2017年11月13日 放送日記 バックナンバー

“コピーライター”とは、広告やCMなどに使用する魅力的な文言を書くお仕事。様々な広告を手がけ、新しい商品のヒットに大きく関わっている今月ゲストの秋山理二郎(あきやましんじろう)さんに、そのお仕事についてお伺いしました。
キャッチコピーに対する秋山さんの見解として、「頑張ってひねり出した言葉より、対象のものに対して率直な感想をそのまま表現した言葉の方が、心に刺さることが多いように感じます」とのこと。有名な“そうだ、京都行こう。”というキャッチコピーを例に出し、「こういった“何気ない一言”が一番効果的だと僕は思います」と語ってくださいました。また、秋山さんは企業向けにキャッチコピーを教える授業もされているそうで、生徒さんにそのことを理解してもらうだけで斬新で魅力的なコピーがどんどん出てくるのだとか。万人の心に響く言葉には、わかりやすさと同じぐらい“素直な気持ち”が重要だということかもしれませんね。

来週も秋山さんにお越しいただきます!お楽しみに!
☆番組に対するご意見・ご感想、お悩みはコチラ☆
https://cgi.mbs.jp/cgi-bin/form/mail/wm.cgi