番組内容

好き出ないとできない。そんな漁師像を聞く。

生戸さんの船に乗せていただき、出航はしたものの、港から出た途端に強風に見舞われ、10分程度で陸に戻った本上一行。
「今日はやっぱりダメだったなぁ」
と防波堤の脇の車に向かった生戸さん。
続いて本上も車の方へ向かい、なにやら話を始めました。
どうやら道具に興味を持ったようです。










※船を下り、残念そうに海を見つめる本上。心の中ではきっと、くえを釣り上げてはしゃぐ自分の姿を想像していたはず……

まず目に留まったのは、たくさんのハリ。しかもかなりの大きさです。
「これはサワラを釣るハリです。イワシを付けて、海に流して、20〜30分そのままにして、機械で巻き上げるんです。ハマチやメジロ、ヨコワもかかりますよ」
船で見せていただいたクエ漁のものとは、全然道具が異なるんですね。
「道具だけだと、船には20種類くらい積んでいますよ。サワラは、春になると船に竿を広げて釣るんですよ」












※軽トラックの荷台にある道具に興味津々の本上。初めてみるものがいろいろありました。

お話を聞きながら、本上は生戸さんの手にも注目しました。
とてもがっちりして、立派な手!

「大阪にいる頃はまだ白かったんですよ(笑)」
ん? 大阪?? もともと漁師ではなかったのですね!?
「こっちへ来てもう47年。20歳で結婚して日高へ来て、漁師になったのが23歳ですから。好きでないと漁師はできないですね」










※生戸さんの手。獲物がかかった糸を何年もの間グッとたぐり寄せてきたたくましさを感じさせます。

つまり生戸さん、転職漁師というわけですね。
生戸さんがクエ釣りと出会ったのはいつのことなのでしょう?

「漁師になって2,3年の頃ですかね。その頃に日高で漁師をしている長老さんから“クエ釣りしてみないか?”と言われたんです。それで釣り方を教えてもらって、初めての時にイカが釣れて、これでやってみようか、とやったら偶然にもクエが釣れたんです。それでこんなにも面白いのか!と思ってね、ハマってしまいました」
なんと、ビギナーズラックじゃないですか!

「その時はクエのハリも外せなくてね、陸に上がって人に外してもらいました。でも、それからですね、やみつきになったのは。毎年11月頃になったらじっとしていられないんですよ。クエ釣りたくなって。海に誘われているというか、クエに呼ばれているというか」











※初めてクエを釣ったときの話を、うれしそうに話してくれた生戸さん。

初めてクエを釣って、そこで夢中になって。それでも40年以上続けているというのは、本当にスゴイですね。
クエって、そんなに魅力的なんですね〜。

「ちなみに、クエはメスが多いんですよ。15kgくらいになったら性転換するんです」
え? 知らなかった!

防波堤脇でのクエ談義もひと息ついたところで、そろそろお腹が……。
「今日は波の状況が良くなくて漁に出られませんでしたが、クエを食べられるオススメの場所がありませんか?」
「僕がクエを釣ったら持って行くところがあるんですよ。漁師仲間で、クエ専門の民宿もやっているんです。そこだったら紹介できますよ」

もちろん紹介してください! 今すぐ行きましょう!!










※港で自分の船を片付ける生戸さん。クエ漁ができなかったからでしょうか、どこか寂しそうです。
Director’s voice [うまい魚が捕れる町・日高] 日高町が面している海は、紀伊水道。
瀬戸内海から太平洋へと流れる潮と黒潮が交わる海域で、 魚の宝庫とも言われています。
魚の種類が豊富な漁場ですから、漁の方法も様々です。
一本釣りに刺し網、巻き網、採貝がありますが、 中でも巻き網漁業が日高町における漁獲量の約9割を占めているとか。
それだけ漁業が盛んな町ですから、民宿や旅館ではおいしい魚が一年を通して食べられます。
観光地引き網を実施しているところもあるようですよ。





【プロフィール】
生戸 学(うと まなぶ)さん
クエの一本釣り漁師、生戸 学(うと まなぶ)さん。大阪で生まれ育ち、趣味の釣りが講じて日高町で漁師になることを決意。その後クエ釣りに出会い、一瞬で虜になる。