放送日記
放送日記
3月29日放送分

最終回もお付き合い頂き、そしてたくさんのメッセージをありがとうございました!

初めてのソロラジオ番組、しかもコロナ禍。
きちんと伝わってるか不安な中、どれだけメールからパワーと安心感を頂いたか分かりません。
心から感謝いたします。ありがとうございました!

さて、1年お届けしましたこの魔法のボイストレーニング。
ステイホーム時間が長くなった中で、おうちでこっそり歌をうまくなれるトレーニングを色々お届けしました。

いつの日かまたみんなで楽しくカラオケに行ける日を願いつつ、ぜひとも秘密のトレーニングを続けてもらえたらと思います。

このところよく「耳活」という言葉を耳にします。
耳から様々な情報を取り入れること。
語学や雑学、ノウハウなどを通勤や家事の合間に「ながら聴き」しながら、時間を有効利用しようというものです。

ここが活性化することで、発信したい人も増え、動画サイトだけでなくクラブハウスやボイシーと言った、音声だけの発信ツールも利用者が増えています。

声優さんの需要も増え、イケボに憧れる方も増えていて、これからますます声に対する重要性も必要性も、高まっていくと信じています。

声は人柄だ、といつも私は思います。
そしてボイトレは声のスポーツクラブであり、エステだと。
自分の気持ちをきちんと表現できる声、自分らしい声を作って行って下さい。

少しサボるとすぐに声も劣化してしまうので、毎日少しずつでもちゃんと声を出して、人と話して、歌って、自分をアウトプット、表現して行って下さいね(^^)

また必ず、お耳にかかりましょうね。
そしていつかは絶対お目にかかりましょう!


4月からも「つぼみ色」のリリース、ボイトレ動画の発信、ボイトレセミナーなど、積極的にやっていこうと思っています。
一番マジメに更新しているのは、ブログですのでぜひチェックよろしくお願いします!

https://ameblo.jp/yuka-voice/


どうかきっちり除菌、しっかり予防をして引き続き無事に過ごして下さいね。
本当に本当に! たくさんの応援、ありがとうございました!



オンエア曲
十川裕加 / I Wish You Love

3月22日放送分

ラスト2回!今日もお付き合い頂き、ありがとうございました。

お約束していたオリジナル曲、完成しました!
今日、世界初公開(←盛りすぎ 笑)でした。
 
タイトルは、「つぼみ色」。
 
コロナ禍になってから愛してる人たちに会えていない、
一緒に過ごせていないことを実感しました。
だから、ちゃんと元気に過ごして
いつかまた楽しく会おう、という気持ちを歌詞にしました。
  
裏テーマとしては...
空に旅立って行った大切な人たちを思い
人生という長い旅を終えたら、いつか絶対また会えるね
それまでここで頑張るね という意味もあったり。
 
私が創ったサウンドは、まだ世界が小さかったのです。
レコーディング現場で、プロミュージシャンのワザとアイデアで
一気に膨らまして頂きました。
どんどん曲が立体的になり、波が出来、空間が広がっていく。
音楽の楽しさを再確認させてもらった日でした。プロはすごい!

作詞作曲 十川裕加

ピアノ 中島徹さん
ベース 魚谷のぶまささん
ドラム 永見潤さん
サックス 古谷光弘さん という音楽シーンで大活躍する
皆さんとご一緒しています。
 
今決まってるのは、今日1回だけのオンエア。
ここからどうしよう?
MVとか作ってアップしたら、みんな見てくれるかな?
 
まだしばらくこの番組アドレスは生きてますので
どしどし感想送ってもらえると嬉しいです。
ぜひとも! ぜひとも! よろしくお願いしますm(__)m
 
歌詞はこちらに。
https://ameblo.jp/yuka-voice/entry-12663809622.html

では来週。 最終回の10分。
ぜひともお付き合いくださいませ♡

オンエア曲
十川裕加 / つぼみ色

3月15日放送分

今日もお付き合い頂き、ありがとうございました!
ボイトレのコツ、おさらい編をお届けしました。
 
歌いたい! でも声が出ない! 喉が痛くなる!
時には、これを思い出してね。
 
1. 母音が短い
2. 深みが足りない
3. 広がりが足りない

1の母音が足りない。
ちゃんと声を出すためには、普段しゃべってるままの日本語発声だととても追いつかない。
だから、母音を足し足しにします。 
 
 あいしてるよ、の歌詞は
 【あぁいぃしぃてぇるぅよぉぉぉ】みたいな感じで。

 
2の深みが足りない。
上記みたいに母音を足すと、深みが作りやすくなります


3の広がりが足りない
硬くきつい声を出しすぎると、広がらなくなります。
顔の1mくらい前からは、声を風に乗せて広げるイメージで。
近くだけが強い声を、ベルカント唱法でも、「浅鳴りの声」とか「傍鳴りの声」なんて言います。
 

大体3つとも絡んでることが多いので、ここから修正してみて下さいね。

ただ、大切なのは
『ボイストレーニング』は、声のスポーツクラブ。
ブラッシュアップ。今出ている声を磨き、まだ眠ってる声を引き出し、さらにパワーアップさせるもの。

歌う時には、その声をどれだけ使うか、どんな風に使うか考えて下さいね(^^) 声が出るようになったら、曲で出しすぎて逆にニュアンスが悪くなることもありますので。
 
ご質問頂きました神戸のATさん。
『いつも聴いています。体力の関係で、1番を頑張って歌うともう疲れて2番が歌えません。
そんな人は、どういう曲を選べばいいですか?』とのこと。

→ふわふわっと歌ってカッコ良い曲はいかがでしょうか?
例えば、森田童子「僕たちの失敗」とか研ナオコ「夏をあきらめて」
もしくは、雰囲気のある曲を、マイクを近づけてふわっと歌う。
「黄昏のビギン」とか福山雅治「桜坂」とか。
「どうぞこのまま」みたいなボサノバとか。

吐息だけでも歌になります!
歌うよりも語る、という方法も試して下さいね。

さて来週はいよいよ。
オリジナル曲初披露! ぜひ来週も聴いてね(≧▽≦)

心浮き立つ気候になってきましたが
引き続きしっかり除菌、きっちり予防して
無事に元気に1週間過ごして下さいね。
ではまた来週!

オンエア曲
ONE OK ROCK / Wherever You Are

3月8日放送分

今日もお付き合い頂き、ありがとうごさいました。
大切なお知らせに、スタジオライブにとなかなかドキドキする回でした。


1年お届けしましたこの「十川裕加 魔法のボイストレーニング」は、3月末で終了することになりました。
1年たくさんの方からメッセージを頂きましたし、ずーっとボイトレや声のことを話せた幸せな時間でした。
どうもありがとうございました。

今日を入れてあと4回、フルパワーでお届けしようと思いますので、最後までぜひお付き合いくださいね。
ますますのメールもお待ちしてます(^^)/

と言うことで、今日はリクエストを頂いていた1人スタジオライブをお届けしました。

いやはやなんともざわざわする収録(笑)
レコーディングスタジオとは違う場所で歌って録って頂く違和感。。。

今日お届けするのは、「ハナミズキ」。
これを日本語と英語でお届けします。

この英語Verは、エリックマーティンという、Mr.Bigのボーカリストが歌ってます。
この英詩がものすごく良く出来てる!

元々、英語の歌詞を日本語にとか、また逆に日本語を英語にしたら間延びしたり、ものすごく歌詞が詰まって忙しくなったりするんです。

例えば、「上を向いて歩こう」だと、上を向いて、のメロディ...音譜7つだけで英語だと「It's all because of you」(すべて君のせいだ)という文章が埋め込める。

だから、日本語の方が伝えられる内容が少なくなる。
この曲はそれがないし、訳が自然なのです。

英語で歌おうと思われる方は、言葉のしなりが不可欠です。
いつも番組でやってるしなり、を使っていくと英語っぽくなる。
かつ、ビートにも乗りやすい、という一石二鳥です。

日本語版で歌うと、この曲はフレーズの初めにこもりやすい母音「う」と「お」、食いしばりやすい「い」がたくさん出てきます。

『空をおし上げて』『どうか来てほしい』母音おでスタート。
『つぼみをあげよう』母音うでスタート とか。
まずそれをトレーニングで解消することおススメ。

また、サビではいきなりから薄紅色、で「う」での延ばし、君のね、で「い」の延ばし。

このあたりでこもりと食いしばりが発生しやすいので、部分トレーニングしてね。

さて、オリジナル曲作りも佳境に入ってきました。
絶対にオンエアするぞー!

来週は、せっかくなのでボイトレのコツまとめをお届けしようと思います。
声が出にくい、歌いにくい時はこれやってみて!です

春が近づいてますね。
気持ちは浮いてきますが、引き続きしっかり除菌してご無事に過ごして下さいね♡
 
 
オンエア曲
十川裕加 / ハナミズキ

3月1日放送分

今日もお付き合い頂き、ありがとうございました!
緊急事態宣言の明けた3/1。
少し春が近づいた気分がしますね(^^)
 
さて今日は、「伴奏を聴こう」でした。
伴奏って、全ての情報が詰まっています。
どんな風に歌って欲しいか。
 
どんなテンションが欲しいか。
どこで盛り上げて欲しいか。
 
大きく分けると、歌い方は2つです。
 
レガート...つなげて歌うか、パウンド...ポンポン弾んだように歌うのか。
これをまずチェック!
 
あと曲調。長調メジャー...楽しいのか 
短調マイナー...ちょっと切なかったり、悲しい雰囲気とか。
これでテンションをチェック。
 
今回は、よくご存じの「天城越え」での解説でした。
 
この曲、イントロがすごく壮大なんです。
 
気持ちが乗ったところで歌い初めが来るんだけどここで一瞬クールダウンが来ます。
あまり気が大きくなったまま歌い始めると、うまくいかない。
ボイトレで声が出やすくなっても、母音を出さずに歌う、っていう選択肢ももちろんあります。
そのポイント押さえといてくださいね。
 
「寝乱れて~」のパート。
伴奏にはつづみの音が、合いの手で入ってます。
これを生かすのが、いい歌い手!
無視して、延ばしてしまわないように。
  
そして「浄蓮の滝」を歌ったあとにバックが入れ事を入れてくれてます。
これがさあ、仕掛けていいよの合図。

そこから情熱的に歌って行って【あなたと越えたい】では、一気に伴奏が静かになってます。
ここは静かに歌う。

「越えたい」のあとで、盛り上げの合図が来てます。
しかもブレイク...伴奏が一瞬ばっと無くなる。
 
これはさあ、キメて下さいの合図。
ここでしっかりタイトルを言う、とこういう流れです。
 
全部伴奏が誘導してくれてるので、おススメは、歌わずに何度かカラオケを聴いて流れと攻め所、
クールダウンを把握すること。
 
特に演歌は分かりやすいものが多いので、耳トレにいかがでしょうか(^-^)
声だけでなく、耳のアンテナも鍛えて下さいね。
 
では、引き続きしっかり除菌、予防しながら1週間無事に過ごして下さいね。
また来週♡
 
 
オンエア曲
石川さゆり / 天城越え

2月22日放送分

今日もお聴き頂きありがとうございました(^^)
2並びの日の放送でした。

まだまだ自粛期間が続いてますが、お疲れ出てないですか?
私の地元、神戸の岡本は『梅は岡本、桜は吉野、密柑紀の国、栗丹波』
と言われた梅の名所で、今美しく咲き乱れています。

春も近づいてきましたね(^^)
明るい気持ちで一緒に踏ん張りましょうね。

さて、今日はビブラートトレーニング2回目!
ビブラートってどうやって作るの?
なんで声が揺れるの? でした。

ビブラートのかけ方は、大きく分けて4つあります
1つは、口とかあごを動かすやり方。「顎ビブラート」
演歌の人が良く使ってる印象です。
瀬川瑛子、石川さゆり、長山洋子さんあたりが分かりやすいです。

2つめは、のどを振動させる「のどビブラート」。
別名『ちりめんビブラート』とも呼ばれてます。
のどにある輪状甲状筋という筋肉があるんですが、それをコントロールするやり方。これやってる人が一番多いかも。
宇多田ヒカル、倖田來未さんなど

3つ目は、横隔膜の振動をコントロールする「横隔膜ビブラート」
これが一番難しいんだけど、これは森山直太朗とかドリカムの吉田美和さんなどが使っています。
深い位置でのコントロールなので、音の深みを変えたりできます。

4つ目は、音程を上下させる方法。
振動を作ることで揺らすのではなく、音程を細かく変えることでビブラートを作る方法。

シンガーによっては、いくつかを使い分けてる人もいます。
私も全部トレーニングしましたけどよく使うのはのどビブラートと音程の上下かな。

もちろんビブラートに優劣は無くて、綺麗に波形が整っているか、音量とか音域にばらつきがないか、が重要です

トレーニング
1 あ、を揺らす方法
2. 音程の揺らしトレーニング
あいうえお の中で、【い】と【お】だけ揺らす。

ストレートとビブラートを交互にやることで、【ついのばすと無意識にビブラートがついてしまうクセ】のある人

音量の変化でやってしまうと、民謡ぽくなりがちなので、ポップス、ロック系歌いたい人は注意!

では春を待ちながら引き続き用心しながら暮らしましょうね(^^)
好きな歌でも口ずさみながら。。


オンエア曲
森山直太朗 / さくら(独唱)

2月15日放送分

今日もお付き合い、ありがとうございました!
歌う時にゲットしたいテクニックナンバー1
【ビブラート】入門編でした(^^)
 
ビブラートとは、声を揺らすテクニック、バイブレーション。
フレーズの終わりとか、のばす音に作る波です
 
ビブラートって、大きく分けて3つの種類、波形があります。

1つは、細かなビブラート。
代表的なシンガーは、宇多田ヒカル、JUJUも時々使ってます

2つ目はスタンダードビブラート。
平井堅、MISIA、SUPERFLY、久保田利伸など、1番使ってる人が多いかも。

3つ目は大きなビブラート。美空ひばり、時々中島美嘉など。
分かりやすいのは、「川の流れのように」のサビとか。

ビブラートをGetしたい人は、まずスタンダードビブラートがおススメです。
私も一番使うのは、スタンダード。
たまに細かなもの。

ビブラートを作っていくエクササイズ入門編!

1つめ。手のひらを開いて、胸の横でひらひらさせながらハ~って声を出します。

体が動くことで、声にももちろん影響が出ます。
声を揺らす感覚、まず掴んでくださいね

そして2つめ。一番やりやすい、自力での声揺らしは「うらめしや」です。
声を張らず、低い目のトーンでやることおススメ。
 
まずこの2つでビブラートっぽい、声の揺らしに慣れといてください!
 
次回はあと1歩深いトレーニングしますので絶対聴いてね。
 
さてさて。番組でも予告してましたが曲作りは進んでます。
ラブソング書きたいのに、なぜか一番最初にできたのは
【マスク】の曲。...需要あるんだろうか(笑)
 
オンエアできる日を楽しみに仕上げますのでもうちょい待ってて下さいね(^^)/
ではまた来週、この時間に!
 
オンエア曲
宇多田ヒカル / Flaver of Life

2月8日放送分

今日も聴いて頂き、ありがとうございました。
緊急事態宣言、延長されてしまいましたね...
気持ちだけは明るくいたいものです。。。
一緒にふんばりましょうね(^^)/
 
今日は、前回ご紹介しきれなかったメール紹介しました。
 
【質問】あまり大きな声が出せない部屋での、毎日のボイトレはどうしたらいいですか?
 
→ ①腹式トレーニング。
 
最近では、腹式呼吸はボイトレにいらないよ説もありますが私はやっぱり使える方がおススメ派です。
腹式呼吸って言うのは、横隔膜...おへその下の奥あたりにあるんだけど、ここで空気をコントロールする方法。
 
今回やった腹式トレーニングでは、歯擦音...
歯を摩擦させる音、を使いました。
 
やり方は、上の歯の後ろにお腹から出した空気を当てて、スッスッと出します。
この音は、自分で聞きやすいサウンドなので、いつどれくらい息吐いてるかセルフチェックしやすいです。
 
これを2回ショートブレス、1回ロングブレスでスッスッスーと、音楽に乗せてトレーニングします。
ラマーズ法のヒッヒッフーと同じリズム(^^)/

私がいつもこのトレーニングで使ってるのは、クリスティーナアギレラの「So Emotional」。
これに合わせて、まずは2分、いずれは3分もつようにして下さい。
歌う時に必要な、ブレスの瞬発力と耐久力がつきます
 
これを毎日やって、ジーンズのサイズ落とした生徒もいるので、副産物も期待できるかも♡

あとは、リップトゥリル、声をしならせる練習、音読と朗読などがおススメです。

今回は、嬉しいメールを頂いてましたよ。
この番組を聞いて、実際ボイトレ教室に入会した人がいるとのこと。
こんな時期だから、なかなか習い事は始めにくい。
でも、趣味や新しい環境がストレスを解消してくれることがたくさんある、と私は思っています。
  
しっかり予防して、無理のない環境で頑張って下さいね。
 
さて来週は、ボーカルでゲットしたいテクニックNo.1の【ビブラート】について話します。
エクササイズもするので、ぜひ聴いてね☆
 
ではまた来週まで、ご無事でいて下さいね。
 
 
オンエア曲
Christina Aguilera / So Emotional

2月1日放送分

今日もお付き合いありがとうございました(^^)/
番組に頂いた質問2つお答えしました。

まず1つ目。
番組で知ってオリーブオイル、活用してます!
ところが.起きたら喉がカサカサ。
声のプロはどうやってノドの乾燥を防いで寝てますか。

→ 部屋のデジタル湿度計はマストアイテム!
普段から45%を切らないように加湿器を使ってます。

前は乾燥気味な時は、のどぬーるスプレーを使ってから寝てたんだけど、今は味がさっぱりしてるので「イビキスト」を使って、潤いを与えてから寝てます。

*これ『私はイビキをかく告白』ではないので誤解なきよう!(笑)

加湿器は絶対必要! 
ただ、冬になると話題になる加湿器肺炎には注意!
加湿器のメンテが行き届いてなくて、カビができ、それを吸い込むことで肺炎になるという怖い病気。

毎日ちゃんと水を入れ替えて使ってね。
加湿器のおそうじには重曹か、クエン酸を使うといいですよー。

2つ目の質問。
.歌っていて表現力がなかなか出来ない。
どうやってトレーニングしましたか?

→レッスンでよくやる音程練習とか、タイミング練習、
発音の練習とか...楽譜に書かれてることは、反復練習をすればかなり出来るようになる、と思ってます。
もちろん出来上がるまでの個人差はあるけど。

逆に、楽譜に書かれていない部分。
どんなノリの曲なのか、とか声の明るさ、ハッピー感とかは自分の想像とかイメージで作っていくんだけど。

例えば、その曲のプロモーションビデオを、自分が出演して作るとして。どこで歌ってるか。

広い空の下で両手を広げて歌ってるイメージ、とか宇多田ヒカルの「Automatic」みたいに部屋の中とか「氷雨」みたいにお店のカウンターで歌ってるイメージか。 

それだけで声の延ばし方とか、声質が変わります
あとは、季節。 温度。 お天気。 
どんな風が吹いているか。 どんな香りがするか。 
海の香り、落ち葉の匂い、コーヒーの香りとか。
どんな服を着て歌ってるか、も大事。

そうやって少しずつイメージを作って行くと、それがその人だけの個性とか表現力になっていきます。

あとは普段出さない声を出す事。
海外のテレビショッピングのテンションとかアイドルの話し方をマネするとか。 
『たくさんの声を持つ』これ、大事です!

日本で住んでると、割と"無"で居る時間があったりしますよね。
無表情とか無表現、無反応とか。
だから深刻な曲とかマジメに歌う曲はテンションをキープしやすいんだけど、全力で明るく歌い切らなきゃいけないタイプの曲は、苦手な人多いです。 

途中で我に返って、失速しがち(笑)

『パプリカ』をにこやかに笑って歌い切る練習、ものすごく実力つきますよ~。おススメです。

また来週お耳にかかれるまで
どうかご自愛下さいね。


オンエア曲
Foolin / パプリカ

1月25日放送分

今日もありがとうございました!
高音を出しやすくするシリーズ第3弾。
 
しっかりとした音量のある高い声のトレーニングを3つやりました☆
 
まず1つ目。
のどぼとけ、のど骨に手の平を軽く当てます。
そしてまずは5度音程でレッスン。
その時に、ものすごく喉骨が上がってしまうようなら、のどの周りの筋肉を総動員して高音を狙ってるかも。
 
この時は、軽く下に向かって押さえてもいいので、出来るだけ中音域と同じような喉骨のポジションで出せるようにレッスンしてみて下さい(^^)
 
そして2つ目。
音程を取る時、「音の階段を意識しましょう」
なんて言います。
でも【音の階段につま先でふわっと乗る】イメージだといつまでも声が出ない。
 
【足の裏全部で乗って、ぐりぐりって階段と密着させるイメージ】
これだ!(笑)
 
声は、点で突くイメージ、じゃなくて短くても線、とか面で声を出すようにしていって下さいね
 
3つ目。
グリスダウン。  
どうしても踏ん張りが弱い人は、末広がりのイメージ。
地面に近づくほどに、広がっていくイメージで練習して下さいね。
 
今日流した絢香。
この人は1曲の中で、「しっかりした高音」と「息多めのふわっとした高音」を両方出して表現するのが特徴のシンガー。
 
マネして歌ってみると、高音のバリエ―ション増えるかも♡
 
『学ぶ』は『真似ぶ』なんて言います。
うまい人をマネしていくことで成長できること、たくさんありますよー(^-^)
 
ではまた来週まで、しっかり予防してどうかご無事で暮らして下さいね。
来週は、ボイトレQ&Aをお届けします。聴いてね!
 
 
オンエア曲
絢香 / みんな空の下

【バックナンバー】