番組内容

スイカを収穫しその場でいただく!

たっぷりスイカを堪能させていただいたところで、スイカの商品化についての話になりました。近年多くの農業生産地で言われているのは、農業の六次産業化。
伊藤さんたちスイカ農家にも、その波は近づいてきているそうで、あれやこれや、スイカを使った商品開発に頭を悩ませているそう。
現在形になっているのは、“スイカの漬物”だとか。
選別したスイカは捨ててしまうので、それを漬物屋さんにお願いして漬物にしてもらっているそうです。









※選別した小さなスイカは、手のひらほどの大きさでも、中は立派な赤! これを漬物にできたら、ちょっと個性的ですね。

「あとは、どうせなら思いもよらないものを、ということでスイカのチップスを考えてきました」
ん〜、想像できません。チップスって、焼いたり揚げたりして作りますよね?
水分の多いスイカでやると、どうなるのか…。

「揚げてもちょっとふにゃふにゃ。でもそれがおいしいんですよ。ビールのつまみには最高!」
と伊藤さん。ほかにも今年は、ピクルスも作ってみたそうです。これはなんだかおいしそうですね。
と思ったら
「小さくてもスイカって甘みがあるんですよ。その糖度が邪魔して、ピクルスはダメでした」だそう。
いや〜、スイカの商品開発は難しそうですね〜。









※発送がユニークで話もおもしろい伊藤さん。次なるアイデアに期待してしまいます。

スイカをいただく際に、伊藤さんの手元をじっと見ていた本上。
どうやら、どんな風に切れば一番おいしく食べられるのか、考えていたようです。
伊藤さんからの答は、
「スイカって中心が甘くて外に行くに従って甘みは薄れていきますよね? だから中心から放射線状に切っていくんです」
なるほど! これなら“そっちの方が甘い”なんて、誰もケンカせずに食べられますね(笑)
ちなみに放射線状に切ると、切った西瓜が倒れることもないそうです。
これは覚えておきましょう。

それから、“スイカを冷蔵庫で冷やして”というのは間違いだ、とも伊藤さんは言います。
スイカはもともと、水分補給にいいものとして食べられてきました。それが糖度が高くなるにつれてフルーツのような扱いになり、つい冷やして食べるものだと思いがちです。

「15度くらいの室温がいいかな。キッチンの片隅に置いといて食べるといいのではないでしょうか。冷やしすぎるとおいしさが分からないんですよ。どうしても冷蔵庫に入れるなら、1時間程度、少し冷えればオッケーです」
ちなみに春に収穫されるスイカは、常温の方が断然おいしいそうです。
奥が深いですね、スイカ。

夏はスイカ割りを楽しむ人も多いと思いますが、伊藤さん曰く
「包丁で切った方が絶対おいしいし、第一割ってしまうと見た目が良くない! 私たちの大切な娘ですから、おいしく食べてほしいなぁ」
これはスイカ農家の切実な思い。割らずに切って、いただきましょうね。








西瓜を切る際は、半月形にしたあと、中心から放射状にカットします。カットされたスイカは先端部分が最も甘くなり、誰もが最初の一口で甘さを実感できます。

ところでご実家がスイカ農家で、そのまま家業を継いだ伊藤さん。
”スイカは人生そのもの”とおしゃいますが、その情熱は、どこから来るのでしょう。

「私がスイカ農家になった頃、熊本のスイカはちょうど生産量、品質が日本一になれるかどうか、と言われ始めました。それで、じゃあ日本一になってやろう!と精を出すようになったんです。日本一である今は、ディフェンディングチャンピオンとして熊本のスイカの素晴らしさを守っていこう、という気持ちですね」

生まれも育ちも植木という伊藤さんは、スイカと同じように、いい季候、いい水で育ちました。だからこそ、この土地でスイカを作り続けることに情熱と愛情を傾けられるのではないでしょうか。







Director’s voice [六次産業化が進まない!?] 現在では、多くのフルーツが様々な製品になって流通しています。ドライフルーツはもちろん、ジャム、ジュースなどが代表的な製品ですが、よく考えてみると、スイカを使ったものがとても少ないことに気付きます。 これは果肉に含まれる水分がとても多いことが、一番の原因ではないでしょうか。 それでもスイカ糖、スイカジュース、スイカそのものを別商品にした“ハート型のスイカ”といったものが登場していますが、いずれも市場で話題になる程までは、商品価値が高まっていません。 後継者問題、大きさゆえに作付転換でメロンを始める農家など、将来の生産に様々な問題を抱えるスイカ。これからも安定して市場に出回るためには、新たな商品開発が急がれるところです。



【プロフィール】
スイカを育てて28年になるスイカの匠・伊藤譲二さんと奥さんの純恵さん。伊藤さんのスイカは「伊藤家のスイカ」で購入できる。
http://www.itou-suika.com/