MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
ヤナギブソンが“ギブソン”の経営破綻に言及?

20180503-2.jpg
大阪のMBSラジオ「上泉雄一のええなぁ!」(月〜金 15:30〜)出演者のヤナギブソン(ザ・プラン9)が、番組内で「アメリカの老舗ギターメーカー“ギブソン”の経営破綻」について心境を語った。

ヤナギブソンは番組内で、2日に報じられた「ギターメーカー“ギブソン”の経営破綻」のニュースについて、「今日の朝からTwitter上で『ヤナギブソンは大丈夫なのか?』と、なぜか自分を心配する声や、『ヤナギブソンは、この件に関してまだコメントしていない。』など、何かしらのコメントを求める声があったので、一応「僕は大丈夫です。」とtweetしておきました。」と、「ヤナギブソン」という芸名がゆえに起こった出来事を明かした。

アメリカのギターメーカー“ギブソン”は100年以上の歴史を持ち、そのギターはジミー・ペイジやエリック・クラプトンなど世界的なミュージシャンに愛されていた。
一方、ロック音楽を愛するヤナギブソンの芸名も“ギブソン”から考えたのでは? という説があり、そのことを共演者の上泉アナが聞くと、「確かに昔から洋楽は好きで、ギターのギブソンの存在は知ってたけど、それが由来じゃない。」と否定。

最後に「“ヤナギブソン”は本名の柳谷(やなぎたに)を、俳優のメルギブソンっぽい名前に変えただけ。」と意外な理由を告白した。


↓詳しくはradikoのタイムフリー機能でお聞き下さい↓
http://radiko.jp/share/?sid=MBS&t=20180502153000(放送後1週間聴取可能・radiko.jpのサービス エリア内無料 radiko.jpプレミアム会員はエリア外聴取可)

トピックス記事一覧