2017.06.19

170619uwa.jpg
MBSラジオで放送中の「上泉雄一のええなぁ!」(月〜金15:30から)月曜日レギュラー野球解説者の金村義明が、野球ニュースを解説するコーナー“週刊カネスポ”にて、セ・パ交流戦を2年ぶりの勝ち越しで終えた阪神タイガースについて解説した。

阪神は、セ・パ交流戦の全日程を終え10勝8敗と2年ぶりの勝ち越しを決めた。この結果について金村は、「福留が不調、糸井が怪我など、チーム状態が決してイイとは言えない状態で、10勝8敗という結果は上出来。」と高く評価。続けて、好調の理由として「今年の阪神は、金本監督の采配が上手くはまり、ヒーローが日替わりのように誕生している。それが、好調の理由だろう。」と解説した。

プロ野球は、23日(金)からリーグ戦再開。阪神は、ゲーム差「3」の広島と首位決戦を行う。金村は最後に「戦力で見ると広島のほうが上。だからこそ、金本采配に期待したい。そして選手は、リーグ再開までの休みでリフレッシュして、万全の状態で試合に望んで欲しい。」と、今後の阪神の戦いに期待した、

↓詳しくはradikoのタイムフリー機能でお聞き下さい↓http://radiko.jp/share/?sid=MBS&t=20170619170133(放送後1週間聴取可能・radiko.jpのサービス MBSエリア内無料 radiko.jpプレミアム会員はエリア外聴取可)


トピックス一覧へ
MBS1179 TOP