今週の特集

■ 2018年12月24日(月) イスラム国(IS)支配の傷跡~シリア・イラクは今

トランプ大統領が米軍をシリア内戦から撤退させると表明し、
波紋が広がっています。
今夜は、シリアやイラクの取材を続けてきたジャーナリスト・
玉本英子さんのリポートをお届けします。
玉本さんは、今年10月、
イスラム国(IS)の支配から解放されて1年がたった
シリアの町ラッカや、
ノーベル平和賞を受賞したヤズディ教徒女性の
ナディア・ムラドさんの故郷であるイラクのコジョ村などを
取材しました。
米軍の空爆に巻き込まれ犠牲になった子ども、
奴隷として売られ性暴力の被害を受けたヤズディ教徒の女性、
実態を知らずにISの戦闘員になった人たちなど、
玉本さんは心身に傷を受けた人たちの話を聞き、
戦争の実態を日本に伝えています。
クリスマスイブだからこそ考えたい世界の平和。
玉本さんに質問のある方は、メール・FAXでお寄せください。
上田崇順アナウンサーの「10分で現代を解説」は、
「パラレル・キャリアという働き方」です。


<放送後の一枚>


1224.jpg


来週12月31日(月)は、午後6時30分から
午後9時までの拡大版でお送りします。
題して
「ニュースなラヂオ大晦日スペシャル~たいへんでしたね2018」
是非、お聴き下さい。
プレゼントもご用意しております!

1月14日放送

『どうなる?日韓関係』
ソウル在住ジャーナリスト、「コリアン・ポリティクス」編集長 徐台教さん

バックナンバー


▼ ご意見、ご感想はこちら