子守康範 朝からてんコモリ!
日替わり!おかわり!てんコモリ!
バックナンバー

2019.6.18【火】
斉藤貞三郎 今日のコラム

先日、ケーブルテレビのたむらけんじさん司会の番組に出演された斉藤さん。
新聞はどのように作られるのか、というテーマで
毎日新聞から斉藤さん、スポニチの土谷さん、
号外研究家の人があれこれ話す...という番組内容だったのですが、
事前の打ち合わせの時、昔の話を思い返すと、
原稿は手書きでFAX、カメラはフィルム、
携帯もないので10円玉をフィルムケースに沢山入れたり...
いかにアナログであるかということを痛感したようです。
   
今、時代はペーパーレスも進みました。
新聞もデジタル化され、紙の存在感がなくなっている...??
   
先日、斉藤さんはビッグイシュー「紙の力を見直そう」という特集記事を読みました。
   
校正をするにも、タブレットで行うか、紙で行うかで違いがあるのです。
(紙の方がミスを発見する率が2割高い)
文章を見て、答えを探すということも、紙の方が圧倒的に高いのです。
一概にPC、タブレットが良いわけではありません。
使い分けが出来たら良いですね。

▲ページトップへ

2019.6.17【月】
太田幸司 今日のコラム

近本選手の話。

さて、本日発表となりましたが、
私、太田幸司の出演も残り2回となりました。
寂しいですね〜。。

さて、交流戦も終盤戦です。
例年通り、セ・リーグは
パ・リーグに押されていますね。
これは「野球の違い」からくるものなんですね。
バッターはどんどん振ってきますし、
ピッチャーはインコースにどんどん投げてきます。

そこで、今苦労しているのが、
近本選手。
現在、近本の21打数ノーヒットじゃないかな?
インコース攻めと
先週の6試合、ほとんどが
左ピッチャーが先発だったのも関係していると
思われます。
(ミランダ・大竹・和田・成瀬・田嶋)

まずは、第一の試練かな。
しかし、近本が1番に定着したことによって、
阪神は確実に強くなりました。
頑張れ近本!


▲ページトップへ

2019.6.14【金】
「立岩洋一郎のちょっと岩(いわ)せて!」

政治と金の話。

今日は政治資金報告書を持ってきました。
誰のものかというと・・・
安倍首相の報告書です!

政治資金報告書というものは、
どうやって資金が入って
どのように使われたのかを明確にするものです。

しかし3年間しか、開示義務がないんです。
なので、後々問題が出てきても中々確認しにくい。

なので、私達はデータベース化を推奨しています。
分厚い紙も必要ないですからね。

さてそんな「政治と金」についてのセミナーを
明日、毎日放送の地下AVルームで開催します。

13:30から開催します。
資料代として500円かかりますが、
どなたでも参加できます。

よければ覗きに来てください!

▲ページトップへ

2019.6.13【木】
松井宏員 今日のコラム

『おっさん今日はそうめんのお話なのだ!』
                        
松井さんは薄焼き卵やキュウリの細切り、
ハムなどを載せたそうめんに出汁をかけて、ごま油を少しかける。
夏になるとこの食べ方で、そうめんを楽しむそう。
そしてもう一つ。
トマトを丸々一個をおろして、
そうめんにからめるとまた違った味がして
飽きない。
ただ、夏は長い。
今年も夏を乗り切るため、
いろいろとそうめんの可能性を探ってみるのだ!

▲ページトップへ

2019.6.12【水】
萩原可奈 今日のコラム

9日の日曜日に大阪城ホールで開催された新日本プロレスの試合に行ってきた萩原さん。
これから入場すると言う時に一緒にいた友人が鞄をゴソゴソ・・・
「ヤバイ!ヤバイ!」と焦っているのです。
まさかと思ったのですが、そのまさか!
チケットがいくら探しても見つからないのです。
ここは一度落ち着いて考えようと一緒に振り返って思い出してみると、
コンビニの支払いの時に落とした可能性が高いということで急いで戻った萩原さん達。
店員さんに確認するとなんとレジに落としものとして届いていたんだとか!
そのままチケットを盗んで、転売することもできるのに
届けてくれたことにとにかく感謝ですね。
    
その後調べてみると、都内だけでなんと年間現金38億円が
落とし物として届けられているんだとか!
外国では落としたものは戻ってこないが当たり前なので、
日本人の忘れ物を届ける文化は素晴らしいですね。
時代が変わって外国の習慣が浸透してきてもそこは変わって欲しくないですね!

▲ページトップへ

2019.6.11【火】
斉藤貞三郎 今日のコラム

学生から斉藤さんに
「新聞記者になるには、口ベタでは無理ですよね?」と質問が。
実は新聞記者でベラベラ喋る人は少なく、聞く力が大事なんです。
   
昨日、日本経済新聞夕方に、住友生命保険のトップ販売員の記事が掲載されていました。
3万人の営業職員がいる住友生命保険。
MDRTという、生命保険や金融業界での世界的殿堂に入ることができたのは33人。
   
その中の1人、国田さんは「話すのは得意ではない」という。
その裏にあるのは徹底的な「待ち」と地道な客先への訪問でした。
例えば、新商品のキャンペーンを展開するとき、
通常は手紙やメールで済ませますが国田さんは全部の営業先にお知らせに行っていました。
   
記事の見出しにもあるように【「待ち」の営業 信頼生む】。
斉藤さんも参考になる、と思った記事でありました。
   
※ちなみに今日の写真は、ブログと比べてみてください。誰かの手が違う...??

▲ページトップへ

2019.6.10【月】
亀山つとむ 今日のコラム

阪神の交流戦・第一ラウンド終了。

さぁ、パ・リーグとの交流戦。
昨日は、原口の劇的なサヨナラ打で勝ちましたね。
現在、阪神は2球団との対戦が終わり、3勝3敗。
しっかりと戦えていますよ。

特に、原口がいいですよね。
原口が出たときの、
球場の盛り上がりは1番じゃないでしょうか?

第二ラウンドは、
敵地でソフトバンクとオリックスとの勝負。
1番気をつけないといけないのが"エラー"
マルテもっと、練習しましょう・・・
西に勝ち星つけたらな、可哀想です!

そして阪神優勝に向けての、もう1つの隠し玉。
それが藤浪です。
このシーズンのドラマは、7・8月に
藤浪が出てくるかどうかで変わってきますよ〜。

▲ページトップへ

2019.6. 7【金】
「立岩洋一郎のちょっと岩(いわ)せて!」

台湾の話。

先週は台湾に行ってきたんですが、
食べ物、美味しかったですねぇ〜。

さて、昨年起きた大型台風。
関空の橋がダメージを受けたり
大変な災害でしたね。

あの時に、あるニュース噂が流れました。
「関空に取り残された、中国人にのみバスを出す」
というものです。

しかし、これはフェイクニュースでした。
こんな事実はなかったんです。


台湾の人々はこのフェイクニュースに
疑心暗鬼になってしまいました。

慎重に考えなければ、なりませんね。

▲ページトップへ

2019.6. 6【木】
松井宏員 今日のコラム

本日は松井さんの連載『美食地質学入門』から

今月のテーマは神鍋高原のキャベツ。
毎年6月に神鍋高原ではキャベツ祭りが行われています。
"キャベツまるかじり"などがあるんだそうですが、
それくらい生で食べても甘くて美味しいということ。

神鍋高原は昼と夜の寒暖差が激しく、それが甘みを増すんだそうですよ!
あとはなんといっても地質!火山灰でできているのですが、
スコリアという黒い軽石で水はけがいい。
しかし、下の方は粘土質なので保水力があるんです。

今回はフレンチのシェフにキャベツを使った
コース料理を作っていただいたそうで、
料理には魚やお肉を使ってはいるのですがあくまで主役はキャベツ!
しかも、それに合わせるお酒はワインかと思いきや出てきたのは日本酒だそう!
今回も美味しい料理とお酒を堪能したそうです。

次は鹿児島に焼酎の取材に行ってくるのだ!!

▲ページトップへ

2019.6. 5【水】
萩原可奈 今日のコラム

本日はききみみハンターから!
ご紹介するのは"奥目の八ちゃん"こと故岡八郎さんの娘で、
ゴスペル歌手の市岡裕子さん。

市岡さんは11年前からタイの孤児院を支援する活動をしているのですが、
その中で子供達を励ます歌を作りたいと考えていたところ、
詩と曲が同時に降りてきたそうです!
ものの数十分で完成したんだとか!
その曲が「愛があなたを待っている」
本日その曲を表題曲にしたアルバムが発売されます。
「愛があなたを待っている〜Love Is Waiting For You〜」
このアルバムは一曲目は涙を誘う感動の曲なのに対し、
後半には和太鼓に乗せて賛美する「ハレルヤ音頭」で
明るく締められています。

岡さんから「泣かせて、笑わせんと」と言っていたそうで
そんなエンタメ精神が詰まったアルバムになっています。

アルバムの詳細については、市岡さんのHPから確認してみてください!

▲ページトップへ