radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週日曜日 朝 5:40〜6:00

上野誠(奈良大学文学部教授)
松本麻衣子(MBSアナウンサー)
★松本麻衣子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。番組でご紹介させていただいた方には、上野先生の著書「大和三山の古代」をプレゼントします。
〒530-8304 毎日放送ラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【巻】11・2368…たらちねの母が手放れ
【巻】11・2540…振分の髪を短み
【巻】19・4292…うらうらに照れる春日に雲雀あがり
【巻】14・3399…信濃路は今の墾道
【巻】11・2472…見渡しの三室の山の巌菅(いわほすげ)
【巻】4・717…つれも無くあるらむ人を
【巻】10・1851…青柳の糸のくはしさ
【巻】10・1880…春日野の浅茅が上に
【巻】10・1844…冬過ぎて春来るらし
【巻】5・822…わが園に梅の花散る
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【巻】11・2540…振分の髪を短み
2011年5月 1日

【巻】…11・2540

【歌】…振分の髪を短み 春草を髪にたくらむ 妹をしぞ思ふ

【訳】…振分けの髪が短いので春草を結い上げて髪をまとめたあの子のことが思われる

【解】…古代の人々は、こんなオシャレをしていたのかと想像させる歌。
髪を左右に振り分けた「あの子」(女性)は、髪が短いのでアップにすることができず、髪の中に春草を編み込んで結い上げました。当時は、年齢によって髪型が大体決まっていて、小さな子どもの時はおかっぱ、大きくなるにつれて少しずつ髪を伸ばし、ある程度の長さになったら結い上げて大人になります。「あの子」は、結い上げるほど髪は長くないので、きっと大人になる手前の若い女性。
彼女は、画一的な慣習の中で少しでもオシャレをと、春草を編みこむ工夫をこらしたのでしょう。また、髪を結い上げることで、大人っぽく見せようとしたのかもしれません。
いずれにせよ、そんな恋人の姿を作者は愛おしく思い浮かべながら歌を作ったと思われます。