子守康範 朝からてんコモリ!
日替わり!おかわり!てんコモリ!
バックナンバー

2019.2.19【火】
斉藤貞三郎 今日のコラム

先日、鴻池祥肇さんの追悼文の記事を読んで、
「心に残る言葉って何だろう」と考えた斉藤さん。
   
いつも言われる言葉ではなく、
苦労・努力まで見てくれている言葉をかけてもらえると
頑張ろうと思いますよね。
   
斉藤さんは学生時代、ビルの清掃のアルバイトをしているときに、
そこで出会った方に「面構えがいい」と言われました。
当時、就職への不安などもあった斉藤さんは、その言葉で自信がつき、
こんな励まし方があるのか!と思ったようです。
   
「面構えがいい」という言葉も、
自分も成長していないとかけられない言葉です。
「褒めて自信をつける」そんな人になりたいですね!!

▲ページトップへ

2019.2.18【月】
藪恵壹 今日のコラム

0218c-1.jpg
キャンプの話。

この間まで阪神・キャンプを
取材してきたんですが、
選手たちは和気あいあいと
楽しくプレーしていました。

金本監督時代は、
厳しいキャンプをしていましたからね。
見違えるようですよ。

ただ、ちょっと抜けてるんじゃないか・・・?
と思うような場面も少しありました。

まぁ、オープン戦・シーズンで
いい結果がでればいいんですが。

2軍のキャンプも見てきました。
平田監督も、選手の自主性を尊重する
育成をしてましたね。

平田監督は結構熱いタイプなのに
色々、我慢してました。
これも、結果が出ればいいんですけどね。

まだまだ始まったばかりです!
成長していく、タイガースを応援しましょう!
   
   
※画像は実際に見かけたおもしろシーサーです

▲ページトップへ

2019.2.15【金】
女と男・市川 今日のコラム

嫁の話。
             
ある日のこと・・・
「最悪やっ〜!」と嫁の声が聞こえてきました。
僕が「どないしたん!?」と駆けつけると、
「あんたの歯ブラシ使ってしまった!」って言われたんです。
"最悪"って。僕は嫁の歯ブラシ使ってしまったとしても
全然気にしないのに。ちょっとショックでした・・・
                        
そして後日、僕が歯磨きしていると
嫁が大笑いしながら
「あんた、それお風呂掃除用の歯ブラシやで!」と
言われました。
                   
僕は排水口掃除に使っている
歯ブラシで、歯を磨いていたみたいです。
僕の方が"最悪"ちゃいます?

▲ページトップへ

2019.2.14【木】
今日のコラム 特別編 大下香奈さん

今日はゲストに大下佳奈さんがいらしてくださいました!
    
大下さんは愛媛県出身で、NHKでキャスターを務めたり、テレビ愛媛でアナウンサーとして活躍。現在はフリーランスに転向し、フリーアナウンサーの活動の傍ら、歌手活動をされています。

局アナ時代に歌手デビューをした大下さんですが、当時は毎日生放送があったのでなかなか歌うことができなかったそう。
その後フリーとして活動を始めた頃に、今のレコード会社との出会いがあり、しっかり歌ができる環境を作っていただき、歌手活動を始めました。
      
昨年10/24にリリースした「君のためにできること」はシンガーソングライターの堀江淳さんに作詞・作曲をしていただいた曲で、皆さんの支えになったり、そばに寄り添えるような曲が作りたいという思いでできた曲なんだそうです。

ただ歌うことが好きで歌を始めましたが、誰かの癒しになることができたら幸せと思うようになったと話す大下さん。
    
全国でライブ活動を行なっていて、今年は6月から夏にかけて大阪、京都、和歌山などでライブを行う予定。
まだ詳細は決まっていない為、ぜひ大下さんのブログで確認して下さいね
!大下さんの歌声に癒されること間違いなしです。

▲ページトップへ

2019.2.13【水】
萩原可奈 今日のコラム

先週2/9の土曜日に箕面温泉スパーガーデンへ行った萩原さん。
温泉に入りに行ったのではありません!
取材で純烈のライブを見に行きました。
騒動後4人体制になってから初めてのスーパー銭湯でのライブで、
雰囲気はどうなのか、MCはどうなるのか...と気になっていましたが、
メンバーもファンも以前と変わらず大盛り上がりだったそうです。
    
逆境に立たされている4人を応援するため、駆けつけたファンも多く、
このライブのチケットは騒動後に発売したものの15分で完売したそう!
    
ライブを見た萩原さんが感じたのは、純烈メンバーは
それぞれのキャラがあるので役割分担ができていて、
トークも面白く、歌も分かりやすい!ということ。
人気の秘密もそこにあるのかもしれません。
   
公演中に脱退した友井さんからファンへの手紙が読まれる場面もあり、
涙を流すファンの方もいたそう。
ダンスが上手く、振り付けを担当していた友井さんが
抜けることはチームにとっても痛いところ。
4人体制となった純烈にとって、これからが勝負になるのではないか。

▲ページトップへ

2019.2.12【火】
斉藤貞三郎 今日のコラム

小さいころ、学校では「新聞社見学」というものがあり、
新聞のことを学んだ人もいるのではないでしょうか。
今は一体、どうやって新聞のことを教えているのでしょうか。
   
ちょうど、斉藤さんのお子さんは小学校の社会科の授業で新聞に学んだようです。
どんなことをしているか、どんな風に取材しているか、
教科書でかなりのページをさき、しっかり書かれていたようです。
   
そんな社会科のテストでは、新聞についての〇×問題があり、
「新聞の記事は、自分の感想などが書かれていることもあるので、
全部が正しいというわけではない」という問題。
自分の感想が書かれていなければどうなのか???など迷います。
   
今どきのお子さんは新聞をどう学ぶか...というお話でした。

▲ページトップへ

2019.2.11【月】
太田幸司 今日のコラム

投げ込みの話。

プロ野球キャンプが中盤戦に入ってはましたね。
今朝のスポーツ紙で新加入した西選手が
"キャンプ最高の137球を投げ込んだ!"と
取り上げられていました。

でも僕らの時代は
300 球くらいは普通に投げていましたから。
投げればいいもんじゃないんですが・・・
最近の選手は、若いピッチャーは投げ込まない。
やっぱり投げ込まないとコントロールの感覚が
つかないですよ。

僕は、高校最後の合宿で
500球投げこんでました。
投げすぎかもしれませんが・・・
でも、それがあって延長戦を投げられたのかも。

数を投げたらいいってことでもないんですが、
もう少し、追い込んだ方がいいのかもしれませんなぁ

▲ページトップへ

2019.2. 8【金】
女と男・和田ちゃん 今日のコラム

1人旅の話。

最近1人旅にハマっています。
韓国に1人で行ってから、自信がついちゃって
恐怖心がなくなりました。
               
旅先で、ピンチになった時の対処法がありまして、
それは"人に聞くということ!"
「この道で会っている?」と訪ねたら
みんな、親切に教えてくれるもんです。
                 
先日、香川県の女木島・男木島に行ってきました!
「女と男」でなんか縁起良さそうでしょ?
                
"アートな島"として有名な、
女木島から行ったんですが・・・
全ての施設がお休みでした。。
ずっと猫の写真とってましたね。
              
そうしていたら、男木島に行く
船の時間を忘れてしまっていて・・・
めちゃめちゃダッシュで行ったら、間に合いました。
しかし、男木島は人がほとんどいない島でした。
                
なんやかんや楽しい1人旅でした!

▲ページトップへ

2019.2. 7【木】
松井宏員 今日のコラム

『おっさん今日は お店に物申す』
人間それぞれ、合う合わないがあるように、
お店にも合う合わないがあります。
松井さんは以前、取材したあるレストランは、
新聞に掲載する前に文章を見せてほしいを言われ、
見せると文言の訂正を命じられたとのこと。
ある料理屋では、新人教育につき合わされたことも。
         
また、つい先日ある居酒屋に行くと、
出て行ってくれと言われたそう。
これには松井さんも怒って二度と行くか!と決心。
しかし、次の日には、酔っぱらっていたのでどこのお店か忘れちゃうんですって。
         
ちなみに、出て行ってくれと言われたお店
なぜそんなことを言ってきたかというと、
どうやら先客が大騒ぎしたからなんだとか。
しかもその先客と言うのが、
てんコモリ水曜日コメンテーターだった相原さん。
世間は狭いのだ。

▲ページトップへ

2019.2. 6【水】
萩原可奈 今日のコラム

萩原さんの連載"ききみみ音楽ハンター"
    
前回に引き続き、DJの下埜正太さんに
今年のブレーク歌手予想をしていただきました!
今回は男性アーティストです。
    
まずは長野の幼なじみ2人組「MOROHA」。
UKさんのギターに乗せてアフロさんが唯一無二の
日本語ラップを紡ぎ出します。
俳優の東出昌大さんもファンを公言しているんだとか。
メンバーのアフロさんはコマーシャルのナレーションをしたり、
UKさんはゆずのカナリアのレコーディングに参加するなど
お二人共多方面で活躍しています。
    
2人の作る曲は言葉がストレートで
あまり飾らないところが魅力と下埜さん。
本日紹介した「三文銭」は2013年のフジロックに出られなかった
無念の思いとこれから奮起することを歌い上げた歌なんだとか。
   
「MOROHA」の曲は1曲7〜8分の楽曲が多いのですが、
下埜さんは大好き過ぎて、番組でフル尺でかけるそうですよ。
    
これからますます期待の「MOROHA」
大注目ですね!


▲ページトップへ