radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週日曜日 朝 5:40〜6:00

上野誠(奈良大学文学部教授)
松本麻衣子(MBSアナウンサー)
★松本麻衣子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。番組でご紹介させていただいた方には、上野先生の著書「大和三山の古代」をプレゼントします。
〒530-8304 毎日放送ラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【巻】11・2368…たらちねの母が手放れ
【巻】11・2540…振分の髪を短み
【巻】19・4292…うらうらに照れる春日に雲雀あがり
【巻】14・3399…信濃路は今の墾道
【巻】11・2472…見渡しの三室の山の巌菅(いわほすげ)
【巻】4・717…つれも無くあるらむ人を
【巻】10・1851…青柳の糸のくはしさ
【巻】10・1880…春日野の浅茅が上に
【巻】10・1844…冬過ぎて春来るらし
【巻】5・822…わが園に梅の花散る
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【巻】10・1880…春日野の浅茅が上に
2011年3月20日

【巻】…10・1880

【歌】…春日野の浅茅が上に 思ふどち遊ぶこの日は 忘れえめやも

【訳】…春日野の浅茅の上に仲間たちと遊ぶ今日の日のことは忘れられようか、忘れるはずもない

【解】…春は、万葉時代の人々もピクニックをしていました。当時はそれを「野遊び」と呼んでいたようで、今回はその野遊びについて歌ったものです。
平城京の東の地域にある春日野に、背の低いチガヤが、芝生のように沢山生えている場所があって、作者はそこで野遊びをしました。ピクニックといえば、野外でお酒や食事をとるのが楽しいことのひとつですが、作者は、「思ふどち」、つまり気心知れた仲間が一緒であることが大変嬉しいようで、この日のことを、ずっと忘れられないものになるだろうと綴っています。
確かに、誰と時間を共にするかによって、思い出が心に刻まれる度合いは、大きく左右されますね。