• ■2013年4月26日【金】防げるのか?!新型鳥インフルエンザ

    政府は先週13日、「H7N9」型の鳥インフルエンザに対し、新型インフルエンザ特別措置法を前倒し施行しました。
    また、これを「指定感染症」とした上で、患者らを強制的に入院させることなどを可能にする政令を施行することを、きょう閣議決定しました。

    きょうは、新型インフルエンザ特別措置法を「問題だらけ」だと指摘する、
    医師であり厚労省の現職官僚でもある木村盛世さんをゲストにお招きし、
    その問題点を、今回の新型鳥インフルエンザの恐ろしさの程度や、
    感染の防ぎ方などと共に、お聞きします。
    また、JNN上海支局駐在のMBS辻憲太郎記者から、中国内の現状などを
    リポートしてもらいます。
    リスナーのみなさんからのご質問も、メール・FAXでお待ちしています。

    また、先週募集しましたプレゼントの、当選者発表もおこないます。
    是非お聴き下さい!

    ■2013年4月19日【金】世界に広がる「テロ不安」と、どう向き合うか

    アメリカ・ボストン郊外で銃撃戦があり、2人組の男のうち、
    ひとりが死亡、ひとりは逃走した模様です。
    ボストンマラソンの爆弾テロ事件との関連が気になります。
    きょうは、ニューヨーク在住のジャーナリスト・
    北丸雄二さんと電話をつなぎ、捜査の最新情報、
    一連の事件がアメリカ社会に与えた影響などを聞きます。
    そして、スタジオには、北朝鮮の取材を続ける
    ジャーナリスト・石丸次郎さんをお招きします。
    日本社会にとって、今、最大の不安は、
    北朝鮮のミサイル発射ではないでしょうか。
    発射するのかしないのか、対話は可能なのか、
    また、北朝鮮国内はどんな雰囲気なのか、じっくり伺います。
    リスナーのみなさん、
    北丸さんと石丸さんへの質問をお寄せください。
    また、テロへの不安が広がる中、
    日本では、軍備増強、憲法改正などの動きが加速しています。
    不安定な世界の中で、私たちはどこに向かっていけばいいのでしょうか。
    日本の進路について、リスナーのみなさんのご意見を募集します。
    世界が注目するニュースの最新情報が満載の
    今夜の「報ラジ」、どうぞお楽しみに。

    ■2013年4月12日【金】小出さんに聞く汚染水漏れ/福島の避難区域再編

    きょうはまず、福島第一原発で相次いでいる
    汚染水漏れについて取り上げます。
    京大原子炉実験所の小出裕章さんが
    原発事故後、早くから指摘されていた通り、
    これまで進められてきた処理方法が既に破たんしていることが、
    明らかになったと言えるでしょう。
    汚染水処理の現状と今後、
    また原発の新規制基準案についても、小出さんにお聞きします。
    後半は、原発事故から2年たった福島県浪江町のリポート。
    今月1日の避難区域の再編で、警戒区域が解除され、
    海側の地区では立ち入りが自由になりましたが、
    住民はどう受け止めているのでしょうか。
    亘記者の取材報告です。
    北朝鮮のミサイルについても、最新ニュースをお伝えします。

    ■2013年4月 5日【金】堀潤さんの取材リポート

    今回のゲストは、元NHKアナウンサーの堀潤さんです。
    4月1日に退局して以来、電波に登場するのは、これが初めてです。
    堀さんは、福島の被災地や、アメリカなどで、様々な取材をしてきました。
    堀さんがそこで何を知り、何を感じたのかを、伝えていただきます
    また、フリーになった後の堀さんが、今後どういった形で情報発信をしていくのかも、お伺いします。
    堀さんへのご質問・ご意見を、番組までメール・FAXをどんどんお寄せください。
    堀さん自身も、「たくさんお待ちしております!」と期待されておられます。


■3月26日(月)放送分

水野晶子が振り返る ラジオと報道の37年
ジャーナリスト 平野幸夫さん 毎日新聞・特任編集委員 近藤勝重さん ジャーナリスト・評論家 川崎泰資さん 魚住由紀さん 元 京都大学原子炉実験所 助教授 小出裕章さん
追い込まれる安倍政権
時事通信社・解説委員長 山田惠資さん 新聞うずみ火代表 ジャーナリスト 矢野宏さん

テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。