#48
南山城村をブランド化
美味しさいっぱいの道の駅

 市川さんが訪れたのは京都府唯一の村である南山城村。
やってきたのは『道の駅お茶の京都みなみやましろ村』。実は道の駅が大好きな市川さん。立派な建物と"村"を推したロゴマークにテンションも上がります。ご案内は道の駅の中村道裕さん。「"村の暮らしのダイジェスト"がこの道の駅のコンセプトなんです。京都唯一の村なのでそれを誇りに思っています」。まさにここに来れば南山城村が分かる、そんなスポットなのです。

 道の駅に入って、商品の数々が目に飛び込んできます。
全国的にも珍しいこちらの道の駅のオリジナル商品をはじめ、お茶を使ったスイーツなどの加工品、調味料も多数。道の駅といえばやはり農作物。取材時は大きなイチゴやアイスプラント、キウイ、京都府産の原木椎茸のおよそ7割を作っているといわれる椎茸も。シンプルに焼いて塩を振っていただくと絶品です。市川さんも取材が終わってからお買い上げ。

 さすがは"お茶の京都" 。その種類も多数です。
「農家さんそれぞれの育てている品種や育て方、焙じ方で味が違います。ここにあるだけでも全部で80種類ほどあります。違いを楽しむことができるのもこの道の駅ならではです」と中村さん。そして、市川さんを驚かせたのは巨大な大根! あじまるみ大根という品種で辛味が少ないのだそうです。煮物やクリームシチューにしても美味しいのだとか。南山城村の味がこ集まっています。

京都瓦版
#48 2019年3月3日放送分

京都きづ川アクティビティフェスタ

先月・今月のKYOTONOTEで訪れた、和束町・南山城村に加え、笠置町(かさぎちょう)を合わせた自然豊かな3つのエリアで行われる体験型のスポーツイベントをお知らせします。

ボルダリングやマウンテンバイク・カヌーやウォーターボールなど様々なアクティビティを準備しています!
スポーツが苦手という方も、ドローンの操縦体験や茶畑見学などもあるので、十分に楽しんで頂けます!

日時は、3月23日(土)の9時30分から午後4時まで。

大自然の美しい景色と美味しい空気のなかでカラダを動かし、地域の魅力をたっぷり満喫できるこのイベント!
春休みを利用して、是非、ご家族やお友達といらっしゃってください。

詳しくは、「京都きづ川アクティビティフェスタ」で検索していただくか番組ホームページをご覧下さい。
https://www.pref.kyoto.jp/y-ki-kikaku/news/akuthibithi.html

↓画像クリックでPDF表示↓

南山城村
人口2,750人(2019年2月28日現在)。京都府で唯一の村。三重県伊賀市、奈良県奈良市、滋賀県甲賀市と隣接する立地で、移住者も年々増加。焼き物や木工家具の工房もあり、アートフェスティバルも行われるなど、ものづくりの村としても注目。文化庁が認定する日本遺産『日本茶800年の歴史散歩』の中のひとつにも数えられている。
http://ochanokyoto.jp/municipality/detail.php?id=12
■今回の訪問地

【※特別に許可を得て撮影しています】

2017年4月に『道の駅お茶の京都みなみやましろ村』がオープン。お茶を中心に農作物、地元加工品など地域の魅力を凝縮し発信する道の駅は全国的にも注目を浴びる。2003年3月に廃校となった田山小学校は、ものづくり施設『は・ど・る』に。古くから今へ続く地域資産、自然と人との営みがなされれている。

[an error occurred while processing this directive]

[ 番組スタッフ ]
プロデューサー:松本泰弘  中辻 隼人  ディレクター:池田 健  構成・リサーチ:西村 卓也  AD:中井 茉佑
カメラマン:富永梨沙  デザイン:松浦 次郎  WEBサイト:高橋 理  営業:藤岡 佑輔

衣装協力: