子守康範 朝からてんコモリ!
てんコモリ!ブログ

バックナンバー

2010.08.31
北米原産

女と男の単独ライブが昨夜、ミナミのベース吉本で無事、開催されました。昨日の朝は疲れと緊張からかガラガラ声だった和田ちゃんですが、市川君と一緒に満員のお客さんをゲラゲラ笑わせていました。ご両親、学校の先生にも来てもらっていたようで、晴れの舞台を見てもらってよかったですね。
番組からお花を贈ったのですが、それが北米原産のヒマワリでした。もちろん北(きた)米原(よねはら)産(さん)のヒマワリですよ。和田ちゃんも気付いてくれていたようです。
ますます成長してくれることを親戚のオッチャンのような気持ちで期待しています。
 

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.30
ついでに、さらに、せっかくなので、やっぱり、でも、そこで

昨日、会社の仕事で福井へ行きました。思ったより早く打ち合わせが終わったので、祖父母の眠る墓にお参りしてきました。ついでにというのも失礼な話なのですが、お盆に行けなかった墓参りができて、心が少し軽くなった気がしました。
さらについでに東尋坊に立ち寄ると、夏休み最後の日曜ということもあって、観光客が結構来られていました。せっかくなので海の幸を食べようと、サザエのつぼ焼きを注文。そうなると、やっぱり欲しくなるのが冷たいビールですよね。
でも、レンタカーを運転しているのでアルコールは摂れません。そこでノンアルコールビールを頼んでみました。結構いけますね! お茶だけで食べるよりはるかに美味しくいただけました。
ご馳走さまでした。
 
子守康範

▲ページトップへ

2010.08.27
びわりんのマラカス

「違うー」!!!「何か違うー」「何が違う?」って、子守さんが唸ります。
違うらしいんですよねーびわりんのマラカス。 まず、根本的に形が全然違う!!びわりんのは、カラフルで、お手製の娘さんの幼少の頃のお花の髪飾りがついた可愛いマラカス。
一方私のは、竹の乾かしたベージュ色、子守さんのプレゼントのマラカスも大振りで、唯一の可愛さと言えば、そこに彫られている海亀の模様。見た目から全く違いますー(汗)
更にびわりんダンスがそこに入るんですから、子守さんのみならず、皆がメロメロになってしまうのは、当然!女神さまが羽衣をヒラヒラさせて舞を舞っている様に、一同釘付けです。そのイキには逆立ちしてもなれそうにありませーん。生まれ変わらない限り(笑)
子守さんにも言われてしまいましたが、おっちゃんがマラカス振ってるのと、乙女が振っている、気持ちの軸の問題だそうです。(笑)だってー仕方ないーハートが男前やねんもん。
中から、小さいオヤジ、小やじがでてきそうって言われるぐらいやしなぁ・・・金曜日は、五時代も、6時からも、ざっくばらんな、おじさんトークが楽しめるーと思って、お聞きくださいませ。

大浦理子

▲ページトップへ

2010.08.26
左ト全さん

リスナーさんのラジオネームから思い出した左ト全さんの「老人と子供のポルカ」。
♪ズビズバー、パパパヤ〜! というフレーズをすぐに歌うことができるのは、大阪万博世代ならではですね。調べてもらうと、昭和45年2月、万博開幕の直前に発売されています。
「ゲバ」「ジコ」「スト」を止めてくれという実に真面目な歌詞なのですが、左ト全さんと子供たちの歌声から楽しい曲という印象が強く残っています。
懐かしいなぁ。ちなみに、「ひだりぼくぜん」さんと読みます。

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.25
特設ステージ

第4回チョイ盛りミーティングは毎日放送開局60周年記念特設ステージで先ほどまで開催されました。今回も約500人のリスナーの皆さんにきていただき、自分で言うのもなんですが大盛況でした。
びわりん、松井さんへの質問コーナー。そして生コドモ倶楽部では、松井さんお気に入りの頓知のきいた答に、立ち呑み三銃士の千社札がプレゼントされ、会場からも声を出していただきました。
しかし、なんといっても会場の笑いを根こそぎ持っていったのが、女と男の和田ちゃんでも市川君でもなく、舞台右側最前列に座っていた少年でした。「年齢は?」と尋ねると「39歳」と大ボケをかましてから、終演までツッコミを連発。市川君の100万倍注目を集めていました。

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.24
アボカド

替え歌のコーナーをやっていたら、放送直前の浜村淳さんがこちらのスタジオをのぞいてくださいました。そして「ありがとう」のオープニングでも替え歌のことを話してくださいましたので、お礼の気持ちを込めてあちらのスタジオを訪問。スタジオに乱入してきました。
浜村さんのお気にめしたのは「科学忍者隊ガッチャマン」の替え歌「チャッカマン」でしたが、さらに以前ご紹介した「ありがとう」のテーマ曲の替え歌「♪アボカド〜、アボカド〜、ララランランラランラ〜」も歌って差し上げました。
浜村さんは「僕の番組をバカにしているのか」とニッコリ笑って怒っていらっしゃいましたが、とても気に入っている替え歌です。本当は最後まで歌いきりたかったなぁ。「アボカド〜!」

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.23
カラフル

昨日、なんの前情報もなく、映画「カラフル」を見てきました。アニメです。それ以上の情報はないほうがいいでしょう。原作本もありますので、あらすじをご存知の方もいらっしゃるでしょうが、できればなんの先入観も持たずにご覧になったほうがいいと思います。
私はツイッター上で、この映画を見た人がいいよとつぶやいていたのを読んで行ってみましたが、非常によかったです。見終わって、いつものようにパンフレットを買い求め読んでみましたが、映画をみる前に読まなくてよかったと思いました。
何の情報にもなりませんが、とてもいい映画でしたのでご紹介させていただきました。

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.20
ラッキーらんちー

今日は回転寿司の話題で盛り上がりましたが、私、実はあんまり色々なお店に行ったことが無く・・そんなにお店によってサービスが違うなんてビックリ!!!
用途によって使い分けてもいいかもしれませんね。 そんな私がオススメの回転寿司!って全く信憑性が無いかもしれませんが、もし、出張か何かで行く機会があったなら、金沢近江町市場の回転寿司に足を運んで下さい!!二、三軒はあったと思いますが、どのお店もネタがよく、又リーズナブル!!カウンターのみの高級お寿司屋さんにもひけをとりません!!
それに、地元のお酒をちょっといだだいたら、最高な気分。お財布が寂しい時でも贅沢気分が味わえていいですよー

大浦理子

▲ページトップへ

2010.08.19
レトロポスター

てんコモリトピックスのコーナーで魅力を伝えきれなかったのが残念なのですが、大阪市営地下鉄に掲示されてきたレトロな映画風のポスターシリーズが打ち切りとなってしまうようです。
大阪市にある「宣成社」という広告会社が作られたもので、「社長シリーズ」「若大将シリーズ」など邦画全盛期の時代を思わせるイラストとダジャレ出演者名で大いに笑わせてもらいました。たとえば塩津作源(CO2削減)、奈良花茜(並ばなあかんねなど、苦労が伺えるものもありましたが、素晴らしいシリーズだったと思います。これからも楽しい広告をぜひ作ってください。

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.18
人妻京子

子守です。今日はコドモ倶楽部への質問を送っていただいた方のラジオネームで盛り上がってしまいました。
「人妻京子」
男として、なんとなく気になる四文字だと思いませんか?私だけかな?びわりんには「男って・・・」と言われてしまいましたが、なんとも男心をそそるラジオネームでした。
放送終了後、採用されたことへの御礼のメールを読ませていただきました。
以下、ご紹介いたします。


今日は「コドモ倶楽部」に採用頂きありがとうございます。それ以上にラジオネームで 楽しんで頂きありがとうございます。これほど喜んで頂けるとはおもいもよりませんでした。
ちなみに私は 「女」です。

『人妻京子』より

▲ページトップへ

2010.08.17
コモさん!!?

先週、お盆で実家に帰った時に、見つけました。
コモさんを!
22年くらい前の写真でしょうか、、、。
大きい人をとちっちゃいコで、面白いから、スタッフがツーショットを撮ってくれてたんですね〜。
時間の流れや時代を感じるのが、日本の夏、お盆なのかもしれませんね。
平和な世の中でありますように。。。

Cことおだしずえ

▲ページトップへ

2010.08.16
ベビーフード

本の整理中に出てきた『スウェーデン式 アイデア・ブック』。処分される前に手にとってみると面白いエピソードが掲載されていました。
毎年、春先になると若者たちが馬鹿騒ぎをして留置場に入れられることに頭を悩ましていたアメリカの警察署長さん。罰則を厳しくしても、留置場に入れられることを「マッチョ」で「クール」なことだと自慢する若者たちには抑止効果がありません。
そこで考えたのが、留置場に入れられた若者への食事をベビーフードにすることでした。まだまだ大人になっていないというメッセージも込められているのでしょう。暴れて、騒いで、一晩留置場にぶち込まれた若者も、中でベビーフードを出されたとあっては仲間に自慢できません。
発想を変えることで状況が変えられる事例として取り上げられていました。面白いですね。

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.13
お舟かもめクルーズ

今日はお盆休みと突入!と言う事で、何だかスタジオもまったりムード?!いやいや、実は昨日歓送迎会があって、夜まで盛り上がっていたので、何時もよりちょっとおとなしめだったかもしれません。
もしかすると?ちょっと夏バテ気味??リスナーの方もそういったかたいらっしゃるかもしれませんね。そんな方におすすめなのが、御船かもめのクルーズ。定員10人の小ぶりのデッキのついた船なんですが、ステンドグラスの装飾がついていたりと、おしゃれ。その船で、大川や道頓堀川、コースによっては、海までも!!持ち込みも可能ですし、街中の喧騒からすっかり離れて、少し優雅なきぶん。道頓堀川をクルーズしたら、護岸を歩いている人が手をふってくれたりもしますよ!
川や海から見る大阪は、のんびりゆったりして、ええとこやなぁって実感出来ると思います。
ちょっと、体や気持ちが疲れたら、お舟かもめクルーズおすすめです。


大浦理子

▲ページトップへ

2010.08.12
生放送だから

今朝は大雨洪水警報が各地に出ている中での生放送でした。高槻などで1時間に100ミリを超える猛烈な雨も観測したそうです。
気象警報、土砂災害警戒情報、道路情報、鉄道情報など公式情報に加えてリスナーからも刻々と新しい情報が入ってきます。
元気に楽しく朝を迎えていただくための放送を心がけていますが、こうした日にはいつもにも増してこうした情報をキチンと整理してお届けしなければなりません。いつ何時ラジオのスイッチが入ったとしても、遅滞なく大切な情報が伝えられるように。これからも信頼され、役に立つ放送をお届けしてまいります。
今朝は大丈夫だったかな?


子守康範

▲ページトップへ

2010.08.11
生コドモ倶楽部

再来週の水曜日(8月25日)に開催する第4回ちょい盛りミーティングで、お子様からの質問を生でぶつけていただこうと考えています。「なんで〜? どうして〜?」という素朴な疑問質問を直接聞かせてもらえませんか?
8月25日(水)の午前9時から梅田・茶屋町にある毎日放送1階ロビーで開催します。質問はメール・ファックス・お便りでお寄せください。スタッフがお電話するかもしれませんので、あなたの電話番号も必ずお書きください。
私たちを右往左往させる質問をお待ちしています。

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.10
ともさかりえさんおめでとうございます

映画『ちょんまげぷりん』を見て一気に好きになった女優・ともさかりえさんの残念なお知らせが今朝の新聞に出ていました。浜村淳さんも取り上げていましたが、年内に結婚されるそうです。報知新聞によりますと、お相手はスネオヘアー。
ミュージシャンであり俳優もされているそうです。好きになってわずか36時間の恋心でした。
こ・こ・ろ・か・ら、お・め・で・と・う・ご・ざ・い・ま・す!!!!
映画は本当に面白いので見てください。


傷心の子守康範

▲ページトップへ

2010.08.09
日食バンザイ!

今夜(8月9日)午後8時からは「子守康範の日食バンザイ!」が放送されます。
去年7月、雨の屋久島で皆既日食が見られず、それでも感動を味わった私が日食の魅力に取り付かれ、今年1月にはインド最南端コモリン岬での金環食観測へ。さらに先月、南太平洋に浮かぶ絶海の孤島イースター島まで足を運び、皆既日食へのリベンジを図りました。特番では、3回にわたる日食中継の録音を交えながら、日食の魅力をお伝えします。
そもそも私が屋久島での皆既日食を見に行くことになったのは、日本で見られた前回(47年前)の皆既日食の新聞記事が、私の1冊目のアルバムに貼られていたというのがきっかけでした。亡父はこの記事の切り抜きを貼ることで、赤ん坊だった私にいったい何を伝えたかったのでしょうか? 
私なりの結論を番組ではお話しようと思っています。ただ、お相手が高井美紀アナウンサーですので、予定調和の話の展開はありえないと思いますが。
今夜午後8時からの「子守康範の日食バンザイ!」。
ぜひお聴きください。

子守康範

▲ページトップへ

2010.08.06
世紀の大発見?!

世紀の大発見?!かと騒然となった、しりなし川のネッシー騒動。リスナーさんのお便りで ネッシーと疑われた生物は、鳥類の鵜と判明。一件落着と相成りました。
へーっでも、鵜は市内の川にも生息しているのですねビックリ。泳ぎ方も鴨と違い、身体が水の下に沈み首を出す泳ぎ方。和田ちゃんのリポートとリスナーさんの連携プレーで、ネッシーの発見とまではいきませんでしたが、スタジオではわからない川での鳥達の雰囲気がつたわり、疑問が解決しました。
改めて、リスナーさんって、何でもよくご存知やなぁと、スタッフ一同感心しきり。これからも、何でー ?どうしてー?っていう疑問質問を発信して行きますので、どんどん教えてくださいませ。お便りお待ちしておりますー。

大浦理子

▲ページトップへ

2010.08.05
パッと見チェッカーデビュー

この番組を担当するようになって気がついたこと。
今までは立っていたり歩いている子守さんを見かけてご挨拶をすることが多かったので、出会うといつも「わっ、デカっ!」と思っていました。ところが打ち合わせやら何やらで座っている子守さんは思っていたほどデカくないのです。ということは足が長いということか?
さて今日のパッと見チェッカーデビューはドキドキしました。今後もまみパワーで濱さんを前向きにしますね(笑)。
みなさまどうぞ温かく見守ってくださいませ。

ディレクター山田

▲ページトップへ

2010.08.04
お富さん♪〜ラリホ〜ラリホ〜♪

今日は、火曜日ではなく、水曜日ですが、ジャンル、年代の関係なくさわやかな歌声が、スタジオに響きわたりました。歌うって、楽しいですね〜☆
びわりんも、今日は、コーラスの練習の日です。暑くなりそうですが、がんばります。「ラリホ〜♪ラリホ〜♪ラリルレロン!」最後は、「ロン」だって、子守さんに教えてもらいました。

びわりん!

▲ページトップへ

2010.08.03
トスカーナの夕陽

今朝、番組の中で話が出ました僕のオレンジ色のシャツ。僕が名づけた「トスカーナの夕陽」シャツ。いま一番のお気に入りなんです。やっぱりこの鮮やかなオレンジ色はアジア圏の国では出せない色ですね。
昔、イタリアに行ったときにトスカーナ平原に沈んでゆく夕陽があまりにもキレイなオレンジ色だったのでそう名づけました。これを着ると気分も「イタリア〜ン」になるんです。


今週6日金曜日はアロージャズオーケストラとライブをやります。
武庫之荘のライブスポットアローで18時から開場!
お問い合わせは加藤ヒロユキ音楽事務所までお気軽に!
06−6105−0630

▲ページトップへ

2010.08.02
オープンキャンパス花盛り

昨日は番組にもご出演いただいた内田先生の神戸女学院がオープンキャンパスを行っていました。また、今朝の新聞各紙には武庫川女子大学の一面広告が掲載されていました。少子化が進み、学生確保にやっきの各大学はあの手この手と趣向を凝らして受験生にアピールしています。いまから30年ほど前に受験生だった私には想像もできない光景です。
最近、いろんな大学の関係者とお話をさせていただく機会があり、キャンパスへ足を運ぶこともあるのですが、いつも思うのは、これだけの敷地、施設、知の蓄積をもっともっと活用できないかということです。資源のなく、相対的に賃金の高い日本が生き残る道は、頭を使った仕事しかありえません。象牙の塔と呼ばれた閉鎖社会は昔話だと思いますが、社会の共有財産として、大学がもっともっと活かされたらと切に願います。

子守康範

▲ページトップへ