子守康範 朝からてんコモリ!
日替わり!おかわり!てんコモリ!
バックナンバー

2016.7.29【金】
今朝のちょい盛りチェック

突然ですがみなさん、“PK”の意味わかりますか?
きょうは、もはや外国語のようなティーンの流行語について話しました。
あなたはいくつわかるでしょうか。


“アモーレ”…サッカーの長友佑都選手の発言からティーンに流行。
イタリア語で「愛する人」を意味する言葉で、友人に対し「◯◯は私のアモーレ!」
と使ったり、SNSで友人カップルをからかう時に使うことも多いそうです。
“卍(まんじ)”…使う人や文脈によって意味が多様で、
「今日、1限は休講らしいよ!」「卍(まんじ)」のように使ったり、
「やばい」「調子に乗ってる」「イタい」「絆」などの意味もあるそうです。


写真を撮る時の流行ポーズでは、親指と人さし指をクロスして小さなハートにする
“指ハート”が、韓国から流行。手の甲を相手に向け、
人さし指と中指でハートを作るのが“裏ハートポーズ”ということです。
ちなみに冒頭の“PK”の意味は”パンツくい込んでる“の略なのだとか。


みなさんは今ドキU-19の流行いくつわかりましたか?
全部わからなかったという方、安心してください。ブームは巡りますよ。
ティーンの間では過去に流行した商品も再ヒットしているそうで、
ナイキ製のスニーカー「エアマックス」や「MA-1」、
「写ルンです」などの人気も再燃しているのだとか。

▲ページトップへ

2016.7.28【木】
今朝のちょい盛りチェック

『 モノタロウ うな次郎 』
       
今日は朝日新聞からのお話しです。
       
7月30日が土用の丑の日です。
しかし、値上がり傾向が続いているウナギ。
代用品として「ウナギ味のナマズ」をスーパーに売り込んでいるのは近畿大学です。
イオンでは23日、24日に全国50店舗で「近大なまずの蒲焼」を販売したところ、
ほとんど売れたそう。
そのため、30日には全国121店舗に広げて売り出すとのこと。
     
そんな中、カニカマ「オホーツク」などを製造販売する一正蒲鉾(新潟市)は、
魚のすり身をウナギの蒲焼風に仕上げた「うなる美味しさうな次郎」を
全国のスーパーなどで発売しました。
うな次郎はスケトウダラを中心とした魚のすり身を、
ウナギの形に成形して蒸し上げ。タレをつけ4回焼いています。
皮の部分は食感が違うため、すり身の配合を変えているそうです。
店頭販売価格は300円!

このようにウナギの蒲焼の代用品が売られています。
百貨店のそごう・西武では30日までウナギ以外にも、
サンマやハモ、イワシ、豚肉、ナスなどのかば焼きを集めた
「蒲焼きフェア」を開催中。
       
みなさんも今年の土曜の丑の日は、
是非とも、何卒、なんとしてもウナギではない蒲焼を楽しんでみてください!
・・・・
・・・・・・・
そうしたら、競争相手がいなくなり、ウナギを買いやすくなる・・・・。

▲ページトップへ

2016.7.27【水】
今朝のちょい盛りチェック

『 世界へ そして 未来へ 』
    
     
「キャッチーコピーのつけ方で商品の売り上げが変わる」
こちらは、コピーライター川上徹也さんの言葉。
キャッチコピーは短い文章で、持てる力をどうPRするかが大事だそう。
     
たとえば『未来へ羽ばたこう!』『Go!Global』などの
PRになっていないキャッチコピーを『空気コピー』というとのこと。
     
今日の朝日新聞に大学の広告が出ていました。
大阪教育大学“教育現場の変化に対応する組織改革”
首都大学東京“日本にない新しい姿の大学を作り上げていきたい”
信州大学“全国から学生が集いと要請が育まれる”
新潟大学“真の強さを学ぶ。新しい時代の教育”
横浜市立大学“横浜から世界へ羽ばたく人材育成を”
東京工業大学“日本の東工大から、世界のTokyo Techへ”
京都大学“問題発掘型の研究で「0」から「1」を生み出す”
そして日本が誇る東京大学
“独自の教育プログラムで「知のプロフェッショナル」に”
・・・・・
・・・・・・・・。
どのキャッチコピーも子守さんには響かなかったようです。
茶屋町から世界へ届け朝からてんコモリ!

▲ページトップへ

2016.7.26【火】
今朝のちょい盛りチェック

『 下着以外でお願いします 』
      
今日は毎日新聞「くらしナビ」から反就活学のお話しです。
        
ある女性下着メーカーに来る就活生は、志望動機に「貴社の下着が好きだから」と
書く学生が多数。男子学生でさえ「下着が好き」と書く人がいるとかいないとか。
あまりにも志望動機に「下着が好き」「下着を企画したい」が多かったからなのか、
このメーカーでは昨年から「志望動機は『下着が好き』以外でお願いします。」と
但し書きが入るように。
この女性下着メーカーに関わらず、貴社の製品が好きという志望動機が
今、大量発生中なんだそうです。そこで!企業は志望動機をあえて聞かなかったり、
企業理解が深まった段階で聞く、という企業が増えているそうです。
      
又、とある大学で就職活動の決起集会が行われました。
決起集会の前半では、
スポーツ選手が「就活は夢を持て」。
後半ではジャーナリストが「就活は夢を持つな」とまったく逆の講演。
       
こんなことを言われたら混乱してしまいますよね。
夢を持つべきなのか、持たないほうがいいのか。
       
人生の岐路でまるでポケモンを探すかのようにウロウロウロウロ。
ただいえることは、夢や就職は、ポケモンをGETするみたいに簡単にはGETできません。
     
夢や就職をGETするためには、
自分のレベル(能力)上げていくことが大事だと書かれていました。

▲ページトップへ

2016.7.25【月】
今朝のちょい盛りチェック

アベノミクス効果が陰りを見せ、消費者心理は悪化しています。
そんな中、再びデフレ志向に回帰する動きを日経MJは「安値ミクス」と命名。
きょうは、そんな行列のできる「安値ミクス店」の人気の理由と工夫について
話しました。


名古屋市北区にある「下町の空」は1皿(6個入り)99円でギョーザを提供。
原価率88%という激安ギョーザの宣伝効果により、
来店者数を増やしているのだとか。
ギョーザは1日6〜7万個を製造しており、その生産ラインはなんと、
3人でまわしているのだそうです。
もちろんギョーザ以外も製造しています。
チャーハンはご飯と具材を混ぜて炒めるだけの状態まで仕上げ、
真空状態で瞬間冷凍。店舗では使う分だけ解凍し、
食材ロスを減らしているそうです。


他にも
焼きたてパンほぼ全品100円のベーカリー「京都伊三郎製ぱん」、
1杯250円の豚骨ラーメンが人気の「18ラーメン」、
200円カレーの「原価率研究所」などがあります。
東京都内に16店舗を展開し、100円台のメニューを中心に提供する
「晩杯屋」を運営するアクティブソースの金子社長は
「商品の質と値段にはこだわっているが、サービスに重きを置いていない」と
 話しています。さらに「安かろう悪かろうで稼げる時代は終わった」と断言。
人気の理由は「メリハリ」と「割り切り」にあるのかもしれませんね。

▲ページトップへ

2016.7.22【金】
今朝のちょい盛りチェック

梅雨も明け、暑い日が続いています。こう暑いとプールに行きたくなりますよね。
しかし、そんな楽しいプールで注意してほしい事故について話しました。
日本スポーツ振興センター(JSC)の統計によると
学校のプールに飛び込み、重い後遺症の残る重大事故が最近18年間で
31件発生しているそうです。
プールの底に頭をぶつけ、頸椎を損傷するケースがほとんどで、
スポーツ庁などが注意を呼びかけています。
JSCは1998?2015年度、学校管理下で発生した災害共済給付事例を調査。脊髄損傷109件のうち、プールへの飛び込みが原因とされる事故が
最多の30件に上ったのだとか。
学校のプールは文部科学省の水深基準がなく、
溺れることを防ぐために約1メートルと浅いものが多いのです。
名古屋大の内田良准教授は
「水深1メートルでは上級者も頭を打つ恐れがある」と指摘しています。
内田准教授によると、飛び込みによる重大事故は83?13年度の31年間で
169件もあったそうです。
夏休みに入り、プールに行く機会が増えると思いますが、くれぐれも注意してくださいね!

▲ページトップへ

2016.7.21【木】
今朝のちょい盛りチェック

『  ステキな彼氏が出来ますように  』
      
今日はおっさんふたりに届いた相談の続きでした。
       
娘に彼氏が出来ないという相談に答えたところ
■堺市 RN もも
お答えいただきありがとうございます!確かに娘は「高嶺の花や」って言われます。
当の本人は「慰めやん・・・。」と涙です。
娘の憧れは年上の方です。
小澤征爾さん、町田康さん、スティーブンタイラーさんです。
私の好きな人は全員、ステキな女性がいてる!と悔しがっています。
       
松井「やっぱり高嶺の花ですか。」
大塚「それにしても、好きな男性が渋いですね。」
子守「年上の男性に魅力を感じるのはいいですが、
相手が両親より年上なんてことになると、ご両親が大変になるかもしれませんね。」
       
       
■高松市 会員番号20706 RN嫁です。
寝るときのおまじないは、羊が一匹、羊が二匹ですが、何故羊を数えるのでしょう?
考えると気になって眠れません。
     
松井「何でもいいんですよ。牛でも。」
子守「羊を数えるのは、羊は英語で“シープ”ですよね。
   “シープ”が“スリープ”(寝る)に近いからなんですよ。」
大塚「“シープ”と“スリープ”。確かに近いですね。」
子守「それと、“シープ”と言うと、呼吸が整って眠りやすいんですよ。
   だから、“トーフ”や“揚げだしドーフ”や“マーボードーフ”でも良いんですよね。」
松井「それは眠りにくいでしょ!」

▲ページトップへ

2016.7.20【水】
今朝のちょい盛りチェック

『京都駅 注意して下さい!!』   
      
今日は産経新聞からのお話です。
     
観光都市“京都”の玄関口である、近鉄・JR京都駅で盗撮被害が増加しています。
修学旅行生を含め観光客が多く利用するだけに“スポット”として紹介する悪質なインターネットサイトもあり、盗撮犯が増加。京都府警の摘発件数も昨年の約2倍のペースです。
薄着の人が増える夏を迎え、府警は啓発強化に乗り出しています。
「すべて摘発するという強い意思で臨む」とのこと。
    
JR京都駅で女性のスカート内を盗撮したとして逮捕された男性は、
「達成感を味わいたかった」そう。
どこで達成感を味わっているんだ!
京都駅以外でも、清水寺などの観光地でも盗撮被害が増加しています。
観光地なので、カメラを持っていても不自然じゃない。
旅行気分になっており、被害に気がつきにくい。
という理由があるようです。
スカートを履いている方は、階段やエスカレーターでは、
・ちょっと後ろを振り返る。
・横を向いて乗る。
・かばんでスカートを押さえる
など簡単なことで被害を防ぐことができます。
旅行を邪魔するような盗撮犯がいなくなるよう、お寺参りで仏様にお願いしましょう!!

▲ページトップへ

2016.7.19【火】
今朝のちょい盛りチェック

『  欲しいものはなんですか?♪  』
    
今日はデイリースポーツからのお話しです。
     
博報堂生活総合研究所が60?74歳を対象に実施した意識調査で、
欲しいものは「お金」と回答した人が40.6%ととなり、
「幸せ」の15.7%を大きく上回りました。
欲しいものを「若さ」や「名誉」など20項目から三つ選ぶやり方で、
「お金」は「健康」、「安定した暮らし」に次ぐ3位でした。
また46.7%が「先の見通しは暗い」と回答。
担当者は「老後が長期化し生活の見通しは暗い状況で、
現実的なお金を求める切実な気持ちが伺える。」と分析しました。
     
日本に来た留学生は、電車でグッタリしている日本人をみて、自分もグッタリするとのこと。
その留学生の母国より、日本は経済的には裕福ですが、精神的な裕福さは感じないそうです。
『Why Japanese People!!』と言ったとか言わないとか・・・。
    
確かに、お金が無ければ不安になります。
生活できず、モノが食べられなくなるわけですから、最悪、餓死してしまいます。
でも、皆さん安心して下さい。
なんと!餓死が最も楽な死に方だそうです!!!
・・・・・・・・・。
そんなこと言われても、当然餓死なんかしたくないですよね。
     
買い物の合計が¥777になったり、お釣りで金ピカな500円玉をもらったり、
キレイに“○”が書けたり、食べ終えたラーメンのスープの中から、
ゴロッとしたチャーシューが出てきたり、などなど。
大変な毎日の中でも、小さな幸せを見つけていくと、
精神的に裕福になれるのかも知れないです。
みなさんも小さな幸せを探してみてください。

▲ページトップへ

2016.7.18【月】
今朝のちょい盛りチェック

きょうは、オトナ向けに進化しているお菓子について話しました。
幼い頃に親しんだ「定番のお菓子」が、続々と大人向けに進化しているそうです。少子化でお菓子市場の縮小が懸念される中、
30代以上の大人世代が新たなターゲットとして注目されています。


食品メーカーの明治が平成25年に発売した
「大人のたけのこの里」と「大人のきのこの山」は、
最近の「大人向けお菓子」ブームの火付け役になったとされる商品です。
外装をシックな色合いにし、見た目も高級感たっぷりに。
味も大人の好みを考え、チョコレートの甘さが控えめになっていたり、
きのこの“軸”となる部分がビスケットからプレッツェルに変わっていたりと、
大人の好みを追求しています。
また、「チョコボール」や「おっとっと」などを扱う森永製菓も、
続々と「大人」市場に商品を投入。
3月には、30代以上の大人世代を意識した「チョコボールグランデ」を発売。
ピスタチオやヘーゼルナッツ、薄焼きのクッキーを細かくして
チョコに練り込むことで、新鮮な食感を味わえるようにしているということです。
「おっとっと」の大きさを2倍にし、
大人が食べても十分な食べ応えを感じられるようにした
「スーパーおっとっと」なども発売し、人気を集めています。
食品メーカー各社が「大人向け」の商品に力を入れている背景には、
少子化が進むことによって、お菓子市場が縮小してしまうという危機感があるということです。
 団塊世代の生活スタイルなどを研究する博報堂新しい大人文化研究所の
統括プロデューサー、阪本節郎さんは
「大人になっても“子供ごころ”を忘れない人が増えてきている。子供の頃に慣れ親しんできた 味を、ずっと好きでいる人が多いのではないか」と分析。
子守さんはこの分析を受け、
「型にはまっていない、ユニークな大人というのは、大人としてきちんと社会性を
 身につけた上で、ちょこっとはずれることを指すべきではないか」
とコメントしていました。

▲ページトップへ

2016.7.15【金】
今朝のちょい盛りチェック

貼ると速く走れる!?
きょうは、陸上の日本選手権女子200メートルで日本記録を出し、
リオデジャネイロ五輪の代表に決まった福島千里選手のおなかに貼られていた
ベージュ色のシールの謎に迫りました。
シールの正体は、「EK―6000」という商品で、価格は120枚で6800円。
札幌市の整骨院で治療用に開発されたもので、
8種類の天然鉱物を粘着面にすり込まれているそうです。
鉱物の種類は「企業秘密です」とのこと。
「東洋医学に基づき、体のツボに貼ることで、
 本人のもつ自然治癒力をより引き出 す効果を狙う」のだそうです。
スポーツ心理学が専門で、武庫川女子大の伊達萬里子名誉教授は、
選手たちがシールを貼っているのに気づき、07年ごろ、
その効果を検証しようと実験。すると、チタンと信じ込ませた偽のシールでも
変化が出た選手がいたということです。
 「鉱石特有の効能による影響も否めないが、心理的暗示による効果が認められた」
という伊達名誉教授。
「体操や陸上など個人競技の選手は、球技に比べて不安傾向の特性が強い。
たくさん練習しても、1回の失敗で台無しになる場合もある。
スポーツ選手にはラグビーの五郎丸選手や大リーグのイチロー選手のように儀式が必要。
不安を取り除くためなら、何でもすべきです」と話しています。
その際に重要なのは“人間関係”。シールの中身ではなく、誰からもらうかということだそうです。信頼している人でなければ効果は薄いのだそうです。

▲ページトップへ

2016.7.14【木】
今朝のちょい盛りチェック

『中立って何でしょう』

今週日曜日、参議院議員通常選挙が行われました。
8時の投票終了とともに、各局開票特番を放送。
しかし、本来力を入れないといけないのは投票後ではなく、投票前のはず。
そうすることで、視聴者の皆さんも多くの情報を元に投票ができるのです。
しかし、各局『中立』を保つために、当たり障りのない内容でした。

「完全中立なんてありえない。政権のいう『中立』とは、政権の批判をしないということ。
 批判精神からしか、政治を見る目は養えないのに、このままではダメです。」と松井さん。
「あ?だこ?だ、いろいろ言い合うことが議論を深めるのに」と子守さん。
    
今SNSを使って誰でも、自分の意見を発信できるようになりました。
しかし、それらはあくまでも匿名です。
本名を名乗らない意見は、落書きと同じ。
議論を深めるためにも、“中立”ではない意見を言い合い、、
本名を名乗り、責任を持って意見する必要があるでしょう。

▲ページトップへ

2016.7.13【水】
今朝のちょい盛りチェック

『大事なモノってなんですか?』
    
今日は産経新聞からのお話です。
    
大阪府 60代女性の人生相談です。
数年前、夫と海外旅行をした際、留守番をする長男の嫁に、金庫の開け方を教えたのだそう。
すると、それ以来、少しずつ金庫のお金が減るように!
金庫の開け方を知っているのは、私と夫、そして長男の嫁のみ。
長男夫婦がお金に困っていることはなさそう。
でも、嫁はお金にルーズで、あればあるだけ使ってしまう人。
預金もほとんどないようです。
このことを長男に話したら、取り返しのつかないことになりそう、、、。
どうしたらよいでしょう?という家族のお金に関する相談です。

これに対して、
相原さんは、金庫を変えるなり、保管場所を変える。
大塚さんは、それとなく聞いてみる。
子守さんは、腹を割って1対1で話し合う。
とそれぞれ回答していました。

今までのお嫁さんのことはマイナス金利と考え、
これからは、プラス金利な嫁になるよう話し合うことが必要な気がします。

▲ページトップへ

2016.7.12【火】
今朝のちょい盛りチェック

『調べてみよう 朝の気温』
    
今朝はスポーツ報知からのお話です。
7月に入り厳しい暑さが続きますが、
心配になるのは4年後、日本がもっとも暑い時期に開催される、東京オリンピックです。
こんな暑い時期に開催すること事態、そもそも疑問があります。
そのなかでも、最も危険なのが、炎天下の中死力を尽くすマラソンです。
女子マラソン解説者の増田明美さん(52)は、
選手や沿道の観客の熱中症のリスク軽減に競技開始時刻の前倒しの実施などを訴えました。
     
女子は8月2日、男子は最終日の8月9日にともに午前7時半スタートを予定。
早めのスタートですが、マラソンの適正気温が12?13度と言われる中で、
20度超えのレースになりそう……。
「いやいや、20度越えで済むのでしょうか?」下手すると30度越えなんてことも。
増田さんによると、日本より暑いバンコクでの市民マラソンは、午前3時号砲が常識だそう。
真っ暗の中走るため、テレビ的には、放送が厳しいところです。
しかし、選手を第一に考える、「アスリート・ファースト」の精神にのっとるのであれば、
それくらいは当然かもしれません。
     
マラソン選手にとって最も大事なのはドリンクの温度とのこと。
水分補給も当然ながら、体を内側から冷やすためには、
冷蔵庫から出したばかりのキンキンのドリンクであってほしいそうです。
キンキンだと、お腹を壊してしまいそうですが、
みなさん!想像してみてください。真夏に自動販売機で『つめた?い』を押したのに、
『あたたか?い』ものが出てきたら嫌ですよね。
     
そんなマラソン選手のドリンクでもう一つ・・・
04年アテネ五輪で金メダルを獲得した野口みずき選手。
勝因の1つに給水の成功があったそう。午後6時スタートで気温は35度超え。
野口選手は勝敗の分かれ目を給水と考え、あらかじめ象印の魔法瓶と契約して、
冷たいスポーツドリンクと水を2層に分けた特殊構造の魔法瓶を開発。
後に魔法瓶の使用は禁止になりましたが、用意周到に工夫し、緻密に計算した成果でした。
今年開催される、リオデジャネイロオリンピックでは、
さまざまの理由から選手が参加辞退を表明しています。
東京オリンピックでは「来てよかった!」と思ってもらえるよう、
選手に対しても十分な「お・も・て・な・し」をするべきではないでしょうか。

▲ページトップへ

2016.7.11【月】
今朝のちょい盛りチェック

きょうは昨年12月から50人以上の事業所に義務づけられているストレスチェックについて話しました。
ストレスチェックには57項目の質問があり、「そうだ」「まあそうだ」
「ややちがう」「ちがう」という4つの選択肢から当てはまる回答を選びます。


例えば、
1. 非常にたくさんの仕事をしなければならない
2. 時間内に仕事が処理しきれない
3. 一生懸命働かなければならない
4. かなり注意を集中する必要がある
5. 高度の知識や技術が必要なむずかしい仕事だ
6. 勤務時間中はいつも仕事のことを考えていなければならない
7. からだを大変よく使う仕事だ
8. 自分のペースで仕事ができる
9. 自分で仕事の順番・やり方を決めることができる
10. 職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる


などの項目があります。
項目を聞いた亀山さんは「匿名でタイガースの選手に受けてもらいたいですね」と不振にあえぐ選手たちにストレスチェックを勧めました。
所要時間は5分程度なので皆さんもチェックしてみてはいかがでしょうか。

▲ページトップへ

2016.7. 8【金】
今朝のちょい盛りチェック

『知ってます? ご当地ヒーロー・トライオー』

産経新聞のお話です。

撮影などはすべて大阪で行い、コテコテのお笑い要素を含んだアクションもふんだんに盛り込まれている大阪のご当地ヒーロー「浪速伝説トライオー」がBS12で放送が始まりました!
 
ストーリーは、不思議な力を秘めたナニワベッコウをめぐって、敵役であるスベル族との戦いを描いてあり、主人公の謎の少年・天王寺カドマやナニワベッコウの研究をしている博士・西中島南方など、大阪の地名にまつわる出演者が登場し、とことん大阪にこだわった内容になっているそうです。
 
「笑顔と笑い」を守るために誕生した変身アイテムは、商人の街での必需品・ソロバン。
「なんでやねんスラッシュ」、「マイドオオキニハリケーン」などの必殺技を持つ。
敵役は面白くない事を言って“笑顔と笑い”を奪うのがスベル族、スベル族のボスは大阪城をモチーフにした「大阪のジョー」。
戦闘員は、まっくろにこげたこ焼きがモチーフの「ゴンタコ」だそうです。
 
地上波での放送後は、ショッピングセンターなどでヒーローショーを行うと子供たちが集まってきたので第2弾の制作にも意欲を見せていたが、「なかなかテレビ局側との折り合いがつかなかった」とか。
去年11月には映画「日本ローカルヒーロー大決戦」で、総勢104人のヒーローに混じってスクリーンデビュー。
 
内田先生は、「“ご当地キャラ”や“ご当地ヒーロー”は、日本独特のものではないか」と、おっしゃっていました。

▲ページトップへ

2016.7. 7【木】
今朝のちょい盛りチェック

『  今夜 何食べたい??  』
       
今日は、SHARPのオーブンレンジ「ヘルシオ」に人工知能が搭載されたお話です。
      
人口知能が搭載された、SHARPの新商品「ヘルシオ」。
「今日はなに作ろう?」と聞くと、
「やきそばなんてどうですか?」と今日の献立を答えてくれるそうです。
「人参と玉ねぎがあるねんけど・・・」と聞くと「カレーはいかがですか?」と、
食材を組み合わせた提案も。
更に、カレーが苦手の場合、違う組み合わせのメニューも教えてくれます。
現在メニューの種類は1000種類。今後どんどん増やしていくとのこと。

ファッショセンターしまむらでも、人工知能が活躍し始めているそうです。
しまむらは、ある店舗の在庫を、その在庫が売れている別店舗に移すことで、
在庫を無くし、利益を伸ばしているというお話を以前しました。

そのしまむらが、商品の値下げを自動で指示するという、
人工知能を活用したシステムを、今年中に運用開始するそうです。
店舗の立地条件、在庫の消化率から、いつから、何%OFFにしなさいときめてくれるとのこと。
    
多くの場所で人手に代わり、人工知能が活躍し始めています。
人が考えなくても、人工知能が何でもかんでもしてくれる未来が、
すぐそこに来ているのかもしれません。
そんな未来、皆さんはどう感じますか??

▲ページトップへ

2016.7. 6【水】
今朝のちょい盛りチェック

『  キリンさんは高い!でもゾウさんはもっと高い!  』
     
     
今日は毎日新聞くらしナビからのお話しです。
    
東京にある、井の頭自然文化園の人気者。
アジアゾウの“はな子”が今年の5月に亡くなりました。
69歳でした。
戦後タイから送られてきた“はな子”は、見る人みんなを元気付けてくれました。
     
人気者がいなくなった井の頭自然文化園では、
新しくゾウを飼い始めるかと思いきや、
運営する東京動物園協会は、
「新たにゾウを飼育するかは白紙である」と発表しました。
      
その理由として、動物を飼育するコストが高くなっていることが挙げられます。
     
“失われた20年”の間に、多くの動物の値段が高騰しています。
キリンは4・500万円から1800?2000万円。
ゾウは1300万円から3500万円。
ゴリラは200万円から1億円と、50倍にまで高騰しています!
      
ここまで値段が高いと、税金で成り立っている公立の動物園では、
コストをかけた分、市民サービスが向上しているのか?という問題が出てきます。
また、動物園はただ展示しているだけではなく、
動物を繁殖させる役割を担っています。
そのため、ツガイで飼育できるスペースがない動物園では、
施設を拡大するためのコストも必要となります。
      
残念な事に、今後動物達が寿命を迎えてくることで、
井の頭自然文化園のように、どんどん動物園から“人気者”がいなくなってしまうかもしれません、、、
     
最近の動物園の中には、動物本来の暮らしを再現して、そこに人間がお邪魔しているような見せ方をしている動物園もあります。
    
このように、動物園も、多くの子供たちに来てもらえるよう、動物に興味を持ってもらえるよう工夫をしています。
今後も子供を楽しませる場所として存在し続けて欲しいですね!
     
ちなみに、皆さんシャチのお値段ご存知でしょうか?
そのお値段ナント5億円!!・・・・動物に興味がわいてきませんか?

▲ページトップへ

2016.7. 6【水】
今朝のちょい盛りチェック

『  体温計はどこへ行ったのか?  』
    
    
今日は、昔懐かしい水銀体温計の話です。
    
現在、体温計と言えば、デジタル体温計が主流ですが
昔は水銀体温計を使っていました。現在も、正しく測ることができるということで、
水銀体温計を使っている人がまだいるそうです。
    
水銀体温計の測り方はデジタルのものとほぼ変わらず、
脇に挟み少し待つだけです。
     
ただし、測り終わった後は、目盛りを戻さないといけません。
そこで!付属の入れ物に体温計を入れ、付いている紐を持ってブンブンと回し、
遠心力で水銀を元の位置に戻すのだそうです。
      
また水銀体温計、残念ながら生産が少なくなってきています。
番組にはこんなお便りが番組宛に来ました・・・
      
■海南市 RN とほほほドクター
2013年に採択された水俣条約で水銀の持ち出しが、厳しく規制される事に成りました。
これまで、国内で回収された水銀は有価物として海外に持ち出されていたのですが、
それが出来なくなったそうです。水銀体温計を使用することは構わないのですが、
破損したりしたものを処分する際、莫大な費用がかかってしまうため、
今のうちに処分して費用を安く済まそうという動きが、都道府県医師会単位で
行われているそうです。こういった問題からドラッグストアで探しても
水銀体温計は無いのだと思います。
      
リスナーの皆さんの家にはまだ水銀体温計 ありますでしょうか?
あるよ!という方、また番組宛にメッセージ下さいね!

▲ページトップへ

2016.7. 4【月】
今朝のちょい盛りチェック

きょうは、対サザエさん、じゃんけん必勝法について話しました。
アニメ・サザエさんの番組最後にサザエさんとじゃんけんするコーナーがあります。
そのじゃんけんコーナーの過去データを分析し予想している方がいます。
「打倒!サザエさん」を掲げ、日々研究を続ける
『サザエさんじゃんけん研究所』所長・高木啓之さん。
昨年放送分の勝率は、なんと驚異の78%を誇るということです。
高木さんによると「勝率が最大になる手の決定方法」のポイントは3つあるそうで、

1. クールの初回、または27時間テレビなどの特別回かどうか
第1クール(1月?)、第2クール(4月?)、第3クール(7月?)、
第4クール(10月?)の各クールの初回は、サザエさんは高確率で
チョキを出すので、グーを出せば勝てる可能性が高くなります。

2. サザエさんは前々回、前回と同じ手を出しているか
サザエさんは3回連続同じ手を出すケースは非常に稀であるため、
前回のサザエさんの手に負ける手を出せば勝率がグッと上がります。

3.サザエさんは前々回がチョキで前回にグーを出しているか
これまでの集計結果でサザエさんが「チョキ→グー」とくれば
高確率でチョキを繰り出してきます。
ということです。
みなさんも必勝法を試してみてはいかがでしょうか?

▲ページトップへ

2016.7. 1【金】
今朝のちょい盛りチェック

『部活やっていますか』
朝日新聞からのお話です。

休日が極端に少なく連日長時間練習が続く「部活漬け」は生徒のためにならないのではないか。
部活するのは義務なのか。
部活礼賛の雰囲気は何なのでしょうか。
首都圏に住む45歳の母親はこんな違和感をメールでつづった。
長女が公立中の剣道部に入っています。顧問が熱心で、活動時間は長い。平日の休みは月曜のみ。週末もほとんどが練習か試合。下校時間が早くなる冬は学校での練習の後、近隣の公民館に集まって練習します。
対外試合は朝5時出発、午後9時帰宅があたりまえ、対外試合には必ず親が車を出しています。
「もう中学生なんだから公共の交通機関で行けるところは自分たちで行くべきではないでしょうか」と、保護者会でそんな問いかけをしたところ、他の親たちは「剣道は荷物が多いから大変でしょ」、顧問の先生も「親が車で送らない、そんな事は考えた事もなかった」と。
先生達から疑問の声が上がっている一方で、先生が長時間練習を強いるケースも少なくない。人生の糧となる部活動そのものは必要だが、大人が何もかもやって部活漬けになると本人はスポーツだけ頑張ればいいと勘違いし、社会性を見につけないまま成長してしまうのでは」という声もある。
また、スポーツ活動の時間が長いほど肩、腰。ひざなどに痛みを訴える傾向が大きくなるという調査結果も。
部活動は学習指導要領には「生徒の自主的、自発的な参加により行われる」と記されているが、現実問題、「心身の健全な発達や人間形成に寄与する」などの理由で義務付けている学校は多い。
大人が決めた事を強制的、義務的にさせられる活動ではなく、自主的に考えることこそ大事なのでは。自己犠牲の集団主義が個人の楽しみより優先された風潮が“部活漬け”という形で残っている面は否めず、部活も発想を変える時代かもしれません。
  
子守さん『部活動に限らず考えさせられる記事でした。』

▲ページトップへ