コミュニケーション情報バラエティWマコトの笑コミュ!

3月9日 放送日記

今月のゲスト、MBSラジオ『子守康範 朝からてんコモリ』のメインパーソナリティで、株式会社アンテリジャン代表取締役・フリーアナウンサーの子守康範さんに、今週はアナウンサーになった経緯などをお伺いしました。


子守さんにアナウンサーへの想いが芽生えたのは小学生の時。「父親にトランジスタラジオを買ってもらったんですよ。毎日のように聞いていたラジオを通して世の中に影響を与えたいと思ったんです」と子守さんは幼いながらに大きな夢を持ったそうです。その後、高校生になると放送委員で活動することに。「当時女子がアナウンスをしていて、僕は裏方だったんです。我慢しきれずに一回だけアナウンス役をやらせてもらったこともありました(笑)」というように、アナウンスに対する熱意は凄まじかったそうです。


そして大学を卒業し、晴れて毎日放送に入社して活躍された子守さん。次週は"しゃべりの世界"で現在まで培ってこられたトークの秘訣をお伺いします!お楽しみに!


☆番組に対するご意見・ご感想、お悩みはコチラ☆
https://cgi.mbs.jp/cgi-bin/form/mail/wm.cgi



Facebook LINE