番組内容

クエに心酔し続ける漁師に会いに行く。

和歌山県日高町は、大阪市内から車で時間半ほど南へ行った海沿いの町。今回は、その町にある田杭漁港にやってきました。
目の前は一面美しい海が広がっているのですが、取材当日は風が強く、沖の方には白波が立っています。










※田杭漁港は小さな港ですが、港の外にはすぐ、紀伊水道というすばらしい漁場が広がっています。

船がいくつか停泊している港へと向かう本上。
今回は、この港を拠点にクエ漁をしている生戸(うと)さんに会いに来ました。

挨拶を済ませたところで、生戸さんから 「昨夜の夜中から風が強くなってきてね〜、今日はちょっと漁は無理やなぁ、と思っていたところです」
との声が!確かに今日は風が強いので、「漁はどうなのでしょう」と一同、 心の中では思っていたのですが…
「今日は波が3メートルくらいあるかならね、ちょっと厳しいかな」












※漁港に泊めている船から現れた生戸さん。

気を取り直して、まずはクエについていろいろ教えていただこうと思います。

ちなみにクエってどんな魚なのでしょう?
「クエは岩礁に棲む魚なんですけどね、ぼくら漁師にとっては魚の王様やね。大きいものになると40〜45kgくらい、体長は1メートル40〜50cmくらいになるんですよ。僕にとって最高の魚だし、自分の一番の楽しみの魚だね。一生かけて勝負したろか、という魚やね」 生戸さん、クエにかなり心酔されているようですね。

クエと言えば、冬の高級食材として知られています。
「この浜で釣ったクエで1kg8000円くらい。市場に出ると1万4、5千円かな」
と生戸さん。ちなみに生戸さんがこれまでで釣った一番大きなクエは41kgだったそうです。
「釣ったときの喜びといったら、なんとも言えませんでしたなぁ。昔の人は50kgぐらいのものを釣ったと言っていたから、自分もまだチャレンジしているんだけど」











※漁のこと、クエのこと…。今回は初めて聞く話が多く、本上も最初から真剣モードです。

ということは、今はそこまで大きいのは釣れないということでしょうか?
「最近は20kgから30kgくらいまでかなぁ」
生戸さんによると、クエが1kg大きくなるのに約1年かかると言われているそう。
ということは、50kgのクエなら50年生きているということ。
そりゃ、なかなか釣れないですよね、海の賢者のようなものですから。

そういえば、どうしてクエの旬は冬?
「解禁というのはないんだけど、夏場に釣ってもいい値段が付かないんです。それで寒くなるくらいから釣るんです」と生戸さん。
今期はそろそろクエ釣りをやりたいなぁ、と思いながらも、なかなかタイミングがよくならないので、ほかの魚ばかり釣っているそうです。
クエ釣りって、特別な道具とかを必要としそうですね。
「道具は簡単なもんだけど、エサがポイントやね。アオリイカを使うんやけど、これをまず釣るところから始まります。夜明けまでにアオリイカを釣って、釣れたらクエ釣りのポイントへ移動していきます」

「生き餌を使ったらね、イカの暴れ方でクエがいるかどうか分かるんですよ。40何年やっていて覚えました。最初の頃はただ釣っていただけだったんだけどね」










※もともと釣りに興味のある本上。生戸さんの話にどんどん引き込まれていきました。


Director’s voice [クエってどんな魚?] 釣れる数が少ない、高価でなかなか口にすることができないことから「幻の魚」と言われる冬の味覚の代表格・クエ。スズキ目ハタ科の魚で、潮の速い岩場に棲んでいます。大きなものになると、体長2メートル近く、体重150kgに達するものもいるとか。 名前の由来は、体の模様です。成長時期によって九つの枝を描き出すと言われることから個の名前が付いたそう。

夏場は深海で生活しているのですが、水温が低くなる冬になるとやや浅いところまで上がってくるので、冬場に漁が行われています。 透明感のある白身、コクのある皮のゼラチン質が特徴ですが、その身の人気の食べ方はやはり鍋。熱を通すことで身が締まり、とても美味です。鍋料理のほか、唐揚げや塩焼きなども人気です。最近は養殖ものも出回るようになりましたが、独特のゼラチン質や身の締まりなど、天然のクエとは雲泥の差と言われています。





【プロフィール】
生戸 学(うと まなぶ)さん
クエの一本釣り漁師、生戸 学(うと まなぶ)さん。大阪で生まれ育ち、趣味の釣りが高じて日高町で漁師になることを決意。その後クエ釣りに出会い、一瞬で虜になる。