MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
上泉雄一のええなぁ!
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上泉雄一のええなぁ!
毎週月曜日〜金曜日
あさ10時30分〜

⇒番組サイトはコチラ
ええなぁ!プレミアムトーク
THE 対談

貴方に勇気を与えた言葉は何ですか?
上泉雄一が「じっくり話したいゲスト」と対談。
自らのチカラで未来を切り開く、そんな彼らの言葉をお届けします。

 3月13日放送分  弁護士 萩谷麻衣子さん
 2月 6日放送分  日本大学法学部教授 政治学者 岩井奉信さん
 1月16日放送分  株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室淑恵さん
12月19日放送分 法政大学社会学部教授 稲増龍夫さん
11月 7日放送分 野村総合研究所顧問、東京大学公共政策大学院客員教授 増田寛也さん
10月10日放送分 スポーツライター 玉木正之さん
 9月12日放送分 コピーライター 湘南ストーリーブランディング研究所代表 川上徹也さん
 8月 8日放送分 スポーツビジネス専門家、近畿大学特任教授 藤井純一さん
 7月 4日放送分 競馬騎手 武豊さん
 6月20日放送分 脳科学者・医学博士・東日本国際大学客員教授 中野信子さん
対談ポッドキャスト
 3月13日放送分  弁護士 萩谷麻衣子さん
2014年3月13日
「結婚なんて勢いですよ〜! やってみないとわかんないんですから〜!」
 


家族問題など生活に密着した法的問題を中心に、特に離婚にまつわる法律相談や裁判を数多く手がける萩谷さんに、「結婚と離婚にまつわる法律問題」というテーマでお話をお伺いしています。

萩谷先生自身、結婚後、子供2人を育てながらテレビのコメンテーターや弁護士として活動するなど、働くママの代表格でもあります。

そんな萩谷先生に、長年、夫婦の問題に関わってきた中で、
「最近感じる日本人の結婚観の変化」や、
「近年多くなってきた離婚原因」、
はたまた、「離婚する前に気をつけておいた方が良い事」など、結婚・離婚にまつわる身近な法律問題について、
お話をお伺いしています。



対談ポッドキャスト
 2月 6日放送分  日本大学法学部教授 政治学者 岩井奉信さん
2014年2月6日
「議会制民主主義の国なんですから、国民は”自分が政治を動かしている”という気持ちを強く持って欲しいですね」
 

今回のゲストは、政治学者の岩井奉信さんです。

ちちんぷいぷいでもおなじみの岩井さんには、今回、「気になる政治問題について」というテーマで、安陪政権の今後や、一票の格差問題をはじめ日本の選挙制度についてお話をお伺いしました。

アベノミクスの効果もあり、短命政権が続いた日本としてはめずらしく、高い支持率を保っている安陪内閣の課題、また小選挙区制のメリットとデメリットについて、お話頂きました。

同じく小選挙区制度を採用している海外の例も挙げ、日本の選挙と政治についてのお話をわかりやすく説明してくださいました。



対談ポッドキャスト
 1月16日放送分  株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室淑恵さん
2014年1月16日
「「育児」と向き合う女性よりもむしろ「介護」と向き合う男性にワーク・ライフバランスについて考えていただきたいのです。」
 

皆さんは“ワーク・ライフバランス”と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
過労気味の方はゆとりを持ちましょう、家族とのプライベートの時間を大切にしましょう・・・などというイメージを持たれがちですが、そんな単純なものではありません。

誰もがプライドを持って仕事と向き合っておられると思います。それは大切なことです。
でも「この仕事は自分にしかできない」そんな意識を会社に勤める人間が持っていたら周りの同僚やお客様に対して、もしもの時に大変な損害を招きかねません。

なぜ、8時間で帰宅することに意義があるのか?
なぜ、育児休暇から職場復帰された女性の継続就業率はなぜこれだけ低いのか?
そして、目の前に迫っている超介護社会の到来に備えて、現役世代の男性にこそワーク・ライフバランスというものについて一度考えていただきたいのです。

「他人事ではない、明日は我が身」

一般的な労働問題としてではなく、社会問題としてお聴きいただければと思います。



対談ポッドキャスト
12月19日放送分 法政大学社会学部教授 稲増龍夫さん
2013年12月19日
「不完全な者に自己を投影し応援する。
アイドル文化は日本が生んだ日本固有の文化です。」

 

今回のゲストは、アイドル研究で有名な法政大学教授の稲増龍夫さんです。

稲増さんは、社会学を専門としながら、アイドル、J-POP、おたくなど、現代のメディア文化やサブカルチャーの研究と解説で、新聞やテレビにもたびたび登場していらっしゃいますので、ご存知の方も多いと思います。

そんな稲増さんに、今回は、「日本のアイドル文化」をテーマに、お話をお伺いしました。

時代ごとにキラ星のごとく現れるアイドル達、そんなアイドルに我々日本人は何を求め、時代ごとにどんなアイドルが生まれたのか?

今やクールジャパンの名の下に国家戦略として世界に売り出されている日本のアイドル文化は、以下に生まれ、発展してきたのか?

今回はアイドルをわかりやすくも学術的にお話いただきました。



対談ポッドキャスト
11月 7日放送分 野村総合研究所顧問、東京大学公共政策大学院客員教授 増田寛也さん
2013年11月7日
地域の魅力や言葉の中に、なにか誇りを取り戻せるような宝があって、
47の都道府県、すべての人がそれを持っていると思うんですよね

 

今回のゲストは、岩手県知事を12年、その後、総務大臣も務めた”行政のプロ”増田寛也さん。

長年、中央省庁や知事、大臣として政治や行政に携わってきた増田さんには、「地方分権〜地方と東京〜」をテーマにお話をお伺いしました。

知事時代、大臣時代を通じて感じた、地方が抱える問題点や、関西人にとって身近な、大阪都構想、道州制のメリット・デメリットについて、わかりやすくご説明頂きました。

自分の住む町のことは、町と住民が決める地方分権は、私たちの生活をどう変えるのか?

また地域を活性化するためには、何が必要なのか?

増田さんのお話は、自分の住む町や、生まれ育った故郷に想いを馳せ、その未来を考える、そんなキッカケになるのではないでしょうか?