子守康範 朝からてんコモリ!
きょうイチ!てんコモリ!
バックナンバー

きょうイチ!てんこコモリ!(6:45頃)曜日がわりの特集コーナーです。
月: てんスポ! 週末のスポーツ情報をじっくりとおさらいします。
火: 朝イイ話 子守の目にも涙の、胸にしみるあったかエピソードを紹介。
水: ブック・ウェンズデー! 子守視線でチョイスした本を紹介。
木: オッサンふたりはずかしながら
答えさせていただきます
今さら尋ねにくい疑問や悩みに子守&松井がはずかしながら、なんとな〜くお答えします。
金: 出会い燦々(さんさん) 子守が出会った、会ってみたい、素敵な人たちを紹介。
2015.9.30【水】
ブックウェンズデー

本日子守さんが紹介した本は…
『1行バカ売れ』
著者:川上 徹也
出版:角川新書

▲ページトップへ

2015.9.29【火】
朝イイ話

■京都市左京区 ラジオネーム:石橋を叩いて40年


先日、近所にある喫茶店へ行きました。その店にはよく行くのですが、
最近新人のアルバイトの男性が入りました。
聞くと、近所の芸術大学に留学している学生さん。
出身地はインドネシアで、日本でデザインの勉強をするため、
今年からこちらの大学に来たのだそうです。
彼の日本語は、決して流暢ではありませんが、
私がメニューを注文すると、
「かしこまりました」や「どうぞ、ごゆっくり」と、
一言一言、ちゃんと目を見て、
笑顔で受け答えしてくれる彼の接客態度に大変感心しました。
個人で経営している気さくな喫茶店で、
ちゃんとしたマニュアルがあるようなお店ではありません。
彼にそのようなマナーは誰に教わったのか尋ねると、
日本に来る前、日本が好きな彼の母親から教わったのだそうです。
「相手の目を見て話す、笑顔、というのを大切にしなさい。
それが『真心』である」と。
言葉は通じなくとも、笑顔や相手への思いやりは世界共通のものであると、
改めて思ったのです。
そんな彼の「真心」を感じ、いつもより一層いい気分で食事をすることが出来ました。

自分の生まれ育った国を離れ、
知らない場所で勉強するのはとても大変なことだとは思います。
その謙虚な心と素敵な笑顔を忘れず、日本の生活を満喫して欲しいと思います。


■香川県綾歌郡  つや子さん


去年の2月のことです。東京に住む孫娘から「結婚式に出席して」という電話がありました。
私は高齢で東京までの移動が辛く、「寝台特急なら・・・」と言うと
孫娘はわざわざ個室の切符を送ってくれました。


結婚式の前日、高松駅の待合室で電車が来るのを待っておりました。
到着のアナウンスが聞こえてきたので、切符をバッグから出そうとしたら、
なんと、2枚あった切符が1枚しかありません。
バッグの中を何度も探し、私は「もし乗れなかったらどうしよう」と慌て、
頭の中が真っ白になりました。
時間も迫ってきて、ますますパニックになっていると、
前のイスに座っていた女性が、私の困っている姿に気づいたようで、
「椅子の下に何か落ちてますよ」と声をかけてくれました。
すると、探していた切符が見つかりました。
その時のホッとしたこと、本当に嬉しかったです。
親切な人に出会えてとても幸運でした。
おかげで誰にも迷惑をかけることなく東京へ行き、孫娘の結婚式も出席できました。


ただ、あの切符を見つけてくれた親切な女性の名前を聞かなかったことを
大変、後悔しています。
今でも感謝の念でいっぱいです。本当にありがとうございました。

▲ページトップへ

2015.9.28【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」。
本日は太田幸司さんにお越しいただきました。


きのう阪神タイガースは広島東洋カープに2対5で敗れ、
優勝の可能性は完全消滅しました。


太田さんは、9月にチームの調子が落ちてきていることについて、
「問題はピッチャーの起用方法です。
最初からベテランに頼りすぎました。
本来は若手を使い、ベテランの力を温存すべきです。
9月にどう戦うかを逆算しながらシーズンを乗り切るのが肝心。
また、こういう場面で『やってやる!』とギラギラした
ヤンチャな選手がいないのも要因です。
スポーツ紙に次期監督は金本氏かという記事がありますが、
監督の経験がないので難しいのではないでしょうか」
と分析していました。

▲ページトップへ

2015.9.25【金】
出会い燦々

反捕鯨映画に反証した『ビハインド・ザ・コーヴ』の映画監督の八木景子さんにお電話をお繋ぎしました!
  
ラジオには初出演の八木さん。
ちょっぴり緊張されていました。。。
 
元々は映画会社の事務をされていた八木さんですが、2010年にアカデミー賞を受賞したイルカ漁を批判的に描いたアメリカのドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』を反証した映画『ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜』を制作されました。
『ザ・コーヴ』や国際的な流れに危機感を抱き、調査を進めるうちに導かれるように映画を制作していく事になったそうです。
 
短編は趣味程度で作った事はあったそうですが、長編は今回が初めての作品になるとか。
「撮影下手ですね〜」という子守さんに「ほんと下手なのに、何での作品がモントリオール映画祭にエントリーされたのかが不思議」とおっしゃっていました。
 
 
調査捕鯨の事に関して納得がいかず、元・シーシェパードのカメラマンをしていて現在和歌山大学で先生をされている方に会いに行った時に「ついでに太地町に行ってみれば」と言われ、「ちょっと鯨の事を調べてみるか」と行った太地町に、気づけば4か月住み込み、取材をしていたとか。
 
「反捕鯨家が広く大きくなってしまったのは、アメリカがベトナム戦争の非難をかわすために日本がつかわれた」と、八木さんはおっしゃっていました。

子守さんはこの映画を見て、「もっと奥深い所に別の意味がある」という感想を持たれたようです。
 
『ビハインド・ザ・コーヴ』がお近くで上映される事になった際は是非、足を運んでいただければと思います。
  
八木さん、朝早くからありがとうございました!

▲ページトップへ

2015.9.24【木】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

■大阪府泉大津市 会員番号:15446 RNトトロうさぎ
先日、理不尽な怒られ方をしました。
酔った帰り道にエアゴルフスイングをしている見ず知らずの人と居たので、
酔った勢いもありその人の後ろから「ファー」と声をかけたのです。
周りの人は振り返ったり笑ったりしてくれたのですが、なぜかその人だけは「失礼やろ!」
と今にも殴るような勢いで怒ったのです。
私としては「あれ、アウト・・・」という答えを求めており、
そこから会話を楽しもうと思ったのですが・・・
やっぱり「ナイスショット!」と声をかけたほうが良かったのか、
それとも無視して通り過ぎたほうがよかったのか。教えて下さい。

松井さん「ファーはいいと思いますよ。怒る方が狭量。笑って過ごすとこでしょう。」
子守さん「そこは人間関係ができていてのことでしょう。」
松井さん「知らん人やからこそ面白いんでしょ。」
子守さん「たとえば、ナイスチョット!とか、ファーがアカンならソーとかラーとか!」
ファンファンファ〜ン♪(効果音)
 
 
■兵庫県伊丹市 会員番号:6271 RN俺もおっさん
私は新聞販売店で顧客管理を手伝っています。
先日新聞が止まっていて無読のところへご挨拶に行きました。
ご主人は「新聞をやめて最近物事を知らないことが増えてきた。」と仰っていました。
しかしここにひとつ嫁さんの主張という壁がありました。
奥さんは新聞を読んだあと、ゴミが出るから面倒くさいと言われるそうです。
ご主人は、ネットで見てもさらっとしかわからないし、
頭に入らないから活字を読んで深読みしたいそうです。
女性にどうやって説明したら理解していただけるでしょうか?

松井さん「ゴミになるのが嫌なら、ご主人がゴミ出しをしてあげたら」
子守さん「それはデメリットを解消しただけ。メリットは?」
「昔みたいに、読売新聞取ったら巨人のチケット貰える時代じゃなくなりましたね。」
「とりあえず、自分でゴミを出しましょう!」

▲ページトップへ

2015.9.24【木】
すみからすみまで趣味淳一です

■大阪府松原市 RNふかっちゃん
最近、小学生の娘と一緒にハマっているのは、たこ焼きです。
といっても、たこは入れません!!
たこの代わりに色々なものを入れまくるんです!
キムチやソーセージから始まり、うずらの卵とかも入れてみました。どれも美味しかったです。
この冬、絶対やろうと思っているのは、「おでん」を入れることです!
大根とかコンニャクとかスジ肉とか、いかにも合いそうな予感!!
嫁はたこ焼きばかりで嫌がっていますが、とても楽しいですよ!
   
   
■福岡県北九州市 会員番号:21928 RNシュウくん
僕の趣味は、鉄道の旅です。僕には、小学生の頃からの目標があります。
それは「47都道府県全てに行き、鉄道に乗ること」です。
毎年夏と冬に一人旅をして、行ったことが無い県に行き、鉄道に乗っています。
旅行先で、今まで写真や映像でしか見たことがなかった電車に乗れるという楽しみは、
鉄っちゃんの僕にとっては生きがいそのものです。
そして先日、北関東と北陸に旅行に行ってきました。
初めて東北新幹線にも乗りました!夢のような時間でした。
これで、行ったことがないのは北海道と東北6県だけになりました。
これからも大好きな鉄道の旅を続けたいと思っています。
鉄道の旅は僕に、線路がどこまでも続いていることを教えてくれています。

 

▲ページトップへ

2015.9.23【水】
ブックウェンズデー

本日、子守さんが紹介した本は
タイトル: 民主主義ってなんだ?
高橋 源一郎 著
SEALDs 著
河出書房新社

▲ページトップへ

2015.9.22【火】
朝イイ話

■西宮市 ラジオネーム:甲子園のえさぴょん


40歳の誕生日の9月22日に長女が神戸の湊川神社で結婚式を挙げます。
一度失敗して戻って来てから7年、
なんと5才半年下の初婚の優しい男性と出会って2年の交際の後、
結婚しました。
5月に入籍し、同居を初めてから4ヶ月後の挙式です。
彼の両親に年上でバツイチの娘は当然ながらイヤがられ、
会うのも拒否されていたのに、会ってくれることになったのは何故か・・・
可愛い可愛い息子、大好きな息子が
「彼女は僕とそっくりなんだよ」の一言で、
拒絶反応で凝り固まっていたご両親に会ってもらえました。
保育士をしている娘は、満面に笑みをたたえて、
年配の方との会話も得意なもので、
会えればすぐに気に入ってもらえたようでした。
以来仲良く順調に日々を重ねて、この日を迎えました。
彼の頭の良い、気配りのある会話で助けられています。
性格も穏やかな彼のお陰で、娘も穏やかに優しくなっています。
白無垢に洋髪という今はやりの花嫁姿になります。
どうぞ末永く〜、と願うばかりです。


■たつの市 ラジオネーム:ミセスロマン


夫と知多的障害者の息子、入院中の私の母の4人暮らしです。
今年の1月に息子の生涯の仕事を求めて田舎暮らしを始めました。
冬の間は生しいたけを、夏はトマト・なす・オクラなどを、
地域の小さな市場に出荷しました。
月の売り上げは一万〜一万五千円というわずかなものですが、
それでもコツコツ、生き生き畑仕事をしています。
生活の糧は、夫と私がアルバイトをしてしのいでいます。
先日、大根・ほうれん草・人参などの種をまき、
白菜は30本程の種の苗を植えつけました。
私達の楽しそうな暮らしを見ていて
次男も土日に手伝ってくれるようになりました。
これからも楽しく田舎暮らしを続けて、
きっと息子が自立できるように応援していきます。

▲ページトップへ

2015.9.21【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」。
本日は太田幸司さんにお越しいただきました。


ラグビー第8回ワールドカップ予選で、日本代表は
南アフリカから歴史的勝利を挙げました。
太田さんは、
「ラグビーは番狂わせが少ないスポーツで、
本当にいいものを見せてもらった。
スポーツはどこかで歴史が変わるときというものがあり、
まさにそんな試合だった気がします」
と感激していました。
ラジオネーム:ひょっとこ瓢箪山さんは
奥さんにこの勝利の凄さを伝えるために
「相撲で前頭筆頭が横綱を倒したくらいの金星なんだ」と
熱く説明したところ、何となくは理解されたそうです。


きのう阪神タイガースは東京ヤクルトスワローズに8対1で勝利し、
首位・ヤクルトとのゲーム差を1としました。
太田さんは、
「セ・リーグは混戦になっていますが、
プラス材料はどこのチームにもなく心配の種ばかり。
これからは各チームのエースピッチャーが
どこのチームに当たるかが重要になってきます」
と分析しました。


ちなみにきょうは、フリーアナウンサーのヤマヒロさんこと
山本浩之さんが甲子園で始球式を行い、
MBSテレビ・ラジオでも中継します。

▲ページトップへ

2015.9.18【金】
出会い燦々

今日は、大阪商業大学 アミューズメント産業研究所・研究員の高橋浩徳さんにお越しいただきました。

“ゲーム”の研究をしている高橋さん。
ゲームといっても現代のテレビゲームの様なものではなく、数千年前の人類が誕生した時から現在までの伝統的なゲームです。
元々はメーカーでシステムエンジニアをしながら趣味でゲームについていろいろ調べていたそうなのですが、アミューズメント産業研究所ができたのをきっかけに研究員になったそうです。
 
今回、スタジオには職人さんが手書き、手刷りされた“花札”と“ウンスンかるた”をお持ちいただきました!
トランプは室町時代末期から伝わる遊びだそうで、トランプとマージャンは兄弟のような関係だとか。
  
30年前からこつこつ集めたゲームは1000個以上!
1000個を超えてからは数えるのをやめたそうです。。。
  
 
春と秋に社会人向けの講座を開催されていて、世界の伝統ゲームと日本の伝統ゲームのお話を交互にされているそうです。
「アミューズメント産業研究」で検索していただくと、講座の情報やお問い合わせ先が載っていますので、気になる方は是非チェックしてみてください!
 
 
高橋さん、朝早くからありがとうございました!

▲ページトップへ

2015.9.17【木】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

■三重県伊賀市 RN愛犬りん
チューブの歯磨きで、最初から最後までずっと2色あるいは3色の状態を維持して出てくるものがありますが、どうしてこのような事ができるのでしょうか?
一度、これでもかというほど揉み解してみたのですが、混ざることなく出てきました。
未使用の物をハサミで切って中を見てみたいのですが、もったいなくてできません。
そこで、いろいろな事をご存知のおっさんふたりに教えて頂きたいです。
子守さん「今の時代、メールを送れる人は、Yahoo!知恵袋とかを見るでしょう
     ・・・・やってみましょう!」
    「これを一人でやると勿体ないけど、今ラジオを聴いている数十万人に伝えると考えると・・・一人あたりで換算したらめちゃくちゃ安い。これがマスメディアの減点ですよ!」
 
子守さん「3色のアクアフレッシュがなかったので、2色のクリアクリーンWプラスを切ります。
     仕切りがあって、真ん中に青が入っていて、その周りに白が入っています。
     ネットで3色のアクアフレッシュを切った人の画像を見たが、そちらには仕切りは入っていませんでした。メーカーや商品によって構造が違うのかも。」
松井さん「おいしそう。飴ちゃんみたい。」

▲ページトップへ

2015.9.16【水】
ブックウェンズデー

本日、子守さんが紹介した本は…

タイトル『第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)』
著者:又吉 直樹
出版:幻冬舎よしもと文庫

▲ページトップへ

2015.9.15【火】
朝イイ話

■大阪市東成区 ラジオネーム:かあさんパパさん


先日、フェスティバルホールへコンサートの観賞のため向かっていたところ
玄関の入口付近で右足の靴の踵のゴムの部分が剥がれてしまい、
歩けなくなってしまいました。
困り果てて、受け付けの方に「この近所に靴屋さんはないですか?」と
尋ねたところ、「靴屋さんはないですが、近くのコンビニへ行けば
接着剤が売っていると思いますので、応急処置はできると思いますよ」と
教えてくれました。


私はすぐに教えてもらったコンビニへ行き、
若い女性の店員さんに事情を話しました。
すると「私、接着剤を持っているので、どうぞ使ってください」と
別室まで案内してもらい、イスまで出してくれたのです。
私は接着剤を借りて、踵の部分を修理。
おかげで無事に歩くことができ、楽しくコンサートも鑑賞できました。
接着剤を貸してくれた親切な店員さんに
本当に感謝しています。
お店の売り上げには貢献できませんでしたが、
お店の発展を心からお祈り申し上げます。


■奈良県香芝市 ラジオネーム:街の清掃屋さん  


8月に家族四人で、京都の亀岡でお墓参りの帰りに、
保津川下りへ行った時の話です。
車で保津川下り乗船場に行って、
そこから舟に乗って嵐山に到着。
お昼ご飯を食べて、帰りはトロッコ電車で乗船場まで戻りました。


保津川下りの駅に着いて、乗船場に車を停めているので
駐車場まで戻るためバス停へ行くと、少し前にバスは発車していました。
次のバスまで時間あるなぁと思っていると、
そこには回送のバスが止まっていました。
そのバスから運転手さんが降りてきて
「乗船場まで行きはるんですか?」と声をかけてくれました。
私が「そうです!」と答えたところ、
運転手さんは「ちょっと待って下さいね」と言ってバスに乗り込み
バックして私達家族の前に止めてくれたのです。
驚く私たちに運転手さんは「足怪我してはるから遅れはったんですね、
それは仕方ないから、通常の運航のバスは出ましたけど、このバスで送ります」
と言ってくださいました。


実はこの時、中学1年生の長男が足の甲を骨折していてギプスを
巻いていました。
それを見て、運転手さんは暑い中、次のバスを待つのはかわいそうと
家族四人の為に、回送バスを走らせてくれたんです。
遅れたのは我々なのに、やさしくしてくださった運転手さん
本当にありがとうございます!

▲ページトップへ

2015.9.14【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」。
本日は藪恵壹さんにお越しいただきました。


きのう阪神タイガースは広島東洋カープに0対3で敗北。
6回2死一、三塁から仕掛けられた重盗への対応で、
高宮投手がミスをして1点を献上してしまいました。
藪さんはこのシーンについて、
「直前にバッテリーと内野手の間でサインの確認をしていたのに
ミスをしてしまっている。
捕手が投げたボールが少しそれていたというのもありますが、
防げるはずの1点を失ってしまった」
とコメント。


また、藪さんは
「マートンがピリピリしているのも気になります。
泣いても笑っても残り15試合。
順位を気にしすぎるよりも、
選手には思いっきりプレーをしてほしい」
とエールを送っていました。

▲ページトップへ

2015.9.11【金】
出会い燦々

今日は、関西大学 システム理工学部機械工学科 准教授の高橋智一さんにお越しいただきました。
 
現在、33歳の高橋さん。
東北大大学院を卒業して関西大学に着任したのが、ロボットを研究している研究室。
通常、ロボットのアームは物を掴むのに形や方向を変えなければいけないのですが、
その場合、いろんな形をしたたくさんのアームの保管場所や作業を止めて付け替える時間も必要になるので「柔軟なアームが欲しい」と相談があったのかきっかけで、タコの吸盤の『筋肉を縮めて吸盤内の空間を広げて圧力を下げ吸着する仕組み』を利用した、タコの吸盤をまねたロボットアーム『汎用真空吸着グリッパ』を開発されました。
 
最初は「タコとかから考えてみて」と言われ、生きているタコを研究室で飼って研究を始めたそうなのですが、飼うのも初めてなので海水の作り方や水温など“飼育”から勉強を始め、「腕がどういう動きをしているか」や「貝のあけ方」など、腕や吸盤の使い方などを研究されているそうです。
 
ロボットアーム『汎用真空吸着グリッパ』は、まわりはゴムで、膜の内側の空間にはガラスビーズが詰めてあり、形状に合わせて柔軟に形を変えて物を掴めるようになっています。
まさに“ドラえもんの手”!
  
重さは約3キロ、段差は5〜6ミリ程度まであってもしっかり掴めるとか。
「掴んで取る」というのではなく「引っ付けてとる」ので、コントロールが簡単にでき、ある程度ラクに物が取れるようになるそうです。
 
ちなみに…
高橋さんの先生は、針に刺されても痛みを感じない「蚊の針」の研究をされているそうです。
 
 
高橋さん、朝早くからありがとうございました!

▲ページトップへ

2015.9.11【金】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

■兵庫県西宮市 会員番号:7360 RNカピバラ
検診で中性脂肪が多いと診断された夫が、明日から弁当を作ってくれと言い出した。
おっさんの喜ぶ弁当とはどんなものですか?
また晩御飯も家で毎日食べる為、夜用事があっても外出できないので、
どうしたら食べて帰ってきてくれますか?
  
お弁当については・・・
松井さん「出し巻き卵」
子守さん「それにちくわキュウリと、ブロッコリーと、ミニトマト。という献立を毎日。」
大塚さん「それに前の日の残り物を入れたらどうですか?」
 
夜ご飯については・・・
子守さん「どこかで、お付き合いなどで外に出て行って食べたりしないと。」
松井さん「でないと、定年後が大変。家にずっといるタイプですよ。」
子守さん/松井さん「僕たちはそんな心配ないけどね。」
子守さん「真面目に答えますが、ご主人と会話がないからわからないのでは?直接聞いてみては?」

▲ページトップへ

2015.9. 9【水】
ブックウェンズデー

今日子守さんが紹介した本は…

タイトル『ちょっと今から仕事やめてくる』
著者:北川恵海
出版:メディアワークス文庫


「人生は誰のため?」
一度はこの疑問を持ったこともあるのではないのでしょうか。
ブラック企業につとめる新入社員の主人公の「隆」と、
同級生の「ヤマモト」との、ちょっと不思議なストーリーです。
上司から怒鳴られる日々。繰り返されるハードワーク。休日出勤も当たり前。
「自分はいつから笑うことをしなくなったのだろう」
隆は、仕事を辞める気持ちと葛藤しながら生活しています。
心身ともに限界に達していた時、
同級生の「ヤマモト」とたまたま再会することによって、
主人公の生活に徐々に変化が起こり始めます。
新入社員とブラック企業の関係、上司と新入社員の関係、
その中には、当然それぞれの人生があります。
その人生は「誰のため」でしょうか。
隆は「ヤマモト」や、その周りの人とのふれあいの中で、
その答えを見つけてます。
果たして隆の見つけた答えとは…?
そして隆が上司に放った言葉とは…?

文中の、隆の憂鬱な一週間を歌にした「一週間の歌」も、
是非ご覧ください。

▲ページトップへ

2015.9. 8【火】
朝イイ話

■神戸市 ラジオネーム:みなママ


息子は高校1年生、昔はなんでも「ママ、ママ」だったのに、
今は思春期なのでしょうか、学校から帰っても、
自分の部屋から出てきませんし、私が話しかけてもスマホに夢中で、
寂しい思いをしていました。
先日、息子と小学校から同級生でよく遊びに行っている
A君に道でバッタリ会いまして、
「A君、うちの子、全然話してくれへんねんけど、どうなん?」と
聞いたところ「え〜!アイツ、めっちゃおしゃべりやで〜!
よく、おばちゃんの失敗話聞いて笑ってんねん!
こないだも『うちのおかん、3日続けて、
買い物行ってサイフ財布忘れて帰ってきた』って言ってたで!あれホンマ?」
と教えてくれました。
よりによって、そんな恥ずかしいことを言わなくても・・・と
思いましたが、A君は「でも、おばちゃんの話してる時は
すごく楽しそうやから、大丈夫やで」と言ってくれました。
私の失敗話をネタにしているのは複雑ですが、まあそれだけ私のことを
気にかけてくれてると、いい風にとらえ、
これからも嫌がられない程度に、話しかけていきたいと思います。


■大阪市 ラジオネーム:ノーテルダムむすめ


今から20年ほど前、私が大学1回生のころの話です。
私は大阪から上京し、東京の大学に進学しました。
第一志望は、「舞台芸術」の専攻でしたが、合格出来ず、
滑り止めで受けた同じ大学の違う学部に入学しました。
描いていたキャンパスライフではない日々に、やりがいを見出せず
「大学を辞めて、受験をし直したい」そんな思いが出ていました。
しかし、大阪から東京へ、わざわざ進学させてくれた親にも
言い出せないまま夏休みを迎えました。
そんな頃、受験の時、親身になって相談に乗ってもらっていた
担任の先生から「元気にしてますか?」というメールがありました。
そこで夏休み、大阪に帰省するついでに先生に会いに学校へ行きました。
すると先生は笑顔で「東京は楽しい?」「どこに住んでるん?」
「芸能人見た?!」など、矢継ぎ早に様々な質問をしてきました。
私が答えると、「いいなー、楽しそう!先生も遊びに行きたい!」と、
まるで友達の様にうらやましがれ、とても「実は大学を辞めたい」と、
言い出せる雰囲気ではありません。
結局、東京の生活を話しているうちに深刻な悩みを相談する気も失せ、
東京に帰ってからも、普通に大学へ通っていました。


後に友達から聞いたのですが、
卒業して一人で会いに来る卒業生の中には、
大学生活に悩んでいる子が多いらしく、
その先生はあえてポジティブな話題を振って、
「その子が楽しい」と思えることを気付かせ、
踏み留まらせていたのだそうです。
私もそのうちの一人で、会いに来た私の様子を見て、
心境を察してくれたのだと思います。
最終的に私は、その学部に4年間在学し、卒業しました。
現在は、児童劇団のスタッフとして運営に携わっています。
自分の目指していた職業とは少し違いますが、
とてもやりがいと誇りを持って、今の仕事を楽しんでいます。
あの時、本気で退学を決意していたら、
今の仕事には出会えていなかったかもしれません。


▲ページトップへ

2015.9. 7【月】
てんスポ!

月曜日は、週末のスポーツ情報と阪神タイガースの話題を
中心にお送りするスポーツ!てんコモリのコーナー「てんスポ!」。
本日は亀山つとむさんにお越しいただきました。


きのう阪神タイガースは中日ドラゴンズに0対5で敗れ、
連勝は3で止まりました。


7回1死2塁のチャンスで
8番藤井選手、9番岩崎投手に代打を送らず無得点に。
亀山さんは、この采配についてどう思うかと子守さんに聞かれ、
「何も考えてないことはないと思いますが・・・
延長引き分けでもいいという考えがよぎったのかもしれない。
結果間違ってしまうのは仕方がないので、
とにかく上に立っている人間が明確な指示を出すことが大事です」
とコメント。


一方、オリックス・バファローズは来シーズン、
「ラミレス監督」の実現に向けて熱視線を送っているそうです。
既にアドバイザー契約を延長し、
11月の秋のキャンプでの指導も任せる方針です。


残り試合も少なくなってきましたが、
これからも関西2球団から目が離せません!

▲ページトップへ

2015.9. 4【金】
出会い燦々

今日は、三津屋商店街振興組合 理事長の福井宏之さんにお越しいただきました。
 
三津屋商店街は「ヤカーリング」発祥の商店街!
“ヤカン”の底に5個の車輪を付けつけたものを3m先の円を目がけ投げるゲームです。
(ヤカンには重りとして5キロセメントが入っています)
2人1組になりって円の手前にヤカンを置いて敵の邪魔をしたり、取っ手を持ってカーブさせてもOK!
しかし…商店街の路面が微妙に傾いているという特殊事情も加わるので、ヤカンの曲がり方も変わるとか。
 
ヤカーリングを始めて約10年。
“世界大会”は年に2回行われており、上位3チームには『クッキー製のやかんメダル』が贈られます。
「子供以上に大人が真剣に考えて盛り上がっている」とおっしゃっていました。
大会以外の日でも「遊ばせて欲しい」と伝えれば、ヤカーリングを試させてもらえるそうですよ。
 
三津屋商店街は、阪急神戸線・神崎川駅下りてスグ。
お近くに行かれた際は足を運んでみてください。

福井さん、朝早くからありがとうございました!

▲ページトップへ

2015.9. 4【金】
オッサンふたりはずかしながら答えさせていただきます

■大阪府堺市 会員番号:17622 RNにゃんこママ
私たち夫婦は、喫煙者です。
私は1日1箱過ぎぐらいで、ダンナは3箱からひどい時は4箱吸います!
身体も心配ですが、経済的にキツイです。どうすればマシになりますか?
 子守さん「今のタバコの値段で計算すると、1日で2000円、1ヶ月6万円、
 30年で2100万円を越えるのでマンションが買えますよ!」
 大塚さん「その言葉凄い響くと思います。」
 松井さん「すごい税金を納めてるんですね。」

 
■兵庫県西宮市 会員番号:7432 RN西宮のコージ
歳を取ると、オッサンはどうしてクシャミが大きくなるのでしょうか?
  松井さん「はばかるものがなくなるからでは?」
  子守さん「50歳が見えてきた頃が関ヶ原ですかね。」
 

■兵庫県西宮市 RN西宮のまっちゃん
職場の上司で仕事中に舌打ちばっかりする人がいます。
みんなからは影で「チュッチュッ星人」と言われて嫌われています。
得意先の人にも印象が悪いし、なんとか止めさせる方法はないでしょうか
  子守さん「癖だから本人は気づいていない。新聞を読んでいる時に目の前でボールペンを
   回したりノックされるのが気になっている。
  松井さん「ノックは無用。」
  子守さん「やられたー!関西テレビ万歳!」
子守さん「僕は気になってても自分じゃ言えない。」
松井さん「しょうもないことほど言いにくい。」

▲ページトップへ

2015.9. 2【水】
ブックウェンズデー

本日、子守さんが紹介した本は・・・
タイトル『なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?』 
著者  多田 文明
出版社 彩図社   

▲ページトップへ

2015.9. 1【火】
朝イイ話

■大阪市 ラジオネーム:エハラさん 


私はタクシードライバーをしています。

私の実家は酒屋をしており、
パートのおばちゃんが自宅兼お店で、小さい私の面倒も見てくれていました。
そのおばちゃんは父が配達で店を出る際、必ず
「いってらっしゃいませ〜。お気をつけて〜!」
と言って見送るのです。
小さい私は意味が分からないまま、おばちゃんの真似をして
「おきをつけて〜!」と言いながら見送っていました。
小学生の高学年ぐらいになると、
その言葉が出掛ける父親を気遣う言葉だと分かったのですが、
思春期になってからは父親を見送ることもなくなり、
言わなくなりました。

数年前に、タクシードライバーに転職しました。
しかし、道の詳しさや、巧みな話術では、
ベテランのドライバーさんには到底敵いません。
そこで、私には一体何が出来るだろうと考えた時、
小さなころの記憶、そう、配達に行く父の後ろ姿を思い出したのです。
そして、その時決まって言っていた「お気をつけて」という言葉。

この気遣いを大事にしようと思い、
降りられるお客さんに「忘れ物はないですか」と
お声がけするのはもちろん、
「今日は夜遅くに雨が降るらしいので、早く帰られたほうがいいですよ」
といった話もするようにしました。
(ちなみに、子守さんのお天気情報を取り入れさせてもらっています笑)

すると先日、会社に
「エハラさんという運転手の気配りがすごく嬉しかった」
という電話を入れてくださった方がいて、上司に褒められました。

たった一度きりでも、そのお客さまを乗せたのは何かのご縁。
小さな頃、父を見送っていたときのように、
お客さんの送り届けた先での無事を思いながら、
これからも気遣いを大事にして仕事に励んでいきます。

▲ページトップへ