MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi_p@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2019年4月27日 放送分】
【2019年4月20日 放送分】
【2019年4月13日 放送分】
【2019年4月6日 放送分】
【2019年3月30日 放送分】
【2019年3月23日 放送分】
【2019年3月16日 放送分】
【2019年3月9日 放送分】
【2019年3月2日 放送分】
【2019年2月23日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2019年2月23日 放送分】
2019年2月23日
【ラジオウォーク特集A】
【巻】3・328

【歌】…あをによし奈良の都は
    咲く花の薫(にほ)ふがごとく今盛りなり

【訳】…あをによし奈良の都は咲く花が
    照り輝くように今まっさかり

【解】…奈良時代は、律令国家で役人は地方赴任をしないといけない時代だった。
    この歌は小野老朝(おののおゆ)という役人が大宰府に赴任した時に歓迎会で、
平城京を想って歌ったものです。
あをによしは奈良にかかる枕詞。
薫ふとは照り輝くようにという意味。
今盛りなりとは、日本の中心である奈良の都が今が真っ盛りであることよ、
という宣言するような表現が、人々のせつない気持ちも含まれている。
実際は、疫病がはやったり、権力争いもあったり、外交関係も新羅や唐との関係が悪く、ゴタゴタしていた時期。
混沌としているがいつの時でも希望はある。
未来を良い時代にしようという宣言がされてあるような歌です。