[an error occurred while processing this directive]
きょうイチ!てんコモリ!
バックナンバー

[an error occurred while processing this directive]
2011.6.30【木】
【コドモ倶楽部】

お子さんからの素朴な疑問や質問にリスナーの皆さんがお答えする「コドモ倶楽部」。木曜日レギュラーの女と男の和田ちゃんが加わり、更にパワーアップしてお届けしています。
今日はお子さんからの質問で「私のお父さんは“よく打ち上げと言って酔っぱらって帰ってきます”だいたい”打ち上げ”ってなんですか?」「なんで吉本新喜劇で内場さんがギャグを言ったらみんなバタバタと倒れるのですか?こけたらケガしませんか?」などがあって、リスナーの皆さんに答えを募った質問は・・・
「どうして“家帰って、風呂入って、屁こいて、寝よ”と言うの?」でした。
この質問に対して、リスナーさんからたくさんのお答えを頂きましたよ?!
「“家帰って、屁こいて寝よ”は私の実家の高松でも言っていたと思います」
「お兄ちゃんも私も小学3年生の時の担任だった先生に、テストが終わって”何しといたらいいですか”と聞いたら”屁こいて寝とけ”と言われました」
「寝てから屁をこいたら、布団の中に匂いがこもって大変なコトになるし、ヘタしたら布団に色がついて恥ずかしいコトになるから、寝る前にちゃんと屁をこかないとダメだから、屁をこいて寝るんです」
「屁ぇこいて寝よ!は当たり前ですやん、布団に転がりついでに一発!言えなかった不平不満をお尻の穴にたった一言で掃き出して頂く1日の打ち上げですわ!」
「”1日は屁?(礼)に始まり、屁?(礼)に終わる”って言うからです」
「おならだけに”しり(尻)ません”」
「その理由は少し歴史をさかのぼらなければイケません。どこまでさかのぼるかと言うと、へーやん(平安)時代」
「そんな質問“屁の河童”と思っていたら、案外”屁理屈”で答えにくいので、結局“放棄(放屁)”させてもらいます」
リスナーのみなさん素晴らしい解答をありがとうございました!
番組では、お子さんからの素朴な疑問や質問をたくさんお待ちしています。

▲ページトップへ

2011.6.29【水】
【ブックウェンズデー】

今日ご紹介した本は『未来ちゃん』
写真 川島小鳥 
出版 ナナクロ社
いつもは小説や詩集など、文字が書かれた本を紹介する子守さんですが、今日は川島小鳥さんの写真集を取り上げました。昨年末「ブルータス」写真特集の表紙を飾るなど、現在もっとも話題の写真集のひとつです。
内容は、ひとりの女の子の一年間を撮りおろした、見ているだけで跳ねだすような、傑作写真集です。被写体となった女の子はもちろん実在しますが、「未来」という名前ではなく、川島さんが「未来ちゃん」というコンセプトで制作したものなのだそうです。
子守さんは「ブックウェンズデーで写真集をご紹介することは、非常に無理があると思いましたが、そういった気持ちを越えてくるほど素晴らしい写真集だったのでご紹介させていただきます。佐渡島に住む少女を追いかけた川島さんの写真は、頭で考える写真ではなく、ダイレクトで心臓に届いてきました。表紙の写真は、ハムエッグを和室で食べているのですが、食べるという事は生きるという事だ!と言っているような表情をしています」と話していました。
皆さんもよろしかったら「未来ちゃん」の写真をその目でご覧になってくださいね?!

▲ページトップへ

2011.6.28【火】
【子守見聞録】

今日は、河島英五さんのお墓参りの話。
週末、近鉄特急に乗って奈良に行き、ようやく河島英五さんのお墓参りに行く事ができた子守さん。番組の中でも何回かお話ししましたが、子守さんが自分史ビデオの制作会社を立ち上げた時に、制作ビデオを観た河島英五さんが感動して、自分史ビデオのテーマ曲を作ってくださったそうです。そして、その時の歌詞は子守さんが書いたものを原作に河島英五さんが添削したもので曲のタイトルは「あなたに ありがとう」でした。
そして、その歌詞が河島英五さんのお墓の裏に刻まれているという驚きの事実があって、子守さんはお墓参りへと足を運びました。静かに手を合わせてお礼を言う子守さん。お墓には「あなたに ありがとう」の歌詞が確かに刻まれていたそうです。
また河島英五さんの奥様がやっておられる喫茶店、奈良町のテンテンカフェにも行って来た子守さんは、奥様にご挨拶できて満足そうでした。
子守さんは「奈良町から1・5キロぐらいの十輪院にあるのですが、キレイなお墓でちゃんとお花が供えてありました。河島さんにちゃんとお礼を言う事ができました」と語っていました。

▲ページトップへ

2011.6.27【月】
【てんスポ!】

月曜日は、週末のスポーツの結果を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。
今朝は毎日放送・野球解説者の亀山つとむさんを迎えてお届けしました。
交流戦後のジャイアンツ3連戦を2勝1敗で終えたタイガース。3連勝とはいかなかったものの亀山さんは「チームの負け方が良かったと思います。ジャイアンツ戦8連勝の能見投手は連勝ストップの悔しさより自分のふがいなさを感じていたように思います。またチームが打ちまくっていた去年のチームからようやく違う戦い方を見つけてきたように感じました。送りバントとか走塁面とかそういった細かいプレーで得点に繋げる、またベンチの中で調子の良い選手を使って他の選手は休む、といった体制が組めるのではないでしょうか。長いペナントレース、ちゃんと休める時に休むのは後半の大事な場面で大きく違ってきますので、そういうチーム力も必要になってきますので、期待したいですね」とかなりタイガースへの期待感を込めていました。

▲ページトップへ

2011.6.24【金】
【てんスポ!】

金曜日は、タイガースの話題を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。今週金曜日からは週替わりでスポーツのコモンテーターをお招きして、週末に行われるスポーツ中心にお送りします。今朝はスポニチの編集局次長の中根俊朗さんと一緒にお届けしました。
交流戦を終えて、今日はリーグ戦再開後の開幕戦となるジャイアンツ戦に臨むタイガース。甲子園で伝統の一戦が3試合続くわけですが、中根さんは「今日の先発は能見の予定で、ジャイアンツ戦8連勝中です。相性が非常に良く、今日の試合でも勝てば球団新記録の9連勝となりますね。3連戦の初戦をとってチームに勢いをつけたいところですね」と話していました。
また今後のタイガースの展開としては「金本の起用法がひとつのポイントになりそうです。チームから離れている時に打線がつながったり、守備が問題視されたり、色々な意見がありますが、しっかりチームのためになる起用法を考えて欲しいと思います。また、3番・4番・5番で点を稼げるサイクルになることも重要だと思うので、特に新井に引っ張っていって欲しいですね」と熱く語っていました。
子守さんと中根さんは「2勝1敗では借金がそんなに減らないので、ここは3連勝をして一気に借金を減らしていきたいですね」と話していました。

▲ページトップへ

2011.6.23【木】
【コドモ倶楽部】

お子さんからの素朴な疑問や質問にリスナーの皆さんがお答えする「コドモ倶楽部」。木曜日レギュラーの女と男の和田ちゃんが加わり、更にパワーアップしてお届けしています。
今日はお子さんからの質問で「なんで大人はビールを飲むと“やっぱりビールはひと口目が最高や!”と言うんですか?ふた口目はからはまずいんですか?」などがあって、リスナーの皆さんに答えを募った質問は・・・
「昔話“浦島太郎”に出てくる竜宮城のお姫様は、なんで浦島太郎に開けたらあかん玉手箱を渡したんですか?」でした。
この質問に対して、リスナーさんからたくさんのお答えを頂きましたよ?!
「なんで乙姫様が浦島太郎に開けたらあかん玉手箱を渡したか?なんで玉手箱を開けたら浦島太郎がお爺さんになったか?♪あ、さて あ、さて さては 難問玉手箱…」
「やっぱり開けてたら困る物が竜宮城にあったら厄介だから厄介払いのためにあげたんじゃないでしょうか?」
「浦島太郎が玉手箱を開けたなぜおじいさんになるのか!!それは竜宮城で女遊びするパワーがなくなるようにおじいさんになってしまうんですよ?!!火野正平さんには効かないかもしれません・・・」
「乙姫様の嫉妬心。若い浦島太郎が地上に戻ると、他の女の人と仲良くしてしまうので、玉手箱を開けていっぺんにお爺さんになった浦島太郎はすぐに死んでしまいました。そして、化けて出てきました。“うらしまや??”いわゆる、呪いだとか...」
「玉手箱には人間の欲が入っているのです。浦島太郎は欲が出てしまい、箱を開けて、年老いてしまいました。玉手箱は欲が溜まっている箱”たまっている箱”なんです」
「浦島太郎が竜宮城に長年滞在していたので、乙姫様にうっぷんが「貯まって箱」。その玉手箱を開けた浦島太郎が驚いて「おっと!ひめ いが」出た太郎でした」
「推測するところ、乙姫が”つまらないものですねん。箱だけでっさかい、遠慮せんと”と言って、お土産を持たせてくれました。長い間、家を空けて帰ってきたものですから、家族からは他人のように冷たい視線で見られます。その時、浦島太郎の奥さんが玉手箱を開けたら乙姫の名刺が出てきました。その後は、浦島のおっちゃんは、髪の毛が白くなるほど、恐ろしいお仕置きをされたそうです」
リスナーのみなさん素晴らしい解答をありがとうございました!
番組では、お子さんからの素朴な疑問や質問をたくさんお待ちしています。

▲ページトップへ

2011.6.22【水】
ブックウェンズデー

今日ご紹介した本は『PRAY FOR JAPAN‐3.11世界中が祈りはじめた日‐』
出版 講談社
監修 鶴田浩之

2011年3月11日の東日本大震災発生の12分後から届き始めた、海外・国内からの<祈り>を込めたメッセージ、エピソードを集めたWebサイトから「世界中が胸をうたれた」写真と言葉を本として緊急出版したものだそうです。
そのサイトには48時間で300万人がアクセスし、ニッポンへの心揺さぶられるメッセージが世界中から届き、多いときは、1秒に1回以上のペースで、地震発生時から現在まで地球上のあらゆる地域からツイッターやフェイスブック、画像投稿サイトを通じて、多くの写真や言葉が寄せられ、それが話題となりNHK、日本テレビ、読売新聞などでも次々と紹介されました。
具体的な中身を少しだけ紹介しますと、子供と大人の手が結ばれた写真に、「だいじょうぶ」という言葉が抱き合わせてあったり、東横線のアナウンス写真に、「大変なことになっていますが力を合わせて頑張りましょう」と車掌さんのマニュアル外の気持ちを込めた言葉など、数十ページに渡り記載されており、改めて日本人の誇りと温かみを感じれる作品、そして世界は1つであると人間の深い絆、結びつきを改めて再認識できる1冊となっています。

▲ページトップへ

2011.6.21【火】
子守見聞録

今日は“西の名門”灘校「伝説の国語教師」橋本武の話。
灘校と言えば特別な存在、ガリ勉のイメージがあった子守さんでしたが、そんな色眼鏡を外し灘校の底力を肌で感じたのは先週の土曜日灘校を訪れた時のことでした。
新聞などにも取り上げられた橋本武先生のその授業方法とは、文庫本『銀の匙』(中勘助著)をゆっくりと読み、教科書は一切使わないという前例なき授業スタイルだったそうです。
この銀の匙研究ノートという独特の授業は、生徒の学ぶ力を育み、私立高として初の「東大合格者数日本一」を達成したそうです。
実際の授業では、まず黒板に「あそぶ 感覚 まなぶ」と書き、生徒にあそぶとまなぶの違いについて意見を求め、その答えとして、あそぶとまなぶが一緒になれば良いと提案したそうです。
スタジオでは実際にその授業で使われた「ぶ」動詞を考えてみよう。という課題を出演者のみなさんで挙げてみました。
橋本武先生は「どう国語力をつけるのか?」という観点から、脳に刺激を与える方法や物事を派生させる仕方など人生の糧になるようなテキストで授業を展開し指導要領や教科書から作ろうと心に決めていたんだそうです。

▲ページトップへ

2011.6.20【月】
【てんスポ!】

月曜日は、週末のスポーツの結果を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。
今朝は毎日放送・野球解説者の太田幸司さんを迎えてお届けしました。
18勝4敗2分でソフトバンクの完全優勝に終わった交流戦、阪神タイガースは10勝14敗で8位に終わりました。
この結果について子守さんと太田さんがコメント。
あわや連勝ができた試合での逆転負け、勝ちを目前に負けてしまう阪神タイガースに太田さんは「肝心なところで弱い、交流戦後はどこかで連勝し、まずは5割を目指そう」と話しこれからの中盤戦にと気持ちを入れ替えていました。
子守さんも今のチーム状態を新幹線に例え「長いトンネルが続いている、停まる駅が多くてこれではまるでこだまだ、このままではのぞみやひかりに抜かれてしまう」と絶妙、、舌妙なコメントをいただきました。
最後には交流戦を終えたそれぞれのチームの監督のコメントを紹介、優勝したソフトバンクの秋山監督が「それぞれがしっかり仕事をした」というコメントに対して、セリーグで唯一勝ち越した中日の落合監督は「・・・・・・」と無言のコメント、これに対し子守さんが「てん、てん、てん、てん・・・一口餃子か!」とナイスツッコミを入れていました。

▲ページトップへ

2011.6.17【金】
【てんスポ!】

金曜日は、タイガースの話題を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。今週金曜日からは週替わりでスポーツのコモンテーターをお招きして、週末に行われるスポーツ中心にお送りします。今朝は元日刊スポーツの記者で現在はスポーツライターの内匠宏幸さんを迎えてお届けしました。
今日は今週火曜日と水曜日に行われたファイターズ2連戦を受けた話。
2試合連続で1点差のゲームをものにしたタイガース。これまでの戦いぶりと力量差から良くても1勝1敗だろうと考えた内匠さんですが、「1試合目の武田勝がどの球種も同じ腕の振りで打者に的を絞らせない非常に良いピッチングを披露しました。しかし、タイガースの岩田もそれと同じかそれ以上に良いピッチングでした。関本のサヨナラヒットで勝利したわけですが、締まった投手戦で非常に見応えのある素晴らしいゲームでした」と話し、ダルビッシュが先発した次の日の2試合目に関しては「前日の緩急をつけたピッチングの武田勝のあとのダルビッシュですから、ただでさえ打つことが困難なのに、いつも以上に1点を取ることが大変になると想像していました。ましてやダルビッシュは連続無失点記録が継続中ですから非常に高い集中力でタイガース打線を抑えにかかりますからね。ただ、タイガースは試合前の練習でバッティングピッチャーを二足分前から投げさせるなどダルビッシュ対策を講じていました。結果的にはダルビッシュ自らの暴投で連続無失点記録を途絶えることになりましたが、1対1の同点の場面からマートンが見事な決勝打を放ってくれました。この2試合だけを振り返ると、随分チームの形が出来上がってきたように思います。2試合とも完全な守り勝ちだったと思うので、今後の試合でもこういったイメージの試合が理想になるのではないでしょうか」と話していました。

▲ページトップへ

2011.6.16【木】
【コドモ倶楽部】

お子さんからの素朴な疑問や質問にリスナーの皆さんがお答えする「コドモ倶楽部」。木曜日レギュラーの女と男の和田ちゃんが加わり、更にパワーアップしてお届けしています。
今朝、サンダーバードのDVDがディアゴスティーニから販売されることを子守さんが興奮気味に番組でお伝えしましたが、そんな流れから今日お子さんからあった質問は「なんで男の人はモノを集めたがるの?」があって、その後リスナーの皆さんに答えを募った質問は・・・
「なんで電卓は下から数字が並んでいるのに、電話は上から並んでいるの?」でした。
この質問に対して、リスナーさんからたくさんのお答えを頂きましたよ?!
「今日の問題は難しすぎて、答えがでんわ(電話)!」
「テンキーの位置が違う件ですが、今日はお天気(テンキー)悪いから来週にしません?」
「なんでキー配列が違うのか?キーだけに奇をてらってる(意表をつく)んと違いますか?」
「キーの並び方は決まってないのです。キーの並び方は、決まっていません。仮に決めータ(カリュキュレータ)」
「塾の講師をしていたときに生徒に聞かれたことがあり当時新聞などで調べました。覚えている範囲でお答えします。まず電話ですがもともとの電話はダイヤル式です。右上から反時計回りで1から0まで数字が並んでいましたよね。この「1から始まり最後が0」というダイヤル式にならって、米国のAT&Tという会社が、上から1、2、3と並ぶプッシュ式を作りました。また電話は立って上から見下ろして使うことが多かったので、目線に近い上の方へ1を持ってきたのは、それなりに理にかなっています。また「1」と「0」が離れていると「110番」を間違って押すことも少ないとか。また電卓ですが初めて電卓ができたころ、数字のボタンは横一列に並んでいました。キャノンという会社が、0を一番下に、すぐ上に1、2、3と続く現在の並び方の電卓を作りました。これが今でも使われ、パソコンにも採用されています。電卓で計算をするとき、最も使う数字は「0」。そのボタンを手元に近い場所にして、続く数字を1、2、3と順番に置いているのが、使いやすいのでしょう。電話は国際電気通信連合で、電卓は国際標準化機構で並び方が決められていて、両方とも世界共通です。」
リスナーのみなさん素晴らしい解答をありがとうございました!
番組では、お子さんからの素朴な疑問や質問をたくさんお待ちしています。

▲ページトップへ

2011.6.15【水】
スペシャルゲスト!

毎週水曜日は子守さんが皆さんに読んで欲しいオススメの本をご紹介するコーナー「ブックウェンズデー」。
今朝はそのブックウェンズデーで本をご紹介させて頂きました「星守る犬」の原作者である村上たかしさんにゲスト出演して頂きました。インターネット上のミニブログ「ツイッター」で子守さんと村上さんが繋がったことをキッカケに決まった今回の番組出演。子守さんがボロボロ涙した「星守る犬」は先週から西田敏行さん主演で映画でも公開されています。
村上さんがマルビルの電光掲示で流れていたあるニュースをきっかけにスト―リができたそうで、内容は、もともと鉄工所で働いていた口数の少ない主人公のお父さんが、職を失い、妻に離婚され、持病を患った状態で犬のハッピーと車であてもない旅に出ますが、お父さんとハッピーは朽ち果てた車の中で寄り添うように、遺体で発見され、鑑定の結果お父さんは死後1年、しかしハッピーは死後わずか3ヶ月・・・。この時間差が意味するものとは・・・。「大人が泣ける漫画」で大人気となった「星守る犬」ですが、「叶わない夢をみている人」「高望みをしている人」といった意味をさすそうです。意外にも村上さんが初めて描いたストーリー漫画で、村上さんは「悲しい結末のように思えますが、不幸ばかりではなかった部分、愛し合えるものが居た幸せを描こうと思いました」と話していました。
また、西田敏行さんに関しては「インテリジェンス溢れる方で、読書量も多いそうで、ボキャブラリーが非常に多かったです。”アドリブの西田”そのままといった感じで、とにかく凄い方でした」と語っていました。
村上さんは映画について「西田さんが最後に言うセリフは、家族に看取られる時には絶対に言わないようなセリフになっています。是非、注目してみてください」と話していました。
村上たかしさん、朝早くからゲスト出演して頂き、ありがとうございました!

▲ページトップへ

2011.6.14【火】
【子守見聞録】

今日は河島英五さんの話。
子守さんが99年に独立開業する記念に河島英五さんからプレゼントされた未発表曲「あなたに ありがとう」。
子守さんのお祖父さんの死をきっかけに自分史ビデオの制作会社を立ち上げ、子守さんが制作したお祖父さんのビデオを観た河島英五さんは心を打たれ、自分史ビデオのテーマ曲を作ってくださったそうです。子守さんが書いた歌詞を河島英五さんが添削し、子守さんの目の前で収録された曲が「あなたに ありがとう」でした。
今日の見聞録のコーナーで曲が流れると、リスナーの皆さんから続々と「感動しました」という感想が寄せられました。
そして、なんと!今日の放送を聴いていた河島英五さんの娘さんでタレントのあみるさんからご連絡が入り、急遽電話で出演して頂き「あなたに ありがとう」の歌詞が河島英五さんのお墓の裏に刻まれているという驚きの事実を話してくれました。奥様が河島英五さんのメモ帳に書かれてあった詞があまりにも良かったので、お墓に刻むことにしたそうです。あみるさんもご家族も曲があることは知らず、「驚きました。父からのサプライズだと思いました」と感動していました。
子守さんは「今でも収録した現場のことを鮮明に覚えています。今日は鳥肌が立ちました。英五さん、ありがとうございます」と感謝の気持ちを語っていました。

▲ページトップへ

2011.6.13【月】
【てんスポ!】

月曜日は、週末のスポーツの結果を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。
今朝は毎日放送・野球解説者の亀山つとむさんを迎えてお届けしました。
昨日のライオンズ戦に5対11で敗れたタイガース。連勝は3で止まり、今シーズン初登板した先発の安藤投手は試合を作れず、試合前まで防御率0・74と抜群の安定感を見せていたルーキー榎田投手も4失点と初めて打ち込まれました。これを受けて亀山さんは「まず先発の安藤投手に任せると決めたわけですから、どれだけ失点されて5回までは投げさせる覚悟が必要だと思いました。そうすることで例え負けても安藤投手も選手も納得いくわけですから。あと安藤投手との相性で岡崎捕手とのバッテリーを組ませたのですから、安藤投手を下げたと同時に岡崎選手もベンチに下げるべきだと思います。キャッチャーを言い訳に使ったらいけないんです」と話し、榎田投手の起用法に関しては「チーム最多の20試合目の登板となったわけですが、何億も稼いでいる投手がいる中、ピカピカのルーキーに頼り過ぎです。任せ過ぎなんです。このまま使い続けたら、本当につぶれてしまいます。タイガースを背負っていく貴重な人材なので、大事に使って欲しいですね」と話していました。
子守さんは「もう亀山さんが監督しましょっ!」と亀山さんの熱い語りに惚れ込んでいました。

▲ページトップへ

2011.6.10【金】
【てんスポ!】

金曜日は、タイガースの話題を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。今週金曜日からは週替わりでスポーツのコモンテーターをお招きして、週末に行われるスポーツ中心にお送りします。今朝はスポニチの編集局次長の中根俊朗さんと一緒にお届けしました。
昨日のロッテ戦に5対2で勝利して、5月17日以来で交流戦期間初となる連勝を飾ったタイガース。アニキこと金本選手が大活躍!長嶋茂雄さんに並ぶ通算418本目の二塁打で先制点を叩き出し、直後の藤井彰選手のタイムリーヒットでは、間一髪でホームを奪う激走を見せてくれました。また投げてはスタンリッジ投手の好投も光り、バランスの取れた勝利をおさめました。
中根さんは「連勝はしましたが、ロッテの外野手がまずいプレーをいくつかしてくれたのでね。ミスが多かったので点が取れた部分もあります。ただ金本、新井、ブラゼルなど役者が打って、ええ感じにはなってきていますかね。あとは、城島がヒジを痛めているので、これまで非常に期待をしていた藤井が先発でどれだけやってくれるか?という意味では、昨日勝てたことは大きいですね。今後も城島と併用してやっていけたら良いと思います。あとは、真弓監督が足を使った野球をやり始めた、動き出したっていうのが見えますので、それも良い部分だと思います。平野がセンターを守って、セカンドでバッティングに定評のある関本を使って、機動力を使った野球をやることは相手チームにも脅威ですし、なかなか打てないチーム状況があったとしても非常に効果的ですよね」と話していました。

▲ページトップへ

2011.6. 9【木】
【コドモ倶楽部】

お子さんからの素朴な疑問や質問にリスナーの皆さんがお答えする「コドモ倶楽部」。木曜日レギュラーの女と男の和田ちゃんが加わり、更にパワーアップしてお届けしています。
今日はお子さんからの質問で「どうやったら宇宙飛行士になれるの?」などがあって、リスナーの皆さんに答えを募った質問は・・・
「なんで噂は一人歩きするの?」でした。
この質問に対して、リスナーさんからたくさんのお答えを頂きましたよ?!
「噂が独り歩きするのは、団体行動だったら好きな所に行けないでしょ」
「うわさというのは、自分の口から出た瞬間、びっくりするぐらい、人から人の口へ移っていきます。自分がしゃべった相手の元でとどまらず、うわさ自体に足が生えたように、どんどん人の間を駆け回ります。だから一人歩き、と言うんですね。陰で人のうわさをするのは、決して気持ちのいいものではありません。それを考えさせる言葉ですね」
「噂も人や動物と同じで成長するのです。産まれたての時は、その場でジっとしていますが、大きくなれば一人歩きを始めます。そして噂も年頃になると彼女や彼氏ができます。結果、“噂の一人歩き”が“噂が噂を呼ぶ”となるのです」
「おばちゃんの噂話は力強くて一人歩きどころか二人三脚していますよ!」
「噂は人から人へ、次から次に広がっていき、最終的には噂の出所が分からないなんてことも多いですよね。だから、「勝手に広がっている=独り歩き」と言うのではないでしょうか?」
「仮に・・・さわさんが松井さんと立ち飲み屋さんに行って飲んでいたとします。
1.子守さんがその現場を目撃し和田ちゃんに“さわさん、松井さんと立ち飲みで飲んでたわ”と伝えます。
2.和田ちゃんが次の日、市川くんに“さわさん、松井さんと立ち飲みでええ雰囲気やったみたいやわ”と伝えます。
3.また次の日市川くんが加藤ヒロユキさんに「あのね、さわさんてね、松井さんと立ち飲み行くくらいええ仲らしいですよ」と勝手に話が違う方へ展開されてしまう事を言います」
リスナーのみなさん素晴らしい解答をありがとうございました!
番組では、お子さんからの素朴な疑問や質問をたくさんお待ちしています。

▲ページトップへ

2011.6. 8【水】
【ブックウェンズデー】

今日ご紹介した本は『「のび太」という生き方』
著者 横山泰行
出版 アスコム
この本は、富山大学名誉教授の横山泰行さんが学術的に「ドラえもん」の研究を重ねて、確立した「ドラえもん学」のデータベースをもとに、のび太の言動を詳細に分析したもので、生きるヒントや「のび太流」の夢を叶える法則が描かれています。
子守さんは「ドラえもん作品に登場するのび太のおもなトラブルは582編だそうです。こうしたトラブルは、友達関係が237、のび太本人の問題が110、家庭76、学校56、恋愛44、遊び・運動34、金銭25と、7つのカテゴリーに大きく分けられるそうです。のび太の人生はデータでも表れているように失敗の連続ですが、後半期で発表された大長編の冒険では、のび太は友達に信頼され、ドラえもんに代わって集団の中心人物としてリーダーシップを発揮していることもあります。のび太は“やりたい”と思った事は、常に口にして自己宣言している、失敗しても再チャレンジしている、のび太の夢は一時的にひみつの道具で叶えられたように見えますが、実は最終的に自分の力でどうにかしているなど、本のどこのページを開いてもビジネス書のような内容が分かりやすく書かれています。結果的に、のび太はドラえもんに出会う前から抱いていた“しずかちゃんと結婚する”という夢を叶えるわけですが、小言を言われてもいじめられても、のび太は人生を投げださなかったし、あきらめそうな時もそこを乗り越えて未来の可能性を信じ、夢を叶える自分を想像しているのですね。人生の壁にぶつかっている人やつまづいている人が、問題解決の糸口になるかも、と思い今日はご紹介させて頂きました」と話していました。

▲ページトップへ

2011.6. 7【火】
【子守見聞録】

今日は映画「プリンセス トヨトミ」の話。
この作品は、番組のブックウェンズデーでご紹介した万城目学さんのベストセラー「プリンセス・トヨトミ」を映画化したものです。
内容は、1615年の大阪夏の陣で断絶したはずの豊臣家の末裔が今も生き続け、大阪の男たちは400年間その秘密を守り続けていましたが、国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の3人が、ふとしたことからその真実を知ってしまい、大阪の公共機関や商業活動など、あらゆる機能が停止する一大事件に巻き込まれていく、、、といったものです。
子守さんは「東京に対するコンプレックス、大阪人のプライド、大阪人の持っている東京への思いをフィクションの形でスッキリさせてくれる作品です。大阪の色んな場所が出てきますしね。大阪国の伝統を父から子へ伝えるシーンでは涙してしまいました。いい映画でした。ただ、東京の人間が作った“プリンセストヨトミ”ではなく、大阪の人間が作った“プリンセストヨトミ”を観てみたいと思いました」と話していました。

▲ページトップへ

2011.6. 6【月】
【てんスポ!】

月曜日は、週末のスポーツの結果を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。
今朝は毎日放送・野球解説者の太田幸司さんを迎えてお届けしました。
昨日のオリックス戦に3対14で敗れ、2連敗を喫した我らがタイガース。これで借金は10となり、ベイスターズと入れ替わり最下位となってしまいました。先発の久保投手が初回にT?岡田から3ランを浴びるなど、2回途中7安打7失点で降板。太田さんは「これまで投手陣がずっと良いピッチングをしていましたが、バッターが打てない状況が続きました。そうすると、段々ピッチャーにもプレッシャーや負担がかかり、投球が窮屈になってきます。序盤に試合が崩れてしまうような展開が今後増えていくと、より厳しい状況に陥ることになります。もう少しの間、投手陣は踏ん張って、打撃陣の援護を待って欲しいですね。あとは右のエース・久保が故障で復帰まで時間がかかりそうで心配です。チーム全体の流れが悪く、状況が悪いのも確かですが、まだ100試合は残っています。優勝とは言いませんが、3位までには入ってクライマックスシリーズに進出したいですね。借金が2ケタになっても這い上がって来たチームはいくらでもあります。そして選手も裏では死ぬほど頑張っています。首脳陣と選手が具体的に何をすべきか、おもいきった采配、おもいきったプレーに期待したいですね」と話していました。
さぁ、今日も甲子園で関西ダービー!ファンもあきらめず、一緒にタイガースを応援しましょう!

▲ページトップへ

2011.6. 3【金】
【てんスポ!】

金曜日は、タイガースの話題を中心にお送りするスポーツてんコモリ!のコーナー「てんスポ!」。このコーナーでは、週替わりでスポーツのコモンテーターをお招きして、週末に行われるスポーツ中心にお届けしていします。今朝は作家の山田隆道さんと一緒にお送りしました。
交流戦に入って、3勝9敗と大きく負け越しているタイガース。ファイターズ戦は2試合連続で完封負けを喫し、借金も今季ワーストの9にまで膨れ上がりました。開幕から1カ月半で、過去球界に優勝した前例がない“デッドライン”を超えてしまったタイガースに山田さんは「今のタイガースに必要な事は何なのか?どうやったら勝てるのか?その辺をどのように考えているのか、真弓監督に聞きたいです。このままではBクラスの常連だった暗黒時代に突入するのでは?という声を聞いたりしますが、真弓監督は現役時代に85年の優勝チームから90年代の暗黒時代にかけてチームが落ちて行く姿を目の当たりにしてますし、肌で感じているんです。一番その時代の事を知っているんです。ピッチャーはずっと頑張っていますし、これ以上抑えろというのも酷です。やはり打撃陣で救世主が必要なのでしょうかね」と話していました。
さぁ、今日からは交流戦負けなしの首位ソフトバンクホークスとの試合です。なんとかホークスに黒星をつけて、この後のペナントレースにつながる良いキッカケを作って欲しいですね!

▲ページトップへ

2011.6. 2【木】
【コドモ倶楽部】

お子さんからの素朴な疑問や質問にリスナーの皆さんがお答えする「コドモ倶楽部」。木曜日レギュラーの女と男の和田ちゃんが加わり、更にパワーアップしてお届けしています。
今日はお子さんからの質問で「なんで普通のコロッケより“お肉屋さんのコロッケ”と言うほうが美味しそうに聞こえるんですか?」などがあって、リスナーの皆さんに答えを募った質問は・・・
「なんで初恋の相手と会わないほうが良いんですか?」でした。
この質問に対して、リスナーさんからたくさんのお答えを頂きましたよ?!
「別に初恋の人に会っても大丈夫ですよ?。なぜなら向こうも同じような事を思っていると思うので、お互い様だからです!」
「相手の変化以上に、自分の方が変わったからではないでしょうか?」
「私の経験からですが、がっかりではなく、やけぼっくいに火がついて、家庭でも大変なことになるからですよ。もう少し大きくなれば分かるわ」
「ちっちゃい頃は、あんなに好きやったチョコレートも大人になったらそんなに食べません。それと同じように食べ物以外でも自分の好みは変わります。ですので、初恋の人に会っても、憧れのあの子が大阪のオバハンに見えたり、ただのオッサン臭いオヤジに見えるだけです」
「私の初恋は五年生の時、クラスの活発な女の子で私の親友と相思相愛でした。中学ではバスケのキャプテンをしていて、スタイルは抜群でした。今はすっかり太った明るいおばちゃんになっています。いまでも子供時代の仲良しグループで年に数回、飲んでいます。彼女には『昔、俺のアイドルやったのに、お前は天地真里か!』と言っております。子供のころの仲良しとはいくつになっても会うと楽しいですよ」
「恋してるときって全て美しく素敵に見えてしまうんですから。素の状態でその相手を見てしまったら、荒しか見えないんで、そのギャップにがっかりするしかないんですよ。だから会わない方が幸せなままでいられるんです」
リスナーのみなさん素晴らしい解答をありがとうございました!
番組では、お子さんからの素朴な疑問や質問をたくさんお待ちしています。

▲ページトップへ

2011.6. 1【水】
【ブックウェンズデー】

今日ご紹介した本は『働きアリの2割はサボっているー身近な生き物たちのサイエンス』
著者 稲垣栄洋
絵  小林木造
出版 家の光協会
この本は、以前から子守さんがタイトルを見て読みたいと思っていた本で、身近にいる昆虫や鳥、動物、植物の生態を楽しく紹介してくれます。例えば、テントウムシのかわいい模様は何のためなのか?トカゲにとってのしっぽ切りとは?ミミズはなぜ雌雄同体になった?タンポポ体操の不思議・・・など、各項目について2ページずつ書かれています。
子守さんは「もちろん本のタイトルになっている“働きアリの2割はサボっている”についても書かれてあるページがあって、働きアリの2割は働いているフリをしているそうです。ただ、なぜそうなっているのか科学的に説明して欲しかったのですが、その説明が全くなかったことにズッコケそうになりました。ただ、その説明が書いてなくても“働きアリの中で働き者をばかりを各集団から集めて来ても結局2割は働かなくなる”など、中身が非常におもしろかったので、皆さんにご紹介しようと思いました。なるほど?と思わされる内容がたくさんありましたよ」と話していました。

▲ページトップへ