2018年08月13日 放送日記 バックナンバー

今月のゲストは看護業界のコンサルティング会社を経営する石田秀朗さん。


看護業界では人材不足や離職率などが大きな問題となっていますが、そのことに関して石田さんは、「給料ばかりを前面に押し出した“条件提示型”の求人内容がほぼ占めているんですよ。その職場で働いたらどう面白いかというのが見えてこないんですよね」と、人が集まりにくい現状に苦言を呈しました。


これまで企業でもコンサルを行ってきた石田さんですが、それは企業も医療業界も同じで、根本的に見直す必要があるとのこと。実際に現場の改善をしてきた解決策の一つとして「求人対象者の希望や課題に対しては、ストレートに表現するのが効果的であって、そのためには『どんな人がどう働いているのか』というロールモデル(行動や考え方の模範となる人)が見えればすごく参考になるんですよ。言えば働く人たちの物語ですよね」と、働きたい人へ理想の仕事を見せることが大切だとおっしゃいました。


次回のテーマは職場環境活性化です!


☆番組に対するご意見・ご感想、お悩みはコチラ☆
https://cgi.mbs.jp/cgi-bin/form/mail/wm.cgi