radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週日曜日 朝 5:40〜6:00

上野誠(奈良大学文学部教授)
松本麻衣子(MBSアナウンサー)
★松本麻衣子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。番組でご紹介させていただいた方には、上野先生の著書「大和三山の古代」をプレゼントします。
〒530-8304 毎日放送ラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【巻】11・2368…たらちねの母が手放れ
【巻】11・2540…振分の髪を短み
【巻】19・4292…うらうらに照れる春日に雲雀あがり
【巻】14・3399…信濃路は今の墾道
【巻】11・2472…見渡しの三室の山の巌菅(いわほすげ)
【巻】4・717…つれも無くあるらむ人を
【巻】10・1851…青柳の糸のくはしさ
【巻】10・1880…春日野の浅茅が上に
【巻】10・1844…冬過ぎて春来るらし
【巻】5・822…わが園に梅の花散る
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【巻】10・1844…冬過ぎて春来るらし
2011年3月13日

【巻】…10・1844

【歌】…冬過ぎて春来るらし 朝日さす春日の山に 霞たなびく

【訳】…冬が過ぎて春がやって来たらしい。その理由はね、朝日さす春日の山に霞がたなびいているからね

【解】…これは、かの有名な歌、「春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山」(巻1・28番)の作りを真似たものと思われます。「来るらし」の「らし」は、根拠のある推定を表すときに使われるもので、この歌の場合、冬が過ぎて春が来たと感じた理由が後半に示されています。
その理由とは、平城京の東にある春日地域に霞がかかったというもの。確かに、霞は春の到来を知らせる現象の一つですが、都の西地域も、都の中にも霞はかかるでしょうに、なぜ作者は、春日地域に霞がかかることを春到来の根拠として挙げたのか・・。上野誠さんによると、古代の人々は、太陽が昇る東の方が季節の到来が早いと思っていたようです。ですから、東の地域にある春日が、季節の到来を早く知るバロメーターとなっていたのかもしれません。