2019年09月16日 放送日記

ご自身の体験取材をもとに組み立てられる"ノンフィクション漫談"をされている「コラアゲンはいごうまん」さんですが、今週はそれがどのように作られているのかをお伺いしました。


ノンフィクション漫談というのはざっくり言うと"エピソードトーク"となるわけですが、コラアゲンさんの場合、お客さんに披露する前に、演出家の方が構成を決めてくれるそう。多くの芸人さんが出演するテレビ番組でも大きな笑いを獲得しているトークについて、ご自身でも気づくことが増えてきたとのことで、「話の中で、笑える・感動するなどの最重要ポイントを決めると、他に何を持ってきたらいいのかがある程度決まってくるのかなと思っています」とトークに対する考えを語ってくれましたが、「実は僕キャッチするアンテナがめちゃくちゃしょぼいんです(笑)周りが笑ってて僕だけ『えっ?えっ?』ってなることもしょっちゅうですし」と意外なウィークポイントも明かしてくださいました。


☆番組に対するご意見・ご感想、お悩みはコチラ☆
https://cgi.mbs.jp/cgi-bin/form/mail/wm.cgi


バックナンバー