• 市川紗椰のKYOTO NOTEトップ
  • 番組紹介
  • 番組内容
  • 音声アーカイブ
  • 番組メールフォーム

アメリカ人の父を持ち、自身も4歳から13歳まで海外で育った市川紗椰が、
京都で活躍する様々な分野の人たちとの関わりの中で、
今まで知らなかった京都を発見、学んでいく30分です。

ロケでは、誰もが知る古都・京都とは異なる「別の顔」を持つ京都府下の
注目スポットを訪れ、その地域ならではの魅力を発信。
番組を聞いているだけで、その土地に行ってみたくなる、「京都の音」を
毎週日曜の夕方、市川紗椰がお届けします。

#16
地元・京丹後食材を使って
子どもから大人まで楽しめる
美味しい体験

  続いてやって来たのは『小町スコーラ』。
"スコーラ"とはイタリア語で「学校」という意味。ここは地元食材を使って手作り料理体験ができる施設なのです。ロールケーキ、クッキー、パン、さらにはにぎり寿司やお弁当づくりなど様々。季節によってメニューも変わるそうで、子どもから大人まで気軽に"作って、食べるまで"を楽しむことが出来ます。
今回、市川さんが挑戦するのはアイスクリーム作り。美味しくできるかな〜⁉︎

 市川さんは宇治金時。そして広報の池田さんは塩アイスをチョイス。
抹茶と砂糖を混ぜ合わせ、そこに地元産の牛乳を入れて...マイナス20度に設定されたアイスクリームメーカーにそれを入れてひたすら混ぜる!  混ぜるごとに徐々にアイスクリームらしくなってきます。レバーを回しながら「ん...あれ? ここって道の駅ですよね」と市川さんも時間を忘れるほど熱中!
 混ぜていくとフッとレバーが軽くなって...そろそろ出来たかも?

 アイスクリームメーカーから取り出して盛り付けて、完成〜!
「美味しい! 自分で作っておいてなんですけど(笑)。」と大満足。所要時間はおよそ60分で、基本的な調理用品は『小町スコーラ』内に完備。今回のアイスクリーム作りをはじめ、様々な手作り教室を毎日開催しているそうです。アイスクリーム教室はおひとり様1,000円。時間は13:30〜(土・日曜は12:00~)。詳しくはHPをチェック〜!
<小町スコーラ>
https://tango-kingdom.com/theme95.html

京都瓦版
#16 2018年7月15日放送分

陶工オープンキャンパス

陶芸職人になるための技術や知識を学べ、卒業生の就職率も非常に高い「京都府立高等技術専門学校」。
この陶芸を学べる専門学校で、下絵付け、ろくろ回しなどの実技体験ができるオープンキャンパスが開催されます。

開催は来週土曜、7月21日(土)で、朝9時から夕方4時までです。
入校希望者の他、一般の方も参加が可能です。
施設見学や入校説明会の他、体験教室や普段の訓練風景のビデオ上映などを行います。

場所は、京都市営バス・「」バス停から700mほどの京都府立陶工高等技術専門学校です。

詳しくは、下記URLをご覧ください。


詳しくは、下記URLをご覧ください。
・オープンキャンパス案内
http://www.pref.kyoto.jp/tokgs/documents/o-punnkyannpas.pdf

・京都府立陶工高等技術専門校 紹介ページ
http://www.pref.kyoto.jp/tokgs/

丹後王国「食のみやこ」
京都府京丹後市弥栄町。西日本最大級の道の駅。この土地ならではの美味しいものをはじめ、手作り体験教室やアトラクション、ミニ動物園に各種のイベント開催と道の駅というカテゴリーでは収まらない注目のスポット。その懐の深さに、ここを目掛けて訪れる観光客も増加中。家族づれからカップルまで幅広い層に人気。
https://tango-kingdom.com
■今回の訪問地

【※特別に許可を得て撮影しています】

山海に囲まれ、起伏に富んだ美しい海岸線のある丹後半島の中にある弥栄町。町のシンボルとも呼べる金剛童子山は標高613m。山腹の味土野(みどの)地区は、細川ガラシャ夫人の隠棲地として知られ、女城跡が散策スポットとして人気。野間川はアユやアマゴ、ホタルが棲む清流で釣りのスポットとしても有名。

[an error occurred while processing this directive]