MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi_p@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2019年5月11日 放送分】
【2019年5月4日 放送分】
【2019年4月27日 放送分】
【2019年4月20日 放送分】
【2019年4月13日 放送分】
【2019年4月6日 放送分】
【2019年3月30日 放送分】
【2019年3月23日 放送分】
【2019年3月16日 放送分】
【2019年3月9日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2019年2月16日 放送分】
2019年2月16日
【ラジオウォーク特集①】
【巻】1・80

【歌】…あをによし奈良の家には
    万代(よろづよ)にわれも通はむ忘ると思ふな

【訳】…あをによし奈良の家には永遠には永遠に私も通っておきましょう。
    忘れたなんて思わないでね。
    

【解】…今週からはラジオウォーク特集です。
    奈良に都が移ったときに、その時働いていた人たちが完成を祝って天皇にささげた歌で、造成の大変さを語った長歌に対しての反歌。
    暑い日も寒い日も苦労して作った宮殿なので、私たちはいつまでもこの宮殿に通いますよ、忘れたなんて言わないでくださいね。という意味が込められている。
奈良の家という表現は、みんなで作った都を、まるで自分たちの家のように例えている。
万代(よろづよ)は永遠にという意味。
都が変わるというのは、歴史が動いたときで、その時代の人にとってはそれはそれは大きなことであった。
平城京の時代の幕開けを思いながら詠みたい歌です。