radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週日曜日 朝 5:40〜6:00

上野誠(奈良大学文学部教授)
松本麻衣子(MBSアナウンサー)
★松本麻衣子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。番組でご紹介させていただいた方には、上野先生の著書「大和三山の古代」をプレゼントします。
〒530-8304 毎日放送ラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【巻】11・2368…たらちねの母が手放れ
【巻】11・2540…振分の髪を短み
【巻】19・4292…うらうらに照れる春日に雲雀あがり
【巻】14・3399…信濃路は今の墾道
【巻】11・2472…見渡しの三室の山の巌菅(いわほすげ)
【巻】4・717…つれも無くあるらむ人を
【巻】10・1851…青柳の糸のくはしさ
【巻】10・1880…春日野の浅茅が上に
【巻】10・1844…冬過ぎて春来るらし
【巻】5・822…わが園に梅の花散る
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【巻】11・2368…たらちねの母が手放れ
2011年5月 8日

【巻】…11・2368

【歌】…たらちねの母が手放れ かくばかりすべなき事は いまだ為なくに

【訳】…たらちねの母の手を放れて、こんなにもどうしようもないことは、まだ一度も経験していないのよ

【解】…「たらちね」は、豊満な乳房を持つという意味で、母にかかる枕詞です。
万葉集には、母親が出てくる歌が少なくないのですが、その殆どが厳しい存在として描かれています。それはなぜか・・。古代の婚姻は妻問婚、つまり夫が妻の家に通う形態なので、夫はほとんど家におらず、妻が教育やしつけを一手に担っていました。それゆえ、必然的に厳しい存在となっていったのです。
この歌の母親もきっと、しつけ等に厳しい人だったのでしょう。その母から自立への道を歩みだした象徴として、一度も経験したことのない、どうしようもないことに遭遇した!と、作者はやや声高に綴っています。どういう経験だったのかは書かれていませんが、もしかしたら、母親に知られれば怒られるような事なのかもしれません。そうやって母に対して秘密を持つことが、不安ながらも、自立への淡い喜びを呼び起こしたものと思われます。