MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年9月11日 放送分】
【2021年9月4日 放送分】
【2021年8月28日 放送分】
【2021年8月21日 放送分】
【2021年8月14日 放送分】
【2021年8月7日 放送分】
【2021年7月31日 放送分】
【2021年7月24日 放送分】
【2021年7月17日 放送分】
【2021年7月10日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2021年7月10日 放送分】
2021年7月10日
【巻】…10・2008

【歌】…ぬばたまの夜霧隠(こも)りて遠けども 妹(いも)が伝(つたへ)は早く告げこそ

【訳】…夜霧がこもって遠いけれども、妹の言伝は早く知らせて欲しい

【解】…今回も七夕の歌です。「ぬばたまの」は、夜にかかる枕詞。夜霧がこもるとは、霧がたちこめて、周囲がよく見えない様子です。古代は、交通手段がほとんど整備されていなかったので、夜に遠くへ出かけることは大変危険なことでした。しかも、霧がこもっているなら、なおさらです。そんな厳しい状況であっても、「妹が伝は早く告げこそ」・・つまり、恋人からの言伝は早く知らせて欲しい、と歌っています。当時は、恋人の元に行く際には、使いの人をたてて連絡をとっていましたので、この歌にあるような「夜霧隠りて遠けども」では、使いの人も動けす、言伝も届きません。それでも言伝を待たずにはいられない恋心たちの思いを、作者は七夕伝説に重ねて詠んだのでしょう。