今週の特集

2019年6月 3日(月) 安倍首相がトランプ大統領に「護衛艦かが」を見せたわけ

トランプ大統領が訪日の最終日に、安倍首相とともに視察したのは、
海上自衛隊横須賀基地に停泊中の「護衛艦かが」でした。
アメリカの大統領が海自の艦艇に乗るのも、
日米首脳がそろって自衛隊を激励するのも初めてのことです。
「護衛艦かが」は、「いずも」とともに、
空母への改修が決まっています。
そして、搭載されるのは、米国製のステルス戦闘機「F35」です。
「日本は同盟国の中でも最大規模のF35戦闘機軍を持つことになる」とトランプ大統領は述べました。
安倍首相はなぜ、トランプ大統領に「かが」を見せたのでしょうか。
「F35」の大量購入は日本に何をもたらし、
東アジアにどのような影響を及ぼすのでしょうか。
今夜は四半世紀以上にわたり防衛省の取材を続けてきた
東京新聞編集委員の半田滋さんに電話出演いただきます。
半田さんへの質問やご意見・感想を、メールでお寄せください。

11月18日放送

『疑惑の桜
~首相の説明に納得しましたか?』
神戸学院大学教授 上脇博之さん

バックナンバー


▼ ご意見、ご感想はこちら