放送後記

今回は、私がお休みということで、DEPAPEPEの三浦くんと風味堂の渡さんがピンチヒッターを努めてくださいました。
お二人はもちろん、スタッフの皆さん、そしてリスナーの皆さまにはご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。

この日を迎えるにあたって、代役のお二人とやり取りさせて頂いていたのですがとても優しいお言葉と、緊張が伝わってくる言葉をたくさん頂きました。
なので、とても安心して番組をお任せすることが出来ました。

オンエアーを聴いて、いきなりお二人のセッション❗
素敵でしたね〜。うーん、混ざりたかった。(笑)

そして三浦くんのコーナー、パニックスパイスな音では、「レッド・ツェッペリン」をご紹介して下さいました。
ここもサラッとしか通ってきてないから、めっちゃ勉強になったな〜。
三浦くんのギタリストとしての、渡さんのアレンジャーとしての視点の違いなど僕とは違う観点からのコメントもとても参考になりました。
きっと、このコーナーも三人でやっても面白いですね。

では、また来週もお楽しみに。


NAOTO

三浦拓也(DEPAPEPE)•渡和久(風味堂)

ハイ、ドーモ!!
番組時々ゲストレギュラーの「パニックスパ〜イス!!」DEPAPEPE三浦です!!
 
今回、放送を聴かれた皆様をびっくりさせてしまったかもしれません。
今週NAOTOさんがお休みのため、なんと三浦が代打パーソナリティーを務めさせていただきました!!
 
いきなり代打パーソナリティーともなると、それはもう放送中はドキドキしっぱなしです。
ゲストレギュラーの時とは大違いですね。
冒頭の「NAOTOな音〜!!」コールから、めちゃくちゃ練習しましたよ(笑)
NAOTOさんは毎週これを味わっているんだなと改めて感じました。
 
そんな僕に心強い味方!!
風味堂の渡さんが助けに来てくれましたー!!
渡さんのあの落ち着いたトーンで放たれる、面白いツッコミのおかげで、安心して番組進行できました。渡さん、ありがとうございますー!!
 
そして渡さんが居るということは、もちろん一緒に演奏!!
今回は「Rainy Day」を渡さんに寄り添ってギターを弾かせていただきました。
もう、弾きながらウットリしちゃいましたね。
気持ちよかったです!
 
「パニックスパイスな音」コーナーも久しぶりに登場!!
今週紹介したレッドツェッペリンは、本当にハードロック少年だった自分からすると青春ですね。
また次の機会もぜひやりたいー!!
浸透させましょうね、パニックスパイスー!!
 
さて、初の代打パーソナリティーでしたが、皆様のおかげで楽しく、無事NAOTOさんの留守を守れたかなと思います!
 
来週も楽しみにしていてくださいねー!
バイバイ!
 
 
パニックスパイス 三浦拓也

→Pia-no-jaC←

今回は、同窓会とあだ名のメールからスタートしましたね。
実は、最近高校の同窓会のお誘いがきました。
数年前、高校卒業以来初めて同窓会があったのですが、それからまた、数年経ってしまいました。
同窓会がなかった理由としては、音楽高校ならではの特殊事情がいくつかあります。
 
①留学しっぱなしの海外組が多い
②弦管楽器は、団体競技なので卒業してからもそこそこ会っている。
 
理由は、だいたいこんな感じなんですが、数年前たまたま海外組数人が同時期に帰国するとのことで、集まることになったようです。
今回も、数年ぶりに開催されるのは海外組のスケジュールによるものだそうです。
たった1学年1クラス38人の小さな集まりですが、とても楽しみです。
また、その模様も番組で話しますね。
 
さて、今回の「NAOTOのどんな音」では「→Pia-no-jaC←.」さんをご紹介させて頂きました。
ピアノ担当のHAYATOさん、カホン担当のHIROさんの二人組インストゥルメンタルバンドですが、本当にダンサブルでかっこいいよね〜。
今までのこのコーナーで取り上げたアーティストは、僕がデビュー前に聴いていた方々が多いので、僕の思い込みなども多く含まれるのですが、お仕事させていただいてから聞かせて頂くようになったアーティストを、ご紹介するときって、音楽家という職業柄なんか分析してしまいがちで、説明が多くなっちゃったかな〜。
僕としては、間違ったこと言っちゃあいけないと思ってるだけなのですよ。
そうそう、番組内で単語が出てこなかったことを思い出しました。
お二人がやっている「美しく青きドナウ」の基本グルーブは、セカンドステップっていうジャンルです❗
あっ、そんなんどうでもよかった?(笑)
 
では、また来週もお楽しみに。
 
 
NAOTO

放送後記

5月になって、一気に暖かくなりましたね。
ついに半袖が、登場してきました。
今回は、頂いたメールからバイトのお話を。
ピザ屋さん楽しかったなぁ。
ありがたいことに、この30年バイオリンを弾いて生活させて頂けているので転職の経験がないけど、スタジオミュージシャンからアーティストに変わったり、演奏者だけでなく作編曲家をやらせてもらうようになったりと環境の変化はあったと思うので、職場の変化ってこんな気分なのかなぁって思いました。

リクエスト私の好きな音では、NOKKOさんの「人魚」を弾かせて頂きました。
先日、コンサートに行かせていただいた時にも聴いた曲。
一人で演奏して成立させるのは、なかなか難しい曲でしたが、メロディーのパワーが半端ないので、少しは良さを出せたかな?
いつか、NOKKOさんと一緒に演奏したい1曲です。
このコーナー、僕も凄い大好きなコーナーです。
もっともっとリクエストお待ちしていますね。☺

では、また来週もお楽しみに。

NAOTO

放送後記

今回は、関ジャニ∞さんがやっていらっしゃる、テレビ朝日の番組関ジャム完全燃SHOWに出演したお話から。
実はTV収録後、同じ高槻市出身、村上信五さんが話しかけてくださったんですよ。
「NAOTOさん、高槻なんですって〜。」って。
いやぁ、あのスタジオの中でめっちゃ地元ローカルトークで盛り上がりましたしホント素敵な方でした。
 
そして、頂いたメールでポイントのお話になりましたが、この話をした数日後たまたま、近所のお寿司屋さんで違う常連さんに同じ説明をしていました。
いやぁ、1回喋ったばっかりやからめっちゃスラスラ喋れたなぁ〜。
本当に、頂いたお便りに感謝。(笑)
 
リクエスト私の好きな音では、Superflyさんの「愛をこめて花束を」を弾かせて頂きました。
ホントいい曲だ〜。元々のKeyのまま演奏させていただきましたが、最後の転調で、keyがGからAに変わるんですが、普通ラストサビの転調は半音だけ上がるパターンが多いので、GからスタートするとAbに変わります。
しかし、この曲はバイオリンの開放弦が使え、響きやすいkeyであるGからAへ全音転調します。
バイオリンのための曲かと思えるくらい、盛り上がりを表現できました。
 
では、また来週もお楽しみに。
 
 
NAOTO

粟子真行(ココロオークション)

今回は、頂いたメールから事務所とマネージャーさんのお話からスタートしました。
仕事柄、色んなマネージャーさんにお会いしますが、タレントさんやアーティストさんとはまた違った、面白い方々が多いですね。
うちのマネージャーさんたちも、入社当時よりちょっぴり大きくなりましたがそのおかげか、色んな現場で覚えてもらえることも増えましたし、会話の取っ掛かりとして、
「○○さん、久しぶりですけど、ちょっと大きくなりました?」
って言ってもらえると、そのあと話しやすくなるんですよね〜。
ホント、助かっております。(笑)

さて、ゲストにはココロオークションのVocal&Guitarの粟子真行さんが来てくださいました。
2回目の登場ということで、とてもフレンドリーに接した下さってとても話しやすかったなぁ。
前回出ていただいたあと、メンバーの皆さんの中で、この番組と僕の話をしてくださってたんですって。嬉しいね〜。
セッションも、アルバムの押し曲「砂時計」をお送りしました。
爽やかな歌声と、歯切れのいいギターのストロークの上に、バイオリンが乗っかって、僕はとても気持ちよく演奏できましたが、皆さん、いかがだったでしょうか?

では、また次回もお楽しみに。


NAOTO

放送後記

今回も、DEPAPEPEの三浦くんとお送りしました。
しょっぱなの「パニックスパイス〜❗」のエコーも、完璧でした。
 
オープニングトークはエイプリルフールのお話でしたが、会話の中でほとんど嘘ついてたのは、三浦くんでなく僕の方でしたね。(笑)
 
今回の「リクエスト私の好きな音」は、森山直太朗さんの「さくら」を二人でお届けしました。
最近一人で曲をスタートして、あとから伴奏が入るタイプのアレンジ好きなのかも。(笑)
メロディに力がある曲って、どんなことしても成立するんだよね。
またまた名曲から、学ばせて頂きました。
 
そして、カレー情報局のコーナーについに来てしまいました。
西中島南方の名店「旬香唐」さん。
みんなゴメンね。実は半年黙ってたの。(笑)
基本、夜営業の居酒屋「春夏冬」さん。
カレー好きなオーナーさんがお一人で週4日だけ、お昼にカレーを出していらっしゃってます。
すでに、オーナーさんととても仲良くて、いつもスパイスの話などでめっちゃ盛り上がっています。
今日のオンエアー聞くって言ってくれてました。
よかったら週4日、22~25食限定の和出汁あふれたスパイスとの融合を、楽しんで下さいね。
 
では、また次回もお楽しみに。
 
NAOTO

若旦那(湘南乃風)

今回は、久しぶりに番組時々レギュラー、DEPAPEPEの三浦くんも番組に参加して下さいました。
いいですね〜、「パニックスパイス〜❗」のユニゾン。(笑)
おかげで4月らしい、楽しいスタートが切れました。
いやぁ、女子高校生さんからのメールにおっちゃん二人が、たどたどしながら答えているのが面白かったなぁ。

ゲストには、湘南乃風の若旦那さんが遊びに来てくださいました。
デビュー15年周年の色んな深みが、オーラだけでなく、新曲の歌詞にもふんだんに出ていて、NAOTOな音がしっとり重みのあるトークタイムでしたね。
でも、まさか若旦那さんから20世紀最高のヴァイオリニストと言われるハイフェッツさんの話が出てくるとは思いませんでした。
ジャンルは違えども、一流は一流を知るってことなのかな。
僕も、いろんな事にアンテナを張って行こうと思いましたし、自分が小さいときから尊敬するヴァイオリニストは、やっぱりどんな人にも感銘を与える人だったんだと、嬉しくもなりました。
そんな人を目指して、バイオリン弾いていこうっと。

そして、カレー情報局のコーナーでは、我が地元高槻にあるインド流スパイス工房哲学カレーさんをご紹介。
これは、行かなあかんお店です。
画だけで美味しいってわかるお店です。
まだオープンして5ヶ月。今年絶対行くぞ〜❗

そして、ラジオウォークで公開収録する予定でした
押尾コータローさんとの番組「押しても弾いてもな音」は
4/9(月)19〜20時からMBSラジオでスタジオからお送りしますので、
是非聞いて下さいね。
 
では、また次回もお楽しみに。
 
NAOTO

Rei

今回は、世良公則さんと渡辺美里さんのお話から。
ここ最近、スーパースターの方たちとご一緒する機会があり、やはり人間力の強さ、凄さを目の当たりにしているのですが、きっと数年、数10年後、この番組にゲストで来てくれた皆さんも
レジェンドへ進化している方々も、たくさんいらっしゃるんだろうな〜
と、思っている今日このごろです。
 
さてゲストには、シンガーソングライターのReiさんが来てくださいました。
まだ若干25歳とは思えない、歌声とギターテクニック。
トークでは、まだシャイなところも多々あって、とても可愛さ溢れる女の子って感じだったのですが、セッションになると一気にイニシアティブを取ってくれて僕をグイグイ引っ張ってくれました。
2人きりで、あのグルーブ感だったから、きっとバンドとかで一緒に演奏したらもっと楽しいんだろうなぁ。
 
そして、カレー情報局のコーナーにたくさんの情報ありがとうございます。
今回は、定食堂金剛石さんをご紹介。
週替りで、スリランカ系とインド系のカレーが提供され、その他にも、カレーだけでなく普通の和定食もありそうです。
これで、色んな方と一緒に来店できますね。
 
では、また次回もお楽しみに。
 
NAOTO

寺坂頼我•野々田奏•髙崎寿希也(祭nine.)

今回は、花粉症のお話から。
実はこの放送のしばらく後、皮膚科へ久しぶりに行きました。
今までスギ花粉だけに反応していた僕の身体。
昔調べたときはそうだったのですが、最近それだけではないような気がなんとなくするので、血液検査を受診してきました。
結果は、まだ出ていないのですが、人の身体って数年で色々変化するらしいのでこまめにアレルギー検査したほうがいいかもしれませんね。

ゲストには、今をときめくエンターテインメント集団、祭nine.から寺坂頼我さん、野々田奏さん、髙崎寿希也さんの3人が来てくださいました。
間違いなく、番組史上ハイテンションな登場シーンでしたね。
この番組の放送日に出したシングルが、なんとオリコンNo.1❗
これでNAOTOな音に出たら、縁起がいいって思ってもらえたかな?
この流れにあやかって、祭nine.さんの新番組MBSラジオ「めっちゃ!祭nine.」にゲストに呼んでもらいたいな。(笑)

カレー情報局のコーナーに情報ありがとうございます。
今回は、カチャロンカさんをご紹介。
長堀橋の有名店「ボタ」さんの姉妹店なんですね。
全然、知りませんでした。
これは、期待大ですね。

では、また次回もお楽しみに。

NAOTO