MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi_p@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2019年3月16日 放送分】
【2019年3月9日 放送分】
【2019年3月2日 放送分】
【2019年2月23日 放送分】
【2019年2月16日 放送分】
【2019年2月9日 放送分】
【2019年2月2日 放送分】
【2019年1月26日 放送分】
【2019年1月19日 放送分】
【2019年1月12日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2018年12月1日 放送分】
2018年12月1日
【巻】15・3676

【歌】…天(あま)飛(と)ぶや雁を使(つかひ)に得てしかも
    奈良の都に言告げ(ことつげ)遺(や)らむ

【訳】…空を飛ぶ雁、その雁を使にしたいものだ。
    奈良の都に言づてを頼みたい

【解】…雁は、秋の終わりにやって来て、春になると帰って行く。
雁はどこからきて、どこに帰るのかわからない。雁のように軽々と山も川も乗り越えられるのならば、自分の使にできたのなら、当時だったらすごい通信手段だったといえる。
この歌は、引津(ひきつ)の亭で船が泊まったときに詠まれた歌で、引津とは現在の福岡県にある地名のこと。
奈良の都に帰りたいけど船が泊まって帰られない状況で、帰りたくても帰られないときに、奈良へいくであろう雁を自分の使のようにして、心配している家族へ想いを託したいという気持ちが表われている歌です。