと出来るって凄いよ〜。
僕は19歳のとき、何してただろう?
ちょうど、大学行きつつスタジオミュージシャン初めた頃かぁ。
佐々木さんは声優もされているし、抜群の歌唱力と表現力お持ちです。
きっと、これからもっともっと活躍されていくんだろうなぁ。
そんな流れから、番組のエンディング曲は怪獣倶楽部のメインテーマをかけさせて頂きました。
iTunesでは、先行配信していますが、7/19にサウンドトラックが発売されます。
頑張って作曲した曲たちを聞いてみて下さいね。
http://naoto-poper.futureartist.net/news/74981

カレー情報局にもたくさんのメールありがとうございます。
今回情報を頂いた「ベジン」。
美味しそうだったなぁ。行かなきゃね〜。
最近、関西カレー本がたくさん出ていることもあり、知識ばかり増えていて全然実践出来ていないので、反省しております。(笑)
是非、#カレー情報局でたくさん情報お待ちしています。
よろしくお願いします。

では、来週もお楽しみに。


NAOTO

放送後記

今週も、DEPAPEPEの三浦くんが参加してくれました。
番組冒頭から、大発表がありましたね。
僕の夏のツアー「Summer Gift Tour」もまだ始まっていないのに、秋のツアー「Colors Gift」が発表されました❗
三浦くんとたった二人っきりで回るこのツアー。
NAOTOな音の番組の雰囲気とセッション感を、そのままライブ会場に届けたいと思っていますので、夏の「Summer Gift Tour」共々よろしくおねがいします。
でもホントに、三浦くん「パニックスパイス」って曲書いてくれんのかな?
とりあえず、ギリギリまで黙っとこ〜っと。(笑)

サウンドエフェクトに頂いたメールは、色々な話題にとんでてよかったね〜。
そして話題に出たオフコースの「さよなら」、GReeeeNの「キセキ」、ほんといい曲は残るよね〜。
あっ、もう一つあった大阪市のゴミ収集車の音楽には、まだ出会えてません。(笑)
早く聞きたいなぁ〜。

そして今週はMBSスペシャルウィークです。
NAOTOな音からは、NAOTOオリジナルカレー皿、フリクションペン&巾着袋をプレゼントさせて頂きます。
7/5に番組内で当選発表させていただきますので、熱いメールとともに
ドシドシご応募下さい。

では、来週もお楽しみに。


NAOTO

放送後記

今週は、DEPAPEPEの三浦くんが参加してくれました。
番組でも話しましたが、三浦くんはウルトラマン検定3級を取得しているほどの怪獣マニア。
もちろん、その事は僕もずっと前から知っていました。
そんな中での、ウルトラ怪獣大好きなオタクたちの物語、ドラマ「怪獣倶楽部」の音楽担当のオファーですよ。
いやぁ、この日まで何度も三浦くんに会う機会があったのに、
ずっと黙ってるの大変だったなぁ。(笑)
予想通り、めちゃくちゃ羨ましがってくれました。
もし、続編があったらギター弾いてもらおっと。💖

現在オンエア中のドラマ怪獣倶楽部の情報はこちら。
http://www.mbs.jp/kaijuclub/
関東、関西だけでなく少しずついろんな地域で流れるようなので、要チェックして下さいね。

そして今週はあの「NAOTOのどんな音」は、安全地帯&玉置浩二さんでした。
僕が、いまだにメロディーを作るとき物凄く影響を受けているアーティスト。
それにしても僕って、大好きな物を話すとき、めっちゃ早口になるよね。
今回、コーナー全編早口❗
気付いちゃった。(笑)
そして、音楽番組で音楽紹介コーナーなのに、ほとんど曲がトークの後ろいわゆるBGM。
このペースなら、3時間特番行けるね。
そう言えば、今回三浦くんは僕と飲んでる時にカレーの話とかスパイスの話を聞いている時とおんなじ表情でした。(笑)
今度は、三浦くんの「どんな音」も聞いてみたいなぁ。

では、来週もお楽しみに。


NAOTO