さて、移住のお話しを伺っているところで、岡村さんから
「すいません、ぜひ紹介したい人がいるんですよ〜。今一緒にお手伝いしてもらっているゆかちゃんです!」と、もう一人の女性を紹介してもらいました。


笑顔がチャーミングな愛原さん




愛原由佳子さんといって、大阪のご出身だそうです。そこからこちらには、何かきっかけがあって来られたのでしょうか?

「結婚して主人が仕事で一緒に来たって感じですね。」
実はお店をオープンしたあと、求人を出して愛原さんが来てくれたそう。通勤は近いのかな?と思いましたが、「だいたい45分くらいです」とさらり。それだけ通勤時間をかけてもここには来たいと思わせる魅力があるんでしょうね〜。どんないいところがあったんですか?

「大阪とは違って本当に田舎なんですけど、来た瞬間すごくワクワクしたし、岡村さんも言った通りご近所さんがすごく優しくて、ここで働きたいなって思いました」

大阪にいた頃、カフェで働いていたことがある愛原さん。この「月星」の魅力を「安心できるんですよね。多分皆さん思っていると思うんですけど、ホッとするというか」と言います。

「建物もそうですし、初めて見る生き物だったり、綾部しかいない、カエルだったり。トカゲとかトンボもとにかく大きくて、ここはちょっと違うんだなって思いましたね〜」

自然豊かな場所で空気も良くって、大きく育っちゃったのかもしれませんね〜。そんな場所で、平日は岡村さん、週末や祝日は愛原さんも入って、お店は運営されているそうです。

とても息の合ったお二人。毎日がとても楽しそうですね〜




そういえば沖縄の料理を提供されているということで、そちらも詳しく聞かなくては! メニューを見せていただいたのですが、まず写真がステキ♪ 実はこれ、岡村さんが沖縄に住んでいた頃にキレイだったのを撮ったものだそう。

ちなみにメニューには、信州のりんごジュースやビネガーなどもあります。

「沖縄をイメージしたり長野をイメージしたり、ここの名前が月星なのでお月様と相性のいいハーブを選んでミックスブレンドにしたりしているんです」

山間の古民家で、ステキな沖縄の風景が見られるとは!




スイーツもありますし、ランチもあるんですね。お塩もアイスもある! お塩は沖縄のハイビスカスのお塩、それにジーマミー豆腐がパフェやぜんざいになったりしていますよ! プリンも気になりますね〜

「中上林で蓮ヶ峯農場さんという平飼い卵の生産者がいらっしゃって、そこはニワトリが綾部のお米を食べているので、黄身が薄い黄色なんですよ。そこの卵を使ってプリンを作っています」

メニューもすごいこだわりがありますけれども、何か食べたいな…


来週も引き続き、綾部市で「カフェ月星」を営む岡村美奈江さんにお話しを聞きます。本上はどんな料理をいただけたのでしょう? 楽しみに!



<ミニコラム> 今週の風景



岡村さんと愛原さん、綾部市に移住されて、とっても楽しそう。ふとカメラを向けた瞬間のこの笑顔で、そう確信しました。

岡村美奈江さん

長野県出身で、親戚が綾部市に移住したことをきっかけに、自身も2014年に移住。念願だった沖縄料理カフェオープンの準備にかかり、2015年カフェ「月星」をオープン。

■カフェ月星(ブログ)
https://ameblo.jp/tsukiboshi888/


■今回の訪問地

京都府北部に位置する綾部市は、古代から機織部(はたおりべ)が暮らしていたこともあり、繊維業が盛ん。肌着などで知られるグンゼ創業の地でもある。機械産業も盛んだが、周辺は豊かな自然に囲まれ、のどかな里山風景が広がっている。

京都トピックス
京都府農林水産フェスティバル2017
生産者が直接、京都の名産を販売する「京都府農林水産フェスティバル」が 次の土日の11月25、26日に京都パルスプラザで開催されます。

農林水産物の販売・飲食コーナーのほか、京野菜を使った料理教室など、農林水産業を身近に感じられるコーナーが盛りだくさんです。 是非、ご家族揃ってお越し下さい。
なお、両日とも12時までにバスで来場されたお客様には、豪華賞品が当たるビンゴ大会の抽選券を配布致します。
是非、公共交通機関をご利用ください。

詳しくは、「京都府農林水産フェスティバル」で検索してみてください。


【バックナンバー】
#084 里山にある古民家カフェで沖縄に出合う?
#085 えいやっと移住したらご近所さんが温かかった
#086 移住女子のタッグで二人三脚カフェ運営
#087 暮らして気づいた変らない、という素晴らしさ。

【11月のプレゼント】

今月のプレゼントのお知らせです。
この時期が旬の京都の名産と言えば、黒豆です。

さて今月は、京都丹波 黒豆せんべい14枚入りを どどんと10名の方にプレゼントします。
香ばしい黒豆と、ほんのり甘いおせんべいの風味が相性バッチリです。

【応募先】
●おハガキの方は、
 〒530-8304
 MBSラジオ「本上まなみ もうひとつの京都」の係まで。
●メールアドレスは、manami@mbs1179.com
●FAX番号は、06-6809-9090


※締め切りは11月26日(日)までとなっています。是非ご応募ください!

【YOU TUBE】