今週の特集

2019年7月29日(月) 津久井やまゆり園事件から3年~障害を持つ息子へ

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で
入所者19人が殺害された事件から、先週26日で3年となりました。
RKB毎日放送の神戸金史(かんべ・かねぶみ)記者は、
この事件を起こした植松聖被告と面会を続けています。
神戸さんの長男には自閉症と知的障害があります。
神戸さんは、事件を他人事と思えず、3日後に
「障害を持つ息子へ」という文章をFacebookに投稿。
これが広く拡散され、本としても出版されました。
植松被告は、「障害者は不幸をばらまく存在」と考え、
神戸さんに対し
「息子さんは安楽死させるべきだった」
「私は価値のない人間だったが、事件を起こしたことで
 少しは役に立つ人間になった」と話したそうです。
植松被告のような考え方は、どこから来るのか。
今も考え続ける神戸さんに話を聞きます。
「10分で現代を解説」のコーナーは、
新川和賀子ディレクターの「森林ボランティアのススメ」です。

 8月12日放送

『戦争シリーズ【2】特攻隊員の証言』
MBS 亘佐和子記者

バックナンバー


▼ ご意見、ご感想はこちら