[an error occurred while processing this directive]
日替わり!おかわり!てんコモリ!
バックナンバー

[an error occurred while processing this directive]
2019.6.28【金】
「立岩洋一郎のちょっと岩(いわ)せて!」

トランプさんの話。

昨日、テレビの報道を見ていて
思ったことがあります。
みんな、トランプ氏の発言に右往左往しすぎ!

トランプ氏が
「日米安保条約を破棄したい」
知人に漏らしたらしいという情報が出回ると、
大騒ぎしていました。

しかしこれは、昔から言って来となんですよ。

日本側は、過熱報道をして
「裏をかいた発言かも・・・」と
考えすぎてしまっていますが、
トランプ氏はそんなの考えていない。
ずっと前から「そういう人」なんです。

菅房長官も「確認したところ」
と言っていましたが、
そんなの、確認しなくていいんですよ!

日本はトランプ氏に対して
もっと、冷静に報道しないといけない。

「そういう人なんだ!」と思って、
優しく見守りましょう。

▲ページトップへ

2019.6.27【木】
松井宏員 今日のコラム

『10年間お世話になりました』

ヤンタンを聞いて育った松井さんは、
いつかラジオに出演出来たらなぁと考えていたそう。
てんコモリから声がかかり、夢が叶い、
さらにはびわりんとの共演も果たした。
この10年間さまざまな事があり、
番組で始末書も書いた事もいまでは良い思い出。
リスナーさんのおかげで10年楽しく喋ることが出来、感謝しかない。

ラジオ出演の夢が叶ったので、「甲子園のマウンドに立つ」という
次の夢である実現するために、のんびり、フラフラと邁進していくそう。

てんコモリに松井さんが出演するのは最後だが、
どうしても会いたい!と言う方は、ぜひこばやしまで。
酔っぱらった松井さんに会えることでしょう。

▲ページトップへ

2019.6.26【水】
萩原可奈 最後のコラム

本日で最後の出演となった萩原さん。
取材の裏話や音楽の話、プロレスの話など様々なお話をしてくださいました!
そして、今日最後のコラムはラジオについて。
   
今までラジオを聴く習慣がなかったという萩原さん。
学生時代に「ミュージックガンボ」を聴いていたくらいで、ラジオはあまり馴染みのないメディアだったそう。
会社に入ってから「ラジペディア」「ヤンタン」「ありがとう浜村淳」など、ラジオを以前より聴くようにはなりましたが、てんコモリに出演するようになり、改めて当たり前のように聞き流していた、パーソナリティの方達の流れるようなトークがいかにすごいのか気付いたんだとか。
   
ラジオのアットホームな雰囲気やリスナーさんとのリアルタイムなやりとりができることは、新聞にもテレビにもない魅力があり、今ではラジオを聴く機会が増えたそうで、リスナーさんとのリアルタイムなやりとりも新聞記者では経験できないことが新鮮で、とてもいい経験ができたと萩原さん。本当にありがとうございました!

▲ページトップへ

2019.6.25【火】
斉藤貞三郎 最後のコラム

71回目の斉藤さんのコラム。

6月28日、G20のニュースが多く取り上げられていますが、
ハンセン病家族訴訟の判決が言い渡される日でもあります。
   
ハンセン病の患者だけでなく、
ハンセン病隔離政策により、元患者の家族も深刻な差別を受けています。
深刻な差別被害に司法がどう向き合うか。
このニュースにも注目してください。
   
   
2014年からてんコモリレギュラー出演をしている斉藤さん(貞様)
記者であり、話す仕事ではないので当初戸惑ったようですが、
子守さん、古川さんというプロ2人にリードしていただき、
ありがたかったとのこと。
(2人が話すタイミングで目で合図、サインをしてくれる時もあったとか?)
   
今日のコラムをまだ聴いていない貴方!
貞様の美声を、コラムを、radikoでご確認下さい。

いつも子守さん、古川さん、そしてスタッフ1人1人のことを気にかけて下さった貞様。
ありがとうございました!!
貞様ファンの皆さま、これからは、木曜ちちんぷいぷいをご覧ください!
(食レポも見どころです☆)

▲ページトップへ

2019.6.24【月】
太田幸司 今日のコラム

最後のコラムになりました。。
本当に、長いあいだお世話になりました。
ラストはやっぱり、タイガースの話です。

今日から、少し休みがあって、
名古屋ドームで2連戦があります。

柳選手とかが、投げてきたら
やっかいですよ。最近、絶好調ですから。

その後に、DeNAと対戦。
こちらも、交流戦で調子を上げている
チームですから油断は出来ませんね。
その後に、広島・巨人との対戦があります。

オールスターまでの前半戦。
正念場ですよ〜!

ここからは「守り勝つ野球」をしてもらいたいです。
投手陣はセ・リーグでナンバーワンなんです。
しかし、エラーをしてちゃ、勝てません。

広島も去年ほどの強さではないですし、
巨人もピッチャーが不安定です。

十分に優勝のチャンスはありますよ!

▲ページトップへ

2019.6.21【金】
「立岩洋一郎のちょっと岩(いわ)せて!」

南アフリカへ出張中の立岩さん。
今日を電話をつなぎました。
                     
南アフリカに来ている理由は
「ファクト・チェックの世界会議」が
開催されているからです。
政治家の発言やフェイク・ニュースを
みんなで、確認しようという会議です。
                    
しかし、1日中英語の会議に出てて、
今眠たいです(南アフリカは、夜中の1時くらい)
                          
外は暗いですね。気温は寒いです。
南アフリカは今、冬ですから。
長袖になにか羽織らないと寒いくらいの気温ですね。
                  
夕食は、南アフリカ料理を食べました。
ワニ・イボイノシシ・ダチョウ
なんかが出てきましたね。

                  
さてさて、ファクト・チェック世界会議ですが、
今回で6回目の開催です。
60のいろんな国の人たちが参加しています。
        
特に、議論しているのが
「フェイクニュースを政府が規制しようとしている」
というところです。
                 
政府が、規制しすぎると
民主主義の根幹が脅かされる。
     
そんなことを、世界中の人たちが懸念しています。
                               
AIを使って、フェイクニュースをチェックする、
取り組みも始まっていたり・・・
         
と様々なことが話し合われています。
                       
明日は、僕が司会を担当するので
頑張ってきます!

▲ページトップへ

2019.6.20【木】
松井宏員 今日のコラム

『おっさん今日はラジオを語るのだ!』
   
東高野街道を歩くという連載で野崎観音から石切まで
約2万歩も歩いた松井さん!
もうクタクタだったそうですが、江戸時代であれば
平気で20〜30キロ歩いていたのですから、
基礎体力に関しては昔の人の方が優れていたんじゃないかと思いますよね。
今は新幹線や車などがあるので長距離移動はとても便利になりましたが、
歩いてみると乗り物に乗っていては気づけないものにたくさん気づくことができるのです。
   
また話は変わって、先日いも焼酎の取材で鹿児島県の長島へ行ってきた松井さん。
そこは養殖ブリや赤土でできるジャガイモが有名な
1万人くらいの町なのですが、町長さんにお話を伺ったところ
「あるものを守って、町民の幸せに繋がればという考えなんです」
とおっしゃっていたんだとか。
"あれもこれも"というのではなく、あるものを大切にするという考えが大事なんですよね。
   
今はSNSで伝達はどんどん早くなって、新聞やラジオは時代遅れと言われています。
SNSで発言したことがすぐみんなの目に触れ、炎上するなんてこともしばしば。
   
ラジオも新聞もSNSと対極にあると思うのですが、
時代遅れと言われていいじゃないか!

ラジオがこれからもずっと続いて欲しいのだ!

▲ページトップへ

2019.6.19【水】
萩原可奈 今日のコラム

本日はスポーツ雑誌「Number」をご紹介。
Numberでは年に一回、プロレスラーの総選挙を行なっており、
日本のリングで戦ったことのあるすべての現役選手が対象になっています。
   
6/27に発売される紙面で結果は発表されるのですが、
1位に輝いた人が表紙を飾ることになっています。
   
今回は3回目の総選挙で、過去二回はいずれも
新日本プロレスの内藤哲也選手が1位に輝いており、
現在発表されている中間発表でも内藤選手が1位。
その後を同じく新日本プロレスの棚橋選手が追いかけています。

でもこのランキング、「強い=人気」があるではないんですよね。
ファンは強さとか技だけでなくその選手の生き様やドラマを見ているのです。
プロレスのリングは社会の縮図とも言われているほど。いい人も悪い人もいる。
最下層から這い上がっていかなければならなかったり、
どうアピールするかを考えてリングの中で戦っている。
苦境から立ち上がってくる選手を見て、
多くの人が自己投影をしているんですよね。
  
それだけファンの思いが込められている投票結果になっているのです。
   
特集号にはファンがなぜその選手に投票したのかが書かれていたり、
有名な選手がたくさん出ているので、
プロレス初心者には入門書としてぴったりだと思います。
27日発売の「Number」ぜひチェックしてみてはいかがカナ?!

▲ページトップへ

2019.6.18【火】
斉藤貞三郎 今日のコラム

先日、ケーブルテレビのたむらけんじさん司会の番組に出演された斉藤さん。
新聞はどのように作られるのか、というテーマで
毎日新聞から斉藤さん、スポニチの土谷さん、
号外研究家の人があれこれ話す...という番組内容だったのですが、
事前の打ち合わせの時、昔の話を思い返すと、
原稿は手書きでFAX、カメラはフィルム、
携帯もないので10円玉をフィルムケースに沢山入れたり...
いかにアナログであるかということを痛感したようです。
   
今、時代はペーパーレスも進みました。
新聞もデジタル化され、紙の存在感がなくなっている...??
   
先日、斉藤さんはビッグイシュー「紙の力を見直そう」という特集記事を読みました。
   
校正をするにも、タブレットで行うか、紙で行うかで違いがあるのです。
(紙の方がミスを発見する率が2割高い)
文章を見て、答えを探すということも、紙の方が圧倒的に高いのです。
一概にPC、タブレットが良いわけではありません。
使い分けが出来たら良いですね。

▲ページトップへ

2019.6.17【月】
太田幸司 今日のコラム

近本選手の話。

さて、本日発表となりましたが、
私、太田幸司の出演も残り2回となりました。
寂しいですね〜。。

さて、交流戦も終盤戦です。
例年通り、セ・リーグは
パ・リーグに押されていますね。
これは「野球の違い」からくるものなんですね。
バッターはどんどん振ってきますし、
ピッチャーはインコースにどんどん投げてきます。

そこで、今苦労しているのが、
近本選手。
現在、近本の21打数ノーヒットじゃないかな?
インコース攻めと
先週の6試合、ほとんどが
左ピッチャーが先発だったのも関係していると
思われます。
(ミランダ・大竹・和田・成瀬・田嶋)

まずは、第一の試練かな。
しかし、近本が1番に定着したことによって、
阪神は確実に強くなりました。
頑張れ近本!


▲ページトップへ