MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
弁護士の放課後 ほな行こか〜
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ


hona@mbs1179.com
   ■水野晶子アナウンサー
   ■大阪弁護士会所属弁護士

【第320回放送】
【第319回放送】
【第318回放送】
【第317回放送】
【第316回放送】
【第315回放送】
【第314回放送】
【第313回放送】
【第312回放送】
【第311回放送】
弁護士の放課後ほな行こか〜-ポッドキャスト
【第300回放送】
2018年6月25日


今回は、番組開始300回目を迎えるのを記念して、事前に募集したリスナーの皆さんを大阪弁護士会館の模擬裁判を行える会議室にお招きして、弁護士さんとリスナー代表の方々との川柳対決をお送りしました。

対決して下さった弁護士さんは、弁護士歴40年目、大阪弁護士会 会長の竹岡富美男(たけおか とみお)さんと弁護士歴25年目、大阪弁護士会副会長の宮島繁成(みやじま しげなり)さんでした。

そして、リスナー代表は、「うさこ」さん、「てるちゃん」さん、「いつまでも町民」さん、「あずき5合」さんでした。

・夫婦川柳
竹岡さん「川柳を妻にだけには見せられない」
うさこさん「出て行くわ行く当てはなし元の鞘」
宮島さん 「ハグしたら 『痴漢』と呼ばれた 10年目」
てるちゃん「妻からの『それセクハラや』に俺ビビる」
・就活川柳
宮島さん 「紙切れに一喜一憂 通夜の席」
いつまでも町民さん「遺言書(いごんしょ)の一行目には遺影指示」
竹岡さん 「いい遺言 行間にみる思いやり」
あずき5合さん「あったはず なんでないの?で幕ひらく」

大阪弁護士会からのお知らせは、「大阪北部地震対応無料電話相談」のご案内でした。
詳しくは、こちらをご覧ください。
こちら