第581回 建築家 安藤忠雄さん(2) 2018年1月13日 2019/01/13

先週に引き続きゲストは、番組の準レギュラーである世界的建築家の安藤忠雄さんです。

【教育について】
親子の関係というのを改善しないといけないと思います。親が過保護すぎるような気がし
ます。子どもが中心になりすぎていますし、親の権威が薄れかけています。
学力よりも実力を身につけることをしないといけません。
大学に行っても、さらに卒業しても自立しない若者が多いです。全部自分でやるようにし
ないといけません。横並びを気にし過ぎての教育がよくありません、もっと個性を伸ばし
ていって欲しいです。一本の道しか歩めない、横に反れることができない教育はダメです。

番組へのご意見・ご感想をお待ちしております。
宛先は・・・
<ハガキの方> 〒530-8304 MBSラジオ 「 三枝輝行の商い勘所 」
<メールの方> sae@mbs1179.com


第580回 建築家 安藤忠雄さん 2018年1月6日 2019/01/06

0106.jpg
2019年一回目のゲストは、番組の準レギュラーである世界的建築家の安藤忠雄さんです。

【日本とフランスで作品展】
日仏友好160年を記念して、建築の展覧会をやりました。日本は経済力だけではなく、文化の力を磨くことをしないといけないと感じました。自分たちで足を運んで、自分たちで楽しさを得る、それは海外の人の方が得意なんだと思います。日本人は楽しみはお金で買えるとどこかで思っている。フランスの展覧会をやっているときにアルマーニがやってきて、イタリアにこの展覧会を持っていきたいと言われました。そういうのがあるのも海外ならではだと思いました。日本人はどこか芸術をお金で換算する傾向があります。

【日本人の生活】
芸術文化に挑戦している人を支援しているのはフランスです。日本はそういうサポートはあまりありません。イタリアの場合は、国が潰れていても楽しそうに生活していますが日本人は楽しそうに働いていません。その違いは生活の中に、自分があるかどうかだと思います。生きてて良かった、楽しいともっと感じて生きていかないといけません。もっと文化や生活を楽しんで欲しいです!それはすぐにはできませんから、若いうちからそういう思考を持っていることが大切です。

番組へのご意見・ご感想をお待ちしております。
宛先は・・・
<ハガキの方> 〒530-8304 MBSラジオ 「 三枝輝行の商い勘所 」
<メールの方> sae@mbs1179.com


第579回 番組パーソナリティー 三枝輝行 2018年12月30日 2018/12/30

今年最後の商い勘所は「平成」を振り返りたいと思います。

【「平成」時代を振り返る】
平成が始まった年はバブル経済の末期頃だったように思います。この時代、消費税が始まりました。世界的にはベルリンの壁が崩壊しました。バブルの崩壊とともに百貨店の売り上げが激減しました。

関西の出来事でいうと、平成7年の阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件は忘れられない出来事です。私が社長に就任したのもこの年でした。国際的にみると平成13年アメリカで起きた同時多発テロや、平成15年のイラク戦争も忘れてはいけない出来事です。

国内に話題を戻すと、平成17年に起きたJR宝塚線の脱線事故は鉄道の安全性を考える大きな転機となった出来事でした。個人的には平成19年の村上ファンドの問題で阪急・阪神が合併し、私が会社を辞めたこと、そしてこのラジオが始まったことは非常に大きいことでした。

平成20年のリーマンショックで、世界的な不況がやってきました。平成23年の東日本大震災は今なお大きな問題を投げかけています。平成時代の中では他にも熊本や北海道でも地震があったり、豪雨被害など、災害が非常に多かったように思います。

番組へのご意見・ご感想をお待ちしております。
宛先は・・・
<ハガキの方> 〒530-8304 MBSラジオ 「 三枝輝行の商い勘所 」
<メールの方> sae@mbs1179.com


第578回 ファッションデザイナー・コシノジュンコさん(4)2018年12月23日 2018/12/23

ゲストは、一ヵ月に渡り世界的なファッションデザイナーのコシノジュンコさんです。

【おかあちゃんについて】
おかあちゃん(小篠綾子)は三枝さんと一緒の兵庫の加西市出身でした。NHKの連続テレビ小説で取り上げられましたが、そのずっと前から取り上げられたかったみたいで、NHKの集金にくるお兄さんにまで出たいと言っていました。

裁縫に関しては、お母さんは図らなくてもサイズが分かる人で、まさにプロフェッショナルでした。おかあちゃんがファッションショーをした時に、私がデザインした服が出てきたので注意したら「なんでアカンの?あんたを生んだのは私やで」と言われてしまいました。

私生活ではよく食べるし、よく飲むし、色んなことに好奇心をもって取り組んでいました。
88歳のパーティーの時は、帝国ホテルの厨房に自ら入って料理をしました。おかあちゃんが作る卵焼きは一級品でした。その時に、3姉妹で仕事をやめてゆっくりしたらと提案したら、めちゃくちゃ怒りました。怖かったです。


番組へのご意見・ご感想をお待ちしております。
宛先は・・・
<ハガキの方> 〒530-8304 MBSラジオ 「 三枝輝行の商い勘所 」
<メールの方> sae@mbs1179.com


第577回 ファッションデザイナー・コシノジュンコさん(3)2018年12月16日 2018/12/16

ゲストは、三週に渡り世界的なファッションデザイナーのコシノジュンコさんです。

【パリコレの反響】
シアターでパリコレを開きました。演劇が好きだったので、ユニークなショーに演出しました。そこから22年やりました。1年に2回やりますが、緊張感はなんとも言いようがありません。

【キューバでショーを開催】
1996年にキューバでショーをしました。怖いイメージがあったかと思いますが、パリの人からは人間が素敵で、音楽とダンスがあって最高だと教えてもらいました。外でショーをやったんですが、台風シーズンで開催できるかどうか戦々恐々としていましたが、自分史上最高のショーができました。これまで3回ショーを開催しました。

【ファッションを越えて】
ただ単に服をデザインしたり、ファッションショーを開催したことをきっかけに、他国の文化や人間との交流、経済・産業への発展など、大きなものに関わるようになってしまいました。アジア、アメリカ、ヨーロッパ、色んな国・地域との接点ができました。

番組へのご意見・ご感想をお待ちしております。
宛先は・・・
<ハガキの方> 〒530-8304 MBSラジオ 「 三枝輝行の商い勘所 」
<メールの方> sae@mbs1179.com


三枝輝行の商い勘所

Copyright © Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.