radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2022年8月13日 放送分】
【2022年8月6日 放送分】
【2022年7月30日 放送分】
【2022年7月23日 放送分】
【2022年7月16日 放送分】
【2022年7月9日 放送分】
【2022年7月2日 放送分】
【2022年6月25日 放送分】
【2022年6月18日 放送分】
【2022年6月11日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2022年7月30日 放送分】
2022年7月30日
【巻】…2・116

【歌】…人言(ひとごと)を繁(しげ)み言痛(こちた)み 己(おの)が世にいまだ渡らぬ朝川渡る

【訳】…人の噂がたいそう心をつき刺すので、まだ渡ったことのない朝川を渡ったことだ

【解】…藤原の宮の時代。当時の宰相、高市皇子(たけちのみこ)の家で同棲していた但馬皇女(たぢまのひめみこ)が、若き皇子である穂積皇子と許されざる恋をしました。秘めたる恋は、やがて世間の知るところとなります。現代でしたら、大スキャンダルとして連日大騒ぎになるでしょう。そんな状況の中で、但馬皇女が歌ったのがこの作品。まだ渡ったことのない朝川を渡るとは、穂積皇子のもとに行くという、一線を越える行動を形容した表現か、もしくは、朝日が昇った時のように、人目のある白日の下で川を渡ったということ。いずれにしても、この恋に対する覚悟のようなものを感じます。この後、二人が一緒になったのかどうか、はっきりしていませんが、但馬皇女が先に亡くなり、穂積皇子が雪の日に墓を見て涙を流したという歌が残っています。