子守康範 朝からてんコモリ!
日替わり!おかわり!てんコモリ!
バックナンバー

2018.12.12【水】
萩原可奈 今日のコラム

年の瀬ですね!
今日は毎年恒例の今年の漢字の発表がありますが、
みなさんにとってどんな1年でしたか?
   
萩原さんにとってはプロレス元年である2018年。
先日のコラムでもお伝えした、新日本プロレス内藤選手の
プロフェッショナルはご覧になりましたか。
  
萩原さんは楽しみにしていたのでもちろん見たのですが、
特に内藤選手が最後に語ったこの言葉に感動したそうです。
  
「自分自身が夢を追いかけなきゃ人に夢を与えることができないと思うので、
プロフェッショナルとは夢を追いかけ続けることだと思います。」
  
波瀾万丈な人生を送る内藤選手ですが、
昔から夢を熱く持っている方なのです。
最近でこそあまりみんなの前で夢を語らなくなりましたが、
ずっと変わらず夢を追いかける姿に感動したんだとか。
夢を追いかけ続ける姿はやはり内藤選手に限らずかっこいいですよね!
みなさんも夢を追いかけていますか?!

▲ページトップへ

2018.12.11【火】
斉藤貞三郎 今日のコラム

寒くなると昔の辛いことを思い出す斉藤さん。
辛いこととは…それは張り込み。
雨の日も風の日も、勿論寒い日も記事のために張り込みをしていました。
   
寒い日、車の中で待ってたら良いんじゃないの?という人もいますが
エンジンをつけていると付近の住民に色々言われたりするので、エンジンも切ります。
   
昔はカイロやヒートテックのような防寒具は充実しておらず、
コンビニやお手洗いが無縁の場所も。我慢我慢で待つしかないのです。
   
待ったところで報われないことも多々ありますし、
毎日毎日張り続けると思考能力も低下するようです。
もうどう取材するか、よりもこの寒さをどうしのぐか、という気持ちになるようです。
   
リークがあったりして、楽にやってるのでは?と思われがちですが、
そんなことはありません。
「あったかい部屋で机に座ってるわけじゃねーよ!」とチコちゃんなら言うかも…!?
   
というような本日のコラムでありました。
斉藤さんも今から木下大サーカスに向かいます!!!

▲ページトップへ

2018.12.10【月】
藪恵壹 今日のコラム

春の珍事の話
   
プロ野球、昭和39年の春に前年最下位のチームが
開幕ダッシュに成功したこがあります。
そのチームは阪急ブレーブス。
この快進撃は「春の珍事」と呼ばれたそうです。
   
この「春の珍事」の要因は、
前年オフにオーナーの小林さんが話した言葉が
大きく関わっていたそうです。
   
小林さんはニコニコしながら
「趣味や道楽で球団を持っているわけじゃない」と
全員の前で話したそう。
この時、当時監督の西本さんは背筋が凍ったんだとか。
   
オーナーの一言で強くなることもあるってことですね。
ちなみにこの年阪急ブレーブスは
2位でシーズンを終えています。
   
今のタイガースにも通じるところがあるかもしれません。
「春の珍事」を起こして欲しいですね。
   
   
   
★☆★朝からてんコモリ!スタッフからお知らせ★☆★
今週はスペシャルウィークです!
番組放送中、どこかで合言葉を子守さんが発表しますので、
   
〒530-8304 毎日放送ラジオ
「子守康範 朝からてんコモリ!」宛
   
にお葉書で応募してください!
(メールやFAXでのご応募は無効となります!ご注意下さいね!)

▲ページトップへ

2018.12. 7【金】
篠田伸二 今日のコラム特別編

映画監督の篠田伸二さんにお越しいただいたので
今日のコラムは、特別編をお送りいたしました。

今回は『シンプル・ギフト はじまりの歌声』という映画を撮りました。
この作品は、エイズで親を失くしたアフリカの子どもたちと
東日本大震災で津波に親を奪われた東北の子どもたちが、
「レ・ミゼラブル」でトニー賞を受賞したジョン・ケアードさんの
舞台演出により、ブロードウェイでミュージカルを演じる軌跡を
追ったドキュメンタリー映画です。

「シンプル・ギフト」という言葉の意味は、
本当に大切なものをなくした人たちが得られる“気づき”です。
これをテーマにした歌もありまして、
映画ではこの曲を歌い踊ります。
子どもたちは、歌って踊ることが
“誰かの力になる”ということを気がつき、
成長していく過程も描いています。

かといって、暗い映画にはなっていません。
ナレーションは、妻の紺野美沙子さんが担当しています。

明日12月8日(土)〜12月14日(金)の14:40、
12月15(土)日〜12月21日(金)の10:00から
十三のシアターセブンで公開します。

明日は、僕の舞台挨拶もありますよ!
是非、お越しください!

▲ページトップへ

2018.12. 6【木】
松井宏員 今日のコラム

おっさん今日は“ほとんどの人がどうでもええ流行語の話”をするのだ!
     
今年も流行語大賞の時期ですが、松井さんのいきつけのお店、
西九条の「こばやし」でも今年の流行語大賞を決めよう!
ということになり、14の流行語ノミネートが出だそうです。
    
そこで、ノミネートされた流行語を紹介します。
(注)あくまで「こばやし」の中だけの流行語です。
    
・台風白髪→台風で仕事が予定通りいかず、てんてこ舞いになり白髪が増えた人のこと。
    
・ドタファン→仲間内でご飯行く時に常連客のファンさんがドタキャンすること。
    
・だし泥棒→おでんの出汁だけ頼む人のこと。出汁だけなのでタダで飲める。
    
・電気泥棒→いつも松井さんがお店で携帯の充電をしているから。
    
・ダブルハワイ→常連さんが、奥さんと新婚旅行の思い出の地ハワイへ。しかし、その旅行がどうもしっくり来ず、もう一回1人で行ったこと。
    
…などなど。
ほとんどの人が共感できない、
あくまで店の中だけの流行語!!
    
常連さんは1人3票、それ以外の人は1人1票
投票できるそうです。
こばやしの今年最後の営業日29日には
表彰式も行うんだとか。
    
興味がある人は投票しに行ってみるといいのだ!


▲ページトップへ

2018.12. 5【水】
萩原可奈 今日のコラム

今日はききみみ音楽ハンター!

「石原裕次郎の歌の後継者」という看板を背負ってデビューした
40歳の新人歌手、金児憲史(かねこ のりひと)さんへのインタビューです。

金児さんは、もともとは2000年にオーディション「21世紀の石原裕次郎を探せ!」で
決勝進出し、石原プロに入った俳優さんです。

裕次郎さんのカバーを歌うよう言われ、重い看板だとは分かりながらも
断る勇気もなかったと仰っていたようですが、その歌声は
裕次郎さんファンからも好評を得ていたり、
裕次郎さんの奥さんのまき子さんにも「若いころの裕さんの歌い方に似ている」と
言われたのだそうです。

広島県福山市出身で大のカープファンの金子さん、
マツダスタジアムの大型ビジョンで流れる応援歌「それ行けカープ」の
リレー映像出演が夢なのだそうですよ。

俳優としてもキャリアを重ねておられ、有名作にも多数出演されています。
ぜひとも注目されてみてはいかがカナ??

▲ページトップへ

2018.12. 4【火】
「斉藤亭 三郎」 今日のコラム

火曜コモんテーターの斉藤貞三郎さん。
日曜に気になる新聞記事がありました。
   
それは芥川龍之介さんが怒っていた、という記事。
何を怒っていたかというと、芥川さんに原稿を依頼したらしい人が
依頼状のなかで「龍之助」と間違っていたため、
芥川さんはそのことに関して抗議したようです。
   
てんコモリ!の今日の皆さんの名前の間違いと言うと…
我らが「子守」さんはかなりの割合で名前を間違えられます。
正しくは「子守康範」さん!
   
「小森」さんでも、「康則」さんでもありません。
(先日は番組に「小林」さんと書かれた手紙もありました。)
   
「古川」さんは「吉川」と書かれることが多いとか。
「圭子」さんも「佳子」「桂子」になっている時もあるんだとか。
   
そして斉藤貞三郎(さいとうていさぶろう)さんは、
「貞(てい)」が「定」となっていることが多いようです。
たまには「貢三郎」さん、「頁三郎」さんになっていることも…。
   
先日、目が疲れていた斉藤さんは、「貞」が「程」になっていたり、
「斉藤亭三郎」とパソコン入力していたようです(笑)!!
   
さぁて皆さん!年賀状を今から書かれる人は名前の間違い、ご注意を!!!!

▲ページトップへ

2018.12. 3【月】
太田幸司 今日のコラム

M-1グランプリの話。

今日は野球の話じゃないですよ〜。
きのうのM-1グランプリの話です。
採点がどうなのよ!?って思いましたね。
1人は90点以上つけていても、もう1人は80点だったり、
点数の違いが、どうも気になりました。

点数をつけられる、芸人さんは
人生がかかっていますからね。
観客の採点も入れたらどうかと思いました。

ちなみに僕は、しゃべくり漫才が好き。
サンドウィッチマンさんの大ファンです。

M-1グランプリに出場した芸人さん。
お疲れ様でした。

▲ページトップへ

2018.11.30【金】
女と男・和田ちゃん 今日のコラム

学生時代の話。

阪神の矢野監督が「本を読むように指導している」という
記事を読み、学生時代の話を思い出しました。
         
私は学生時代にハンボールに打ち込んでいました。
顧問で1番の恩師の先生は
「本を読みなさい」とよく言っていました。
卒業してからは、部員に一冊本をプレゼントしてくれました。
  
そんな、先生が私にプレゼントしてくれたのが・・・
まさかの『絵本』・・・
「和田は、本に慣れてないやろうから絵本がいい」との配慮でした。
       
でも私はそんな先生のおかげで、先日の大阪もマラソン完走できました!
ちなみに私の父は、もれなく沿道で応援していました・・・

▲ページトップへ

2018.11.29【木】
松井宏員 今日のコラム

おっさん今日は“どうでもええ話”をするのだ!
          
大塚さんの代打で武川アナが来た 今日のてんコモリ。
そんな特別日であろうと、ブレない松井さんは、
いつにも増してどうでもええ話をしてくれました。
     
まず一つ目「バックミラー」
先日、車を借りて友人と出かけた松井さん
不意にバックミラーを除くと、そこには額が後退した知らない人が・・・・
誰や!?と思うのと同時くらいに、あっ・・・・・・自分だ
      
そして2つ目「忘れ物」
松井さん行きつけの居酒屋「こばやし」で知り合いと飲んで
解散した後、女将さんから電話があったとのこと。
話してみると、どうやら一緒に飲んでいたうちの一人が
携帯をお店に忘れてしまったそう。
そこでおかみさんはまだ一緒にいるかもしれないと
松井さんに電話をかけたのですが、すでに解散した後。
困った女将さんは松井さんに一言「その人に電話かけてくれへん??」
      
これで最後!3つ目!
きのうも「こばやし」で飲んでいた松井さん
そこで、今年の漢字は何?と言う話題になった。
今年転職した人は、人生が広がったと言うことで「広」
もう一人は、たくさんの縁を切ったので「切」
松井さんはと言うと権力の「権」
長く続く権力は腐敗するという意味を込めて、この漢字にしたんだとか。
あと音読みすると「ゴン(ゴーン)」・・・・・・・
         
座布団ほしいのだ!


▲ページトップへ