今週の特集

■ 2018年6月 4日(月) 改ざん問題 佐川氏ら不起訴でどうなる?

森友学園をめぐる決裁文書改ざんや
国有地の大幅値引き売却の背任容疑などで
告発されていた財務省幹部ら38人について、
先週、大阪地検特捜部は全員を不起訴としました。
みなさんは、この判断をどう思われますか?
引き続き、きょうは、改ざん問題について、
財務省の内部調査の報告書案が発表されます。
財務省は、佐川元理財局長が改ざんを主導していたとして、
停職処分相当として退職金を減額する方針です。
どうも釈然としませんが、
佐川氏らを不起訴の判断をした大阪地検特捜部に対し、
政治からの圧力はなかったのでしょうか。
疑惑解明のために、これからできることは何なのでしょうか。
きょうは、元検事で検察の事情に詳しい落合洋司弁護士に
電話出演いただき、不起訴の背景と今後の見通しについて聞きます。
落合さんに質問のある方は、メールでお寄せください。
福本晋悟アナウンサーの「10分で現代(いま)を解説」もあります。



WEBラジオ

■ 10月8日(月)放送分

『加計理事長会見 疑惑は語られたのか』

バックナンバー


▼ ご意見、ご感想はこちら