さて、いろんなお話しをプチさんからお伺いしていますが、 実はこちらのジャーポンランドさんでは、 ステンドグラスの体験もできるそうです。

「カットしてあるガラスを使うんですけど、 色を選んで、車のミラーに吊すペンダントとかを 実際に作ってもらうんですよ。 いまやっているのは虹と鳥と気球ですね。 型紙があって、好きな色のガラスを並べていくんです。 ちょっとやってみますか?」

もちろんですとも!


早速色選びをする本上ですが、ピンクに水色、同じ色でも微妙に色調が違うものもたくさん。これは悩んじゃう人が多いでしょうね〜。

ステンドグラスづくりの体験は、 デザインは固定で色を好きに並べます。

「小学生でもけっこうやっているんですよ」 とプチさん。 そうでしょう、そうでしょう、 ガラス選びだけでこれだけワクワクするのですから!

ステンドグラスと聞くと窓に付いているイメージで こういう小さいもので自分の好みで組み合わせて オリジナルを作れるってビックリですね。

「ガラスの魅力を知ってしまうと色を決めるまでに 時間がかかるんですよね」 だそうですが、体験用のガラスは ある程度は選んであるので、ダメな組み合わせはないそうです。 ホッ、ひと安心。

ガラスはクリア系と、瀬戸物のような白っぽいものがあります。 白いものはランプ用で使われていて、色をため込んでいくんです。

本上は気球を選び、そこに色ガラスを配置していきます。

…と、本上が作品づくりに夢中になっている間に、 ポチさんが作品を一つ出してきてくれました。

「本上さんの似顔絵を作りました〜」
なんと!

実物以上にかわいい!(笑)このサプライズには本上、本気で驚いていました。

結婚式のウェルカムボードや表札のオーダーが増えていて、 中にはそこに顔を入れたい、と言う方もいるそうです。 その要望に合わせたデザインを起こしていくので、 似顔絵ステンドグラスもお手のもの。

しかしクオリティの大部分をデザインが占めているので、 注文が細かくなればなるほど悩んでしまうとか。 「ガラスの品質が130年保証されちゃったんですよ。 そうなると、下手なデザインをしたら、 130年以上恥をかいてしまう、と考えちゃうんですよね。 そこ気になるのは自分だけかもしれないですけれど(笑)」

ビックリさせるステンドグラスを作っていたプチさん、 京丹波町へ来て小さいものも作るようになり、 「ちょっと民芸みたいになってきました」

実際に体験してみて、ステンドグラスは自然と共にある気がしました。太陽に透かしてみて、そのときの自分の感情とか、喜び、うれしさ、いろんなものを見せてくれる。そんな気がします。

次週も引き続き、京丹波町に「JAHPON LAND」を構える土屋さんに話を伺います。土屋さんが思い描いているこれからの自分、そして京丹波町とは…。お楽しみに!

<ミニコラム> 今週の風景



プチさんが作ってくれていた本上そっくりのペンダント。 なんと顔のあたりは、教会でキリストの顔を描くときと同じ 「焼き入れ」という技法で作っているんですって!

ステンドグラスアーティスト・PUCCI(土屋隆亮)さん。

ステンドグラス工房「JAHPON LAND」(日本語でステンドグラスの楽園という意味)を主催。作品を創作する傍ら、店舗・住宅のドアや窓に取り付けるステンドグラス、看板やウェイティングボードなどのオーダーメイドステンドグラスも手がける。また子供でも参加できるステンドグラス体験教室も開催。


■今回の訪問地

京都市右京区の最北に位置する京北地域。その中心部・周山町は、上桂川の支流である弓削川が流れ、120年あまり続く酒蔵があるなど、静かな街並みが広がっています。近くには周山城跡もあり、歴史と文化が息づく町です。

京都トピックス
森の京都博テイクオフイベント『森の京都 春の祭典 〜ごちそう・あそび・くらし〜』
この番組で1年間取り上げてきた森の京都のテイクオフイベントとして 「森の京都 春の祭典 ごちそう・あそび・くらし」が開催されます。

メイン会場の京都府立丹波自然運公園では、ライブイベント、 森の京都特産グルメを楽しめる「森のごちそうゾーン」や ホテルグランヴィアによる3月20日のイベント限定「森の京都パエリア」で おなかいっぱい森の京都を味わうことができます。 さらに、「森」を体験できるツリークライミングなどもあります

サブ会場、道の駅 京丹波 味夢の里では、 この番組にまつわる展示も開催されます。
春分の日は、是非「森の京都」を体感しにいってみてください。 詳しくは「森の京都 テイクオフイベント」で検索してください。
【開催日時】
3月20日(祝・月)10:00〜16:00
【開催場所】
京都府立丹波自然運動公園・味夢の里

【バックナンバー】
#052 骨を埋めるつもりで来た京丹波町に感じること
#051 ガラス選びに夢中になる♪ステンドグラスづくり体験
#050 建築の中はさらに・・・パラダイス!?
#049 リアルなおとぎの国?きのこ形の建物へ

【3月のプレゼント】

今月は、「野村佃煮 佃煮6種詰め合わせ」を3人の方にプレゼント。

厳選された素材を、伝統製法で仕上げる野村佃煮。 ちりめん山椒をはじめ、しそ昆布、切りいかなど、6種の味が楽しめる 詰め合わせです。
締め切りは、3月26日です。

【応募先】
●おハガキの方は、
 〒530-8304
 MBSラジオ「本上まなみ もうひとつの京都」の係まで。
●メールアドレスは、manami@mbs1179.com
●FAX番号は、06-6809-9090



【YOU TUBE】