• ■2013年10月25日【金】原子力ムラとの攻防

    新潟県知事・泉田裕彦さん、
    元経済産業省の官僚・古賀茂明さん、
    京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんが生出演。


    柏崎刈羽原発の再稼働へ向けた安全審査の申請をめぐり
    東京電力の廣瀬社長と2回に渡って真っ向対峙した泉田知事。
    その会談の全貌はとても興味深いものです。
    「原発再稼働は国民が考えるもの」その判断をするための重要な内容です。

    あの会談をひも解き
    新規制基準で走り始めた原発の安全性を検証するとともに、
    再稼働を推し進める力はどのように動いているのか、その裏側を聞いていきます。

    3人のゲストに聞きたいことを、是非メールなどでお寄せ下さい。


    また、11回目になります東日本大震災被災地支援プレゼントを行います。
    プレゼントするのは以下の2つをセットにしたもので、抽選で10人の方に送ります。


    ●会津木綿ストール
    (原発事故で福島県の沿岸部から会津地域に避難したお母さんたちが、仕上げ作業を担当。
    仮設住宅で被災者の仕事づくりとなっているものです。)

    ●気仙地域産の椿油を使ったハンドクリーム
    (津波で工場が流された岩手県・陸前高田市の椿油製油所のご主人と、
    地元の障害者施設の入所者が協力して椿油をとっているものです。)


    放送の中でお伝えするキーワードを書いて、メールなどで応募してください。


    皆様のご意見お待ちしています。

    ■2013年10月18日【金】ようやく国会開幕  滋賀県ではオスプレイが飛んだ

    この間、国民に問うことなく消費税増税やTPPなど生活に直結する重要な政策が進んでいます。さらに、集団的自衛権や秘密保護法案という慎重に扱うべき事柄が急速に進められています。そうした動きを感じるこの1週間でした。


    ようやく開いた国会で安倍総理が何を語ったのか?
    所信表明演説を東京報道の神崎智大記者が紐解きます。


    また、関西では滋賀県にオスプレイがやって来ました。
    その意味は?上田崇順アナウンサーが現地を取材しました。

    ■2013年10月11日【金】「特定秘密保護法案」を知っていますか?

    来週から始まる国会で、「特定秘密保護法案」が提案・審議されます。
    みなさんは、この法案について、どれぐらいご存じでしょうか。
    「防衛」「外交」「テロ活動防止」などの分野で
    行政機関の長が指定した「特定秘密」を漏らした公務員らに
    最長で10年の刑事罰が科されるそうです。
    きょうは、この法案について検討するプロジェクトチームのメンバーで
    自民党衆議院議員の中山泰秀さんと、
    この法案に反対の立場の弁護士・太田健義さんに出演いただき、
    法案の中身と私たちの生活への影響を明らかにしていきます。
    特定秘密保護法案について、お二人に質問のある方は、
    メール・FAXでどんどんお寄せください。

    ■2013年10月 4日【金】4月から消費税引き上げ。みなさんどうします?

    この番組では先週から、
    次期国会の重要案件を順に1つずつ取り上げ、
    ゲストやリスナーと共に掘り下げて考える特集をお送りしております。

    今週は、「消費税増税」を取り上げます。

    安倍首相は1日、来年4月から消費税率を8%にあげると発表しました。

    生活の負担はどの程度増えるのでしょうか?
    給料や収入はあがるのでしょうか?
    経済成長は増税の影響を受けないのでしょうか?
    年金や社会保障は安定・充実するのでしょうか?
    私たちの将来の暮らしは、一体どうなるのでしょうか?
    経済の専門家である、アジア太平洋研究所の稲田義久さんをゲストにお招きし、
    増税にまつわる様々な質問をお聞きします。

    リスナーの皆さんからの、増税にまつわる質問・疑問・意見も
    番組内で取り上げますので、メールやFAXでどしどしお寄せください。



■3月26日(月)放送分

水野晶子が振り返る ラジオと報道の37年
ジャーナリスト 平野幸夫さん 毎日新聞・特任編集委員 近藤勝重さん ジャーナリスト・評論家 川崎泰資さん 魚住由紀さん 元 京都大学原子炉実験所 助教授 小出裕章さん
追い込まれる安倍政権
時事通信社・解説委員長 山田惠資さん 新聞うずみ火代表 ジャーナリスト 矢野宏さん

テレビや新聞で大きく扱われないニュースの中に、大切なニュースが埋もれています。 それは、リスナーの方から寄せられるメールで教わることです。 そんな、ひっかかる出来事の裏側に徹底的にこだわり取材します。 「ラジオだからこそ、他では聴くことができない」と感じてもらえるような報道番組 を目指しています。