radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2022年8月13日 放送分】
【2022年8月6日 放送分】
【2022年7月30日 放送分】
【2022年7月23日 放送分】
【2022年7月16日 放送分】
【2022年7月9日 放送分】
【2022年7月2日 放送分】
【2022年6月25日 放送分】
【2022年6月18日 放送分】
【2022年6月11日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2022年7月16日 放送分】
2022年7月16日
【巻】…1・71

【歌】…大和恋ひ眠(い)の寝らえぬに こころなくこの渚崎廻(すさきみ)に鶴(たづ)鳴くべしや

【訳】…大和が恋しくて恋しくて寝られないのに、心なくこの渚崎に鶴が鳴いてよいものか、辛い思いは募るばかり

【解】…文武天皇が難波の宮に行幸された時に、同行した忍坂部乙麻呂(おさかべのおとまろ)が歌った歌。現代でしたら、奈良と難波は電車で1時間もかかりませんが、古代では、最短ルートでも途中で1泊か2泊しないと行けませんでした。その上、難波で仕事をするとなると、少なくとも1週間は大和(奈良)に帰れません。そんな行程の中で忍坂部乙麻呂は、ホームシックになった様子です。大和が恋しくて恋しくて眠れないのに、聴こえてきたのは鶴の鳴き声。その声は、心を癒すどころか、寂しさをよりかきたてる響きだったようで、「こんな時に鶴が鳴いてよいものか!」と訴えるように歌っています。ところで、そこまでホームシックになったのは、大和に大切な人がいたからでしょうか。